冬に聴きたい洋楽ウィンターソングの定番!冬の歌ランキング30選

LINEで送る
Pocket


冬に聴きたい洋楽ウィンターソングの定番!冬の歌ランキング30選

今年ももうすっかり冬の季節がやってきましたね!
クリスマス、ウィンタースポーツ、お正月など様々なイベントが控える中、是非とも聞いて欲しい冬にぴったりな洋楽を30曲にまとめました!
あなたにあった1曲を知ることで、冬がもっと楽しくなるかも!?

洋楽のクリスマスソングランキングはこちら

スポンサードリンク

【洋楽編】冬の歌ランキングベスト20から読む
【洋楽編】冬の歌ランキングベスト10から読む
【洋楽編】冬の歌ランキングベスト4から読む

【洋楽編】冬の歌ランキング名曲30選:第30位〜第21位

30位:「Believe」/ Mumford & Sons(2015年)

Believe
マムフォード&サンズ
オルタナティブ
¥250

provided courtesy of iTunes

デビューからヒットを生み出し続け、グラミー賞を受賞・ノミネートされるなど活躍している彼らの1曲。
フォークとロックが調合され、心地よいサウンドを聞かせてくれます。
独特な世界観と、落ち着いた気持ちで心があったかくなるようなサウンドであふれます。

29位:「Let It Snow」/ Boyz II Men(1993年)

Let It Snow
ボーイズⅡメン
ホリデー
¥250

provided courtesy of iTunes

コーラスグループの中でもトップレベルで有名なBoyz II Men によるスローな曲です。
彼らの声のハーモニーが強く前に出されているので、自信が伝わってきます。

28位:「Never Find Someone Like You」/ Keith Martin(1995年)

Never Find Someone Like You
Keith Martin
R&B/ソウル
¥250

provided courtesy of iTunes

日本ではそれほどメジャーではないかもしれませんが、この1曲はなんとも甘く、暖かいラブソングとなっています。
好きな人と冬に過ごす中で是非とも聞いてほしい曲ですね。
また、世界的ボーイズグループのBackstreet Boysもカバーしています。

27位:「I Swear」/ All-4-One(1994年)

I Swear
オール・フォー・ワン
ポップ
¥250

provided courtesy of iTunes

こちらも甘いラブソングです。
もともとは、アメリカのカントリーシンガーであるJohn Michael Montgomeryのシングルでしたが、超大物プロデューサーのあのDavid Fosterが再プロデュースをし、All-4-Oneの代表曲ともなりました。

26位:「Book of Days」/ Enya(1991年)

Book of Days
エンヤ
ポップ
¥250

provided courtesy of iTunes

なんとも透き通ったイメージの曲が多いEnyaの初期の名曲です。
特に冬のイメージを歌った曲ではありませんが、なんとも白い雪の景色にぴったりな音楽となっています。
一度聞いてみては。

スポンサードリンク

25位:「Life in a Northern Town」/ The Dream Academy(1985年)

Life In a Northern Town
Dream Academy
ポップ
¥250

provided courtesy of iTunes

冬の曲といえばこの曲をあげたくなる人も多いと思います。
雪が吹雪く中歌うMVも印象的ですが、コーラスの部分では、思わず口ずさみたくなること間違いなし!
決してポジティブな歌詞ではありませんが、耳に残る独特なメロディは今でも多くの人を魅了させています。

24位:「Back At One」/ Briam McKnight(1999年)

Back at One
ブライアン・マックナイト
R&B/ソウル
¥250

provided courtesy of iTunes

現代R&Bの代表的なシンガーといえばこの人Brian McKnightです。
最愛の人にメッセージを送るなら間違いなくこの曲を選んでしまいたくなるような極上バラードラブソングです。
少し前の曲にはなりますが、彼の代表曲であり、古さも感じられない名曲です。

23位:「Hard to Say I’m Sorry」/ Az Yet & Peter Cetera(1996年)

Hard to Say I’m Sorry (feat. Peter Cetera)
Az Yet
R&B/ソウル
¥200

provided courtesy of iTunes

歌の出だしを聞けばどんな曲か分かる人が多いと思います。
そうですChicagoの代表曲で、邦題は「素直になれなくて」という80年代の名バラードカバーです。
Az Yetに本家Chicago当時のボーカルが参加した渾身のカバーです。
なんとも豪華!

22位:「California Dreamin’」/ The Mamas & The Papas(1965年)

California Dreamin’
ママス&パパス
ロック
¥250

provided courtesy of iTunes

寒い季節がやってきたら、この曲を思い出すほど広く知れ渡っているこの曲。
数々のアーティストにカバーされ続け、60年代の作品であっても、常に輝いています。
音楽史に残るフォークの名曲です。

21位:「Happy Xmas (War is Over)」/ Celine Dion(1998年)

Happy Xmas (War Is Over)
Celine Dion
ポップ
¥200

provided courtesy of iTunes

John LennonのクリスマスソングをCeline Dionの伸びのあるボーカルでカバーされたバージョンです。
街中至る所でかかっている本家に飽きてしまったらこっちもいかがでしょうか。
違った感覚で楽しむことができますよ。

ページ:

1

2 3 4

>>音楽聴き放題のおすすめ配信サービス7選はこちら<<

スポンサードリンク

関連記事

LINEで送る
Pocket



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る