カラオケで人気の男女デュエット定番ソングランキング30曲【昭和~平成まで】

LINEで送る
Pocket



会社や仲間たちとの飲み会、デートや合コンなどでも人気のカラオケ。
異性がいれば「デュエットしよう!」なんて声が上がることもありますよね!
そんな声が掛かったときにはスマートにマイクを取りたいところ♪

ということで、今回はカラオケで人気の男女デュエットソングを30曲ランキングにしてご紹介いたします!

スポンサードリンク


カラオケで人気の男女デュエット定番ソングランキング:第30位~第21位

30位「ふたりの愛ランド」/ 石川優子とチャゲ(1984年)

ふたりの愛ランド
石川優子とチャゲ
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

実力がありながらもチャゲ&飛鳥ではほとんどメインボーカルを務めることがなかったチャゲさんと石川優子さんのデュエットソングです。
JAL’84 沖縄キャンペーンソング、チャゲさん自身が出演されていたミスタードーナツ「クールミスド」CMソング(2011年使用)に起用されていました。

サビの、“夏 夏 ナツ ナツ ココ 夏”のフレーズは聴いたことがある方も多いハズ!
ポップでノリの良いリズムの夏ソングです。

29位「革命デュアリズム」/ 水樹奈々×T.M.Revolution(2013年)

革命デュアリズム
水樹奈々×T.M.Revolution
アニメ
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

テレビアニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』2ndシーズンオープニングテーマ。
水樹奈々さんとT.M.Revolutionによるコラボレーション第2弾で、アニメファンの方たちから人気が高いデュエットソングのひとつ。
スピード感のあるサウンドに乗せてふたりで一緒にストレス解消しちゃいましょう♪

28位「So Special -Version AI-」/ AI + EXILE ATSUSHI(2008年)

So Special-Version EX-
EXILE ATSUSHI + AI
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

AIとEXILEのATSUSHIさんの初コラボレーション曲。
“出会い”をテーマにしたR&Bラブソングです。
流れるようなリズムとサビの掛け合いが歌っていて気持ちがいい1曲。

スポンサーリンク

27位「3年目の浮気」/ ヒロシ&キーボー(1982年)

3年目の浮気(カバー)
アイドリング!!!
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

ヒロシ&キーボーのデビュー曲で、オリコン1位を3週連続で獲得し73万6000枚を売り上げる大ヒットとなりました。
浮気をした男性とそれを責める女性の会話がコミカルに描かれた歌詞がとってもインパクトがありますよね!

イントロが流れるだけで盛り上がることも!?
リアルタイム世代でなくてもなぜか知っている昭和歌謡曲のひとつではないでしょうか。

26位「ホール・ニュー・ワールド」/ 石井一孝・麻生かほ里(2000年)

ホール・ニュー・ワールド (新しい世界) [日本語バージョン / 『アラジン』より]
石井一孝、吉野圭吾、岡幸二郎、戸井勝海 & 麻生かほ里
ホリデー
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

ディズニーのアニメーション映画『アラジン』でもおなじみの曲で、ロマンティックなムードがとっても素敵な曲ですよね!
アラジンとジャスミンになりきって歌うと盛り上がります(笑)
オリジナルの英語バージョンは、バッチリ歌い上げられれば称賛の拍手をもらえることは間違いなしです!

スポンサーリンク

25位「打上花火」/ DAOKO×米津玄師(2017年)

打上花火
DAOKO×米津玄師
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』主題歌。

リリースは2017年と最近ですが、今やカラオケデュエットソングとして定番曲の仲間入りとなりました。
打上花火のように、どことなく感じる儚さがたまりません!

24位「今を抱きしめて」/ NOA(1993年)

今を抱きしめて [NOA]
Noa
J-Pop
¥200

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

X JAPANのYOSHIKIさんが作曲・編曲を手掛けた、仙道敦子さんと吉田栄作さんによるデュオ「NOA」のシングル。
第36回日本レコード大賞で最優秀賞を受賞しました。

ラストのハーモニーが、メインが男性パートでハモリが女性パートになっているのはちょっとめずらしいかもしれませんね。
やさしく美しいメロディーが印象的なデュエットソングです。

スポンサーリンク

23位「永遠はただの一秒から」/ JAY’ED×JUJU(2011年)

永遠はただの一秒から
JAY’ED x JUJU
J-Pop
¥200

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

「CDTV」10月度オープニングテーマとなった、実力派ボーカリストJUJUとJAY’EDの珠玉のラブバラード。
男性パートはちょっとキーが高めかもしれませんが、美しいメロディーと素敵な歌詞で、カップルで歌うと愛が深められそうです♪

22位「Sakura Melody」/ 加藤ミリヤ×清水翔太(2014年)

Sakura Melody
加藤 ミリヤ×清水 翔太
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

“ミリショー”の愛称でも親しまれた加藤ミリヤさんと清水翔太さんのデュエットソングで、ふたりでの活動のラストを飾るアルバムに収録されている曲です。
作詞・作曲を手掛けた槇原敬之さんらしい、切なく温かなメロディーに乗せた前向きな歌詞がとっても素敵!
卒業などで離れ離れになる異性の友だちとのデュエットにもイイですね。

21位「冬のファンタジー」/ カズン(1995年)

冬のファンタジー
カズン
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

日本のポップスデュオ・カズンの3thシングルで、サッポロビール「冬物語」CMソングになりました。
幸福感に包まれるようなサウンドとカズンのふたりのハーモニーがとっても印象的で、冬の定番ソングとしても人気がありますよね!
ハモリパートのメロディーも覚えやすく、デュエットの醍醐味であるハモリ初心者さんにも挑戦しやすい曲ではないでしょうか♪

第20位は次ページへ

ページ:

1

2 3 4

【CDレンタルは損?今なら音楽聞き放題サービスが無料】
6,500万曲が聴き放題の「Amazon Music Unlimited」が30日間無料で試してみよう!
今すぐ登録詳細


スポンサードリンク

関連記事

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

LINEで送る
Pocket



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

2019年 ライブ・コンサート

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る