邦楽のクリスマスソング定番曲は?名曲おすすめランキングBest20選!

LINEで送る
Pocket



邦楽のクリスマスソング定番曲は?おすすめランキングBest20選!

今年もこの季節がやってきました!
1歩1歩近づいてくるクリスマスに、“ドキドキ”、“ワクワク”、“ソワソワ”、“ビクビク(?)”、いろんな気持ちを持つ方がいらっしゃると思います。

そんなクリスマスに欠かせないのが、クリスマスソング!
今回は邦楽の人気のクリスマスソングをランキングにしてみました。

幸せいっぱいな気持ちになったり、楽しい気持ちになったり、切なくなったり、さびしさを増したり……と、すてきな名曲たちを20位からご紹介いたします♪

クリスマスソングランキング 洋楽編はこちら

スポンサードリンク


邦楽クリスマスソングランキングベスト10から読む
邦楽クリスマスソングランキングベスト3から読む

【邦楽編】定番のクリスマスソングおすすめランキングベスト20!:第20位~第11位

第20位.「Merry × Merry Xmas★」 / E-girls (2015年代)

「Samantha Thavasa」CMソング。
弾むようなリズムで、好きな人と手をつないで歩きたくなる、“スイート・HAPPY・クリスマスソング”!
見ているだけでHAPPYな気持ちになる、メンバーのとってもキュートなPVにもご注目♪
女性が見ても癒やされます♪

第19位.「サンタさん」 / ももいろクローバーZ (2011年代)

「ジングルベル」や「もろびとこぞりて」のメロディーがサンプリングされています。
アップテンポで元気いっぱいのサウンドに、ももクロメンバーのキュートな歌声が印象的!
楽しいクリスマス・パーティーにオススメです♪
まさに“ももクロpresents・HAPPY・クリスマス”!

第18位.「Merry Christmas Mr.Lawrence(メリー・クリスマス ミスターローレンス)」 / 坂本龍一 (1983年代)

Merry Christmas Mr. Lawrence
RYUICHI SAKAMOTO
クラシック
¥250

provided courtesy of iTunes

「世界のサカモト」こと坂本龍一さんの代表曲の1つ。
誰でも1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
明るく華やかな曲ではありませんが、独特の世界観を持ったとても美しい曲ですよね。
何年たっても名曲として世界中の人から愛されているのは、この曲の美しい世界観に魅了される人が多いからではないかと思っています。

スポンサーリンク

第17位.「Burnin’ X’mas」 / T.M.Revolution (1998年代)

T.M.Revolutionこと、“レボレボ”の初のクリスマスソング。
好きな人を“堕天使”と表現し、「恋愛に振り回される情けない男」を描いた歌詞で、HAPPY感のあふれるクリスマスソングではありません。
ただ、HAPPY感はありませんが、疾走感はあふれています(笑)
クリスマスソングとしてはチョットめずらしい雰囲気なのかもしれません。
どの世代の方までが、この曲を聴いてクリスマスを思い浮かべるのかな……なんて思ったり(笑)

第16位.「12月のLove song」/ Gackt (2001年代)

スポンサーリンク

まず、もうタイトルがすてき!
美しいメロディーと、Gacktさんの圧倒的な声量の、美しく伸びやかな歌声が印象的。
ラブソングですが、1人で聴いてもさびしくない、むしろやさしさに包まれるような感覚になる曲です。
「今年のクリスマス、なんかさびしいかも……」なんていうときにもオススメかもしれません(笑)
「来年はすてきなクリスマスを過ごそう!」なんて前向きな気持ちになるかも!?

第15位.「White Light」 / 安室奈美恵 (2005年代)

安室ちゃん初のクリスマスソング。
ぬくもりのあるサウンドに、安室ちゃんのかわいくやさしい歌声が印象的な、心温まるスイート・クリスマスソングです。
好きな人と、キャンドルを灯してロマンチックな夜を過ごすときにピッタリの曲ですよ。
ゆっくり過ぎていく時間の中で、「この人と一緒にクリスマスを過ごせてよかったな」なんて幸せな気持ちになること間違いナシ♪

第14位.「クリスマスソング」 / back number (2015年代)

ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」の主題歌でした。
自分の気持ちを純粋に、そしてストレートに表現した歌詞と、あますぎないピュアなサウンドが幅広い年代の心をワシづかみに!
人気ドラマの主題歌ということで、ドラマをきっかけにこの曲にハマった人が多いようです。
何をきっかけにしようと、1度聴いたらこの曲のファンになると思いますよ。
クリスマスの新たな定番ソング♪

スポンサーリンク

第13位.「シンデレラ・クリスマス 」/ KinKi Kids (1998年代)

タイトル通り、童話の「シンデレラ」のストーリーを恋人同士に置き換えた歌詞が印象的。
キラキラしたサウンドが、ロマンチックなクリスマスにピッタリ!
いつでも誰でも“女の子”になれる魔法をかけてくれる曲です♪
彼とのクリスマスデートのBGMにしたら、“お姫様扱い”してくれそうですね。
「ちょっと最近冷たいんじゃないの!?」なんていうときにもイイかもしれません(笑)
まさに“シンデレラ・クリスマス”♪

第12位.「すてきなホリデイ」 / 竹内まりや (2001年代)

すてきなホリデイ
竹内まりや
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes

「ク~リスマスが今年もや~って来る~♪」と、まりやさんの母性あふれるやさしい歌声がテレビから流れてくるのを聴くと、「クリスマスの季節だなぁ……」なんて思う人も多いのではないでしょうか。
この時期テレビでよく耳にしますよね?
「ケンタッキーフライドチキン」クリスマスCMソングです。
“アットホームな家族のクリスマス”のテーマのもと書き下ろされたということですが、見事にクリスマスのごちそうを囲んで、笑顔で楽しい時間を過ごしている家族の光景が浮かびますよね。
温かいホームパーティーのBGMに欠かせない1曲です。

第11位.「Everything 」/ MISIA (2000年代)

松嶋菜々子さん主演の大人気ドラマ「やまとなでしこ」の主題歌で、ドラマとともに大ヒットしました。
今や、女性のカラオケ定番ソングでもありますよね。
この曲を聴くと、横浜の赤レンガ倉庫で撮影されたPVの映像が浮かぶ方も多いのではないでしょうか。
雪が降るPVの世界観と同じくロマンチックな曲で、クリスマスにピッタリ!
MISIAの声量のある伸びやかな歌声にもうっとりしちゃいます。

ページ:

1

2 3

>>音楽聴き放題のおすすめ配信サービス7選はこちら<<

スポンサードリンク

関連記事

LINEで送る
Pocket



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

2018年 ライブ・コンサート

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る