YMOの人気名盤アルバムランキングBest10をファンが厳選してみた!

LINEで送る
Pocket



「実験室から発信され、解放された可能性」

1970年代、シンセサイザーの無限の可能性に目を付け、音楽に取り込んでいったユニット。
それがYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)です。

彼らの出現により、シンセサイザーが、そしてその音があっと言う間に音楽に浸透していきます。
そしてその音楽は実験的であり、革命的でもありました。

そんなYMOの人気のおすすめアルバムを厳選して、ランキング発表してみたいと思います。

スポンサードリンク

シンセサイザーとは・・・

「一般的に電子工学的手法により楽音等を合成する楽器で本来“ミュージック・シンセサイザー”と呼ばれるもの」です。

現在では非常にコンパクトになり、普通のキーボードと変わりなく持ち運びも便利で、しかも性能も格段に向上しています。

普及すらしていない初期の段階では“タンス”のような大きさの機械にちょこっとだけキーボードが付随しているようなもので、到底持ち運びなど、大騒ぎになるような代物でした。

ですからスタジオに設置するも、さながら実験室のような様相で、そこに閉じこもって音を合成し、発生させ録音し、楽曲に組み上げていく地道な作業でした。
それは今風の派手なパフォーマーやアーティストというより、研究者、職人と言った方が適切かもしれません。

1970年代に入り、デジタル化により飛躍的に技術が向上してシンセサイザーは少しずつ普及し始めます。
とは言っても当時は高価で馴染みの薄いものでした。

ですがその無限の可能性に目を付け、音楽に取り込んでいったYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)
彼らのアルバムランキングを発表します!

YMOの人気おすすめアルバムランキング:第10位~第4位

第10位.「TECHNODON」

発売日:1993年5月26日
おすすめ曲:BE A SUPERMAN, NOSTALGIA

01. BE A SUPERMAN
02. NANGA DEF?
03. FLOATING AWAY
04. DOLPHINICITY
05. HI – TECH HIPPIES
06. I TRE MERLI
07. NOSTALGIA
08. SILENCE OF TIME
09. WATERFORD
10. O.K.
11. CHANCE
12. POCKETFUL OF RAINBOWS
13. POCKETFUL OF RAINBOWS (ENGLISH VERSION) (BONUS TRACK)

1983年に散開(解散)したYMO。
10年後の1993年に(再生)再結成し発表されたアルバムです。

当時「あまり乗り気ではなかった。」「嫌々作った部分があった。」などと囁かれ、「企画ものでは?」などといわれましたが・・・。甘い。
20年以上前に現在のテクノシーンを予見していたかのような完成度で、アシッドハウスやミニマルクラブなどのクラブシーンの音楽を取り入れ、かつ3人独自の音楽性も加味され、その存在感を再び示したアルバムだと思います。

昔のイメージでの再生を期待していたらハズレでしょうが、そこはYMO。既にまた先を見据えた音を提示したと。 

スポンサーリンク

第9位.「AFTER SERVICE」

発売日:1984年2月22日
おすすめ曲:Kai-Koh(邂逅), 過激な淑女

01.PROPAGANDA
02.東風
03.BEHIND THE MASK
04.SOLID STATE SURVIVOR
05.中国女
06.ONGAKU
07.FOCUS
08.BALLET
09.WILD AMBITIONS
10.KAI-KOH
11.希望の河
12.SEE-THROUGH
13.KEY
14.TECHNOPOLIS
15.RYDEEN
16.以心電信
17.過激な淑女
18.君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-
19.FIRECRACKER

1983年の散開ライヴを収録したライヴアルバムです。
初期のヒット曲から散開決定時までの曲を網羅しています。
YMOの集大成アルバムと言っても過言ではないでしょう。

とは言ってもやはりスタジオ録音とは違って、ライヴならではのアレンジなどが随所に見られ、全体的にはポップ?いや明るい感じに仕上がっているように思います。

実質的なラストアルバム。散開。少し解放感があるのは気のせい?

第8位.「浮気なぼくら」

01.君に、胸キュン。 (浮気なヴァカンス)
02.希望の路
03.FOCUS
04.音楽
05.OPENED MY EYES
06.以心電信 (予告編)
07.LOTUS LOVE
08.邂逅
09.希望の河
10.WILD AMBITIONS

発売日:1983年5月24日
おすすめ曲:君に胸キュン, WILD AMBITIONS

それまでの音楽性を180度転換するかのような路線変更へ踏み切ったアルバムです。

個々のソロ活動での、様々なアーティストへの楽曲提供やアレンジなどを経て、歌謡曲路線とでもいえる程の変化をみせています。
ポップで、キャッチーで、硬派なYMOファンからは落胆の溜息が聞こえてきました。

しかし、一方で売上向上のノルマや、初期のような万人受けする分かり易い作品への期待などといった声もあり、それに応えるためのアルバムだったとも言われています。

ともあれ「軽すぎる」との見方もあったものの、更に注目され、認知度も増したことは事実でした。
このことに関して、あくまでも「本気ではなくて浮気」と細野氏は語ったそうです。

