ミスチルの世界観の魅力がわかる隠れた名曲おすすめ10選!

1990年代から現在もトップを走り続けている日本のモンスターバンドMr.Children。

「こんなに長く活躍できるとは思っていなかった」いつかのライブで桜井さんがおっしゃっていました。

私は長年Mr.childrenのファンですが、新譜を聴くたびに新たな感動があります。

初めは、ハズレかもと思った曲でも聴けば聴くほど味が出てくる「するめ曲」が多いのも特徴です。
聴きこむ毎に彼らが音楽に対して、とても誠実に向き合っているのが伝わってきます。

ファンの目から見ると好きな曲ばかりですが、
ここで、勝手ながらおすすめするMr.Childrenの隠れた名曲を、厳選して紹介してみたいと思います。


スポンサーリンク

Mr.Childrenの隠れた名曲10選!

彩り

収録アルバム『HOME』:2007年3月14日発売
オリンパス「デジタル一眼レフカメラ E-410」CMソング

毎日の単純勤労生活に光をくれる曲。

桜井さんはどうしてこんな普通の人の気持ちが分かるのだろうか。

「♪いいさ 誰が褒めるでもないけど
 小さなプライドをこの胸に勲章みたいにつけて」

「これ私(僕)の歌だ!?」なんて思った人、沢山いるんじゃないでしょうか。

組織では、ほんの一部の存在でしかないけれど、
みんなそれぞれの役割を全うしようと必死に働いている、そんな人が主役の歌です。


イミテーションの木

イミテーションの木
Mr.Children
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes

収録アルバム『[(an imitation) blood orange]』:2012年11月28日発売

ミスチルファンの間でも特に人気があるわけではないですが、心奪われている人は少なくないと思います。

「♪無機質なそのビルの中 イミテーションの木は茂る 何かの役割を持ってそこにある
 イミテーションの イミテーションの
 張りぼての命でも人を癒せるなら 本物じゃなくても君を癒せるなら」

ショッピングモール等にあるイミテーションの木。
桜井さんは、これを見て、ここまで想像するのか。
家族と出かけた時に、イミテーションの木を見て思い浮かんだんでしょうか。

この優しい発想に感動してしまいます。
偽物でも人の心次第で本物になる。
本物だと言われている物だけが本物というわけではない。


Happy Song

収録アルバム『[(an imitation) blood orange]』:2012年11月28日発売

フジテレビ系『めざましテレビ』2012年度テーマソング

朝の番組の歌だっただけに、初夏の朝みたいな暖かなメロディです。
ただ一日が始まるというだけでなく、消えない悲しみも一緒に今日も生きようという曲。

「寂しい昨日と手を繋いで Happy Songを歌おうよ」

寂しい昨日なんて消えてしまえとか、
悲しい昨日が起こるような事を何故起こしてしまったんだという後悔で、
自分を責め続けてしまいがちですが、桜井さんはそれすらも一緒に生きようって歌うんです。
これは目から鱗でした。とても感動しました。
「もう少し自分に優しくしよう」と言われている気分でした。

スポンサーリンク

ニシエヒガシエ

14枚目のシングル:1998年2月11日発売
収録アルバム:『DISCOVERY』1999年2月3日発売
フジテレビ系ドラマ『きらきらひかる』主題歌

ミスチル活動休止中に発売されたシングル。
桜井さんがプライベートで色々あり、一番病んでいた時期ともいわれています。
しかし、出だしからカッコいい。桜井さんの声もかっこいい。

ライブでは頻繁に歌われる曲。
PVもカッコよくて、外国人がミスチルの歌を歌っています。

「♪張りつけの刑になったって明日に向かって生きていくんだって」
「♪ただじゃ転びやしませんぜって 非常事態ってやつも歓迎です」

この開き直りのフレーズ最高です。
何か問題が起きて逃げ出したい時に、この曲聴くとヒーロー気分で立ち向かっていけますよ。


未完

収録アルバム『REFLECTION』:2015年6月4日発売

メロディも歌もカッコいい曲です。
ミスチルを聴いたことがない人でも聴きやすいと思います。

今の日常から飛び出したいのに、勇気がなく現状維持している時に。

「♪だから もう ユニフォームを脱いで脱いで 自由 自由 自由!!」

この部分、桜井さんが叫ぶ感じで歌うのですが、迷いがある時に聴くと心にガンガンノックしてきます。
胸の奥が痛くなるほどです。
退屈な日常にピリオドを打ちたいけど、なかなか勇気がでない。
現状維持をいやいや続けてしまっている時の応援歌になってくれますよ。


ALIVE

ALIVE
Mr.Children
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes

収録アルバム『BOLERO』:1997年3月5日発売

隠れた名曲。

何もかも嫌になった時に聴いてほしい。
クサクサした気分を自分で認めたくない時ありませんか?
こんなこと思っちゃいけないとか、こんな自分はキライ・・・
自分の負の感情を否定してしまう事ありますよね?