第7位.「増殖」

発売日:1980年6月5日
おすすめ曲:NICE AGE, CITIZENS OF SCIENCE

01. JUNGLE “YMO”
02. NICE AGE
03. SNAKEMAN SHOW
04. TIGHTEN UP (JAPANESE GENTLEMEN STAND UP PLEASE)
05. SNAKEMAN SHOW
06. HERE WE GO AGAIN ‾TIGHTEN UP
07. SNAKEMAN SHOW
08. CITIZENS OF SCIENCE
09. SNAKEMAN SHOW
10. MULTIPLIES
11. SNAKEMAN SHOW
12. THE END OF ASIA

当時、古典落語や名人漫才のカセットテープなどはあったものの、音楽と音楽の間にギャグが挟まれたアルバムというものはお目にかかったことがありませんでした。

しかもジャケットはメンバー3人のフィギュア人形が「増殖」され配置され、薄っすらブラック。
曲の合間に収録されたラジオ番組「スネークマンショー」のコントもややブラック。

しかし、時代のニーズにマッチしたのか、果たして戦略だったのか・・・?
いやはやこのアルバムでファンは確実に「増殖」しました。

スポンサーリンク

第6位.「YELLOW MAGIC ORCHESTRA」

発売日:1978年11月25日
おすすめ曲:FIRECRACKER, TONG POO

01. Computer Game “Theme From The Circus” (Instrumental)
02. Firecracker (Instrumental)
03. Simoon
04. Cosmic Surfin’ (Instrumental)
05. Computer Game “Theme From The Invader” (Instrumental)
06. Tong Poo (Instrumental)
07. La Femme Chinoise
08. Bridge Over Troubled Music (Instrumental)
09. Mad Pierrot (Instrumental)
10. Acrobat (Instrumental)

記念すべきYMOのデビューアルバムです。オリジナルの日本版とアメリカでのリミックス版のUS版の2種類があります。(「ACROBAT」という曲がUS版ではカットされています。)

衝撃アルバムでしたね。当時、大ブームだったインベーダーゲームの音で始まって、コンピューターの電子音で作られたポップな楽曲は何度も繰り返し聴きました。それほど新鮮な響きでした。
そりゃあランドセル背負った無垢な少年には、ドキドキワクワクな未来の音でしたよ。

結成当初は、実験的なユニットで、実験的なアルバムを作るという想定だったYMO。
その想定をはるかに超え、あっと言う間に社会現象化していくきっかけとなったアルバムです。

第5位.「SERVICE」

発売日:1983年5月24日
おすすめ曲:以心電信, PERSPECTIVE

01. LINBO
02. S.E.T.
03. THE MADMEN
04. S.E.T. BGM 使用曲:タイム・リミット
05. CHINESE WHISPERS
06. S.E.T.
07. 以心電信
08. S.E.T.+YMO
09. SHADOWS ON THE GROUND
10. S.E.T.
11. SEE THROUGH
12. S.E.T.「村祭」
13. PERSPECTIVE
14. S.E.T.

このアルバムの前作「浮気なぼくら」ですでにYMOの散開は決まっており、本来ならば制作されなかったかもしれない最後のスタジオアルバムです。だからタイトルも「SERVICE(サーヴィス)」?

以前の「増殖」のように曲の合間にコントが収録されていて、今回は三宅裕司が主宰するS.E.T.(スーパー・エキセントリック・シアター)のコントが採用されています。

また、散開が決まっていたために、リラックスして制作されたと言われています。
メンバー三者三様の楽曲が揃えられ、各々の個性が際立った作りになっています。

バラバラのようでも、3人揃えば必然的にYMOが成立する。それがYMO。おとろしや。

スポンサーリンク

第4位.「TECHNODELIC」

発売日:1981年11月21日
おすすめ曲:PURE JAM, KEY

01.「ジャム」(PURE JAM)
02.「新舞踊」(NEUE TANZ)
03.「階段」(STAIRS)
04.「京城音楽」(SEOUL MUSIC)
05.「灯」(LIGHT IN DARKNESS)
06.「体操」(TAISO)
07.「灰色グレイの段階」(GRADATED GREY)
08.「手掛かり」(KEY)
09.「前奏」(PROLOGUE)
10.「後奏」(EPILOGUE)

意外ないきなりのコーラスフレーズで始まるイントロに当時、またしてもつんのめりました。
しかも今までにない“音”が見え隠れするので聞き耳を立てるのにも疲れました。

後付けですが、その”音“は石油缶を叩く音、工場の機械音、鉄工所の音などで、サンプリングされて使用されたそうです。
通常の楽器との絶妙なバランスと効果。実験性を更に深めたアルバムだと思います。

後のミニマル・ミュージックやアンビエント・ミュージックにも影響を及ぼしたのでは?と勘ぐっていますが・・・。そういった方向性を示唆した傑作だと思います。

さて、YMOのおすすめアルバムランキングはついにここからトップ3です!
どんなアルバムがランクインしているのでしょうか?

ページ:

1

2


スポンサードリンク

関連記事

LINEで送る
Pocket



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る