この曲は、クサクサしてても良いんだよ、負の感情を持っていても良い。
絶望していても前に進んでみようという、負を認める究極にポジティブな曲だと思います。

生きる力をくれます。


fanfare

fanfare
Mr.Children
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes

Mr.Childrenの2作目の配信限定シングル:配信開始日2009年12月2日
収録アルバム「SENSE」:2010年12月1日
映画『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』主題歌。
『ONE PIECE』の作者尾田栄一郎さんがミスチルのファンのためラブコールで実現。

「♪悔やんだって後の祭り もう昨日に手を振ろう」

最初の歌いだしで心打たれます。
後悔している事がある時にお勧めです。

「♪いつか誰もが大人になって ちゃっかりした大人になって 失ったもの宝物を探しに行こう!」

頭ガチガチで柔軟性がなくなって大人としての行動ばかり心がけて、
つまんない自分になっていくのではないか?
そんな時、子供心のようなワクワクする冒険心をもう一度思い起こさせてくれます。

ライブで頻繁に歌われていて最高潮に盛り上がる曲です。


祈り~涙の軌道~

34枚目のシングル:2012年4月18日発売。
収録アルバム:「(an imitation) blood orange」2012年11月28日発売
映画「僕等がいた」前篇主題歌。

第一印象はメロディも歌詞も綺麗な曲。完璧。
この曲はメロディにのせて小説を読んでるみたいです。
じっくり聴き入ると涙出ちゃます。

サビの部分の歌詞が「♪さようなら さようなら さようなら~」なので、
別れの歌かと思いきや違うのですね。

「♪夢に泥を塗りつける自分の醜さ」にさよならなんですよ。

幸せと不幸はいつも隣り合わせ。
どうしても不安や恐怖が大きくなってしまいます。
完全に不安や恐怖が消えてしまう事はないでれど、さよならしたいですね。

「♪涙の軌道は綺麗な川に変わる
 そこに笹船のような祈りを浮かべればいい」

どうしてこんな素晴らしい表現が思い浮かぶんでしょうか。
天才桜井さんの成せる業ですね。
改めて桜井さんは名作家だな~と思います。
いつか小説出してほしいです。
村上春樹さんばりの綺麗な文章を書くに違いない!!!

スポンサーリンク

旅人

旅人
Mr.Children
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes

12枚目のシングル:1996年8月8日発売
収録アルバム:『B-SIDE』2007年5月10日発売
マキシシングル『マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-』のカップリング曲。

タイアップなし、シングルのカップリング曲なので、ファン以外の人には馴染みがないのではないでしょうか?
ファンクラブ投票3位とファンの間では大人気です。

バンド感とノリと歌詞の庶民性が魅力です。

「♪誰だってしんどい 集団で牛丼食べて孤独な思いを消してんだ」

自分だけがしんどくて、周りから取り残された気分の時に聴くと落ち着きますよ。
桜井さんもこんな気分になるのかな。
人気者のミスチルが歌ってる事に勇気がでます。


デルモ

デルモ
Mr.Children
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes

13枚目のシングル:1997年2月5日発売
収録アルバム:『B-SIDE』2007年5月10日発売
シングルEverything (It’s you) のカップリング曲。

モデルとして充実した日々を送る女性の現実と苦悩を歌った曲で、ミスチルとしては異色の楽曲となっています。
曲のラストには、「おりも(政夫)」という歌詞が出てきており、「デルモ」とをかけた桜井さん流の言葉遊びも聴きどころ。

こちらもシングルのカップリング曲で、ライブでもほとんど歌われたことがありません。
しかし、発売当初から一部のファンでの人気は高く、知る人ぞ知るミスチルの隠れ名曲といえばこの「デルモ」だと思います。

過去に桜井さん自身がお気に入りの曲として、この曲を挙げていたことも有名です。

ちなみに「デルモ」の意味は、モデルの業界用語。

最後に

いかがでしたでしょうか?
私が厳選したミスチルの世界観を余すこと無く味わえる名曲達です。

・彩り
・イミテーションの木
・Happy Song
・ニシエヒガシエ
・未完
・ALIVE
・fanfare
・祈り~涙の軌道~
・旅人
・デルモ

もっと紹介したい曲は沢山ありますが、沢山ありすぎて紹介しきれません^^;
「最近生きにくいな~」っと感じたらMr.Childrenをお試しあれ。
力になってくれますよ。

スポンサーリンク

ライブ記事
【日程】Mr.Children“Against All GRAVITY”チケット倍率とは?
【セトリ】Mr.Children“Against All GRAVITY”全公演まとめ
【セトリ】Mr.Children 重力と呼吸 全公演まとめ
【完全保存版】Mr.Children 歴代のセットリスト一覧

人気記事
【レビュー】Mr.Children「重力と呼吸」タイトルに込められた意味と感想を語る
【ランキング】Mr.Childrenのおすすめシングル曲10選
【ランキング】Mr.Childrenの人気アルバム
【ランキング】Mr.Childrenのロックを感じるライブDVD5選
【保存版】Mr.Childrenのメンバー紹介
Mr.ChildrenFC特典と入会メリットは?
今さら聞けないMr.Childrenのライブマナーとは?


リリース
【人気投票】ファンが選ぶ!好きなミスチルの曲は?

  • 選択肢を追加

※3票まで選択可。曲は追加できます。


スポンサーリンク

スポンサーリンク