ボブマーリーの人気アルバムランキング!ファン厳選おすすめベスト10!

LINEで送る
Pocket


レゲエの神様と謳われたジャマイカのBob Marley(ボブ・マーリー)。
ボブ・マーリー生誕から70年以上が経ちましたが未だに支持され、聞き継がれる彼の音楽。
そんなボブ・マーリー人気のおすすめアルバムを厳選して、ランキング発表してみたいと思います。

スポンサードリンク

ラスタの思想から生まれたレゲエという音楽

「ザイオン(アフリカ)回帰よりバビロン(ジャマイカ)の解放を!」
1966年、エチオピア皇帝 ハイレ・セラシエ1世(ラス・タファリ)がジャマイカに来訪した時に伝えられた言葉。
これによりラスタの思想やメッセージを伝えるレゲエ音楽が一気に拡大していきます。

長年のジャマイカにおける黒人奴隷制の苦難、その後の貧困、不透明さからの脱却を切望し、理想を歌った音楽。
それがレゲエの始まりです。
切実な闘争の音楽です。

そしてボブ・マーリー。
ラスタの伝道師はバビロンの解放を歌い続けました。
しかし、それはバビロンの解放だけの解釈ではなく、普遍的な意味合いを持つものへと広がっていきます。

4分の4拍子の2拍目と4拍目にリズムの基本を置くいわゆるオフビートと言われるレゲエ独特の音楽と、ボブ・マーリーのメッセージは世界に衝撃を与え、その後の音楽に多大な影響を残しました。
キング・オブ・レゲエと言われる所以です。

今では、「夏!野外だ!夏フェス、レゲエだ!」という感覚で、お祭りダンスミュージックになってしまった部分もありますね。
まあ、それはそれでいいんですけど。

ボブ・マーリーの世代のレゲエは、ルーツレゲエなどと言われてチョッと疎んじられている位になってしまいました。
これも時代の流れ?
マジメかよ。重てぇよ。ってそんな意見もありそうですが、こっちは大マジメなので無視します(笑)。

それでは、ボブ・マーリー人気のおすすめアルバムランキングをどうぞ!

ボブ・マーリーの人気おすすめアルバムランキング:第10位~第4位

第10位.「KAYA」

発売日:1978年3月23日
おすすめ曲:Kaya

【収録曲】
01.Easy Skanking
02.Kaya
03.Is This Love
04.Sun Is Shining
05.Satisfy My Soul
06.She’s Gone
07.Misty Morning
08.Crisis
09.Running Away
10.Time Will Tell
11.Smile Jamaica(ボーナス・トラック)

1976年ボブ・マーリーは、当時の人民国家党(PNP)という政党を支持するライヴを行った事がきっかけで、暗殺を企てられ狙撃されます。
一命を取り留めはしたものの、身の危険からバハマに亡命しその後一旦、ロンドンに移住する事になります。

しかしその事件に憶することなく、政党を和平へ導く伝説的ライヴ、One Love Peace コンサートをジャマイカで行い、そのほぼ同時期にリリースされたのがこのアルバムです。

攻撃的な歌詞やメッセージは影を潜め、逆に調和、慈愛、平和についての内容が歌われています。
ボブ自身も「今これ以上過激な事を歌えば、次は本当に暗殺されるだろう。」と語っていました。

ボブ・マーリーのナイーヴな一面が垣間見える1枚です。
銃撃された後の心境を歌った「Misty Morning」や「Crisis」などが収録されていて、リアルなメッセージに惹きつけられますね。


第9位.「Confrontation」

発売日:1983年5月23日
おすすめ曲:Buffalo Soldier

【収録曲】
01.Chant Down Babylon
02.Buffalo Soldier
03.Jump Nyahbinghi
04.Mix Up, Mix Up
05.Give Thanks And Praise
06.Blackman Redemption
07.Trench Town
08.Stiff Necked Fools
09.I Know
10.Rastaman Live Up!
11.Buffalo Soldier (12″ Mix)

ボブ・マーリーの死後2年後にリリースされた遺作となるアルバムです。
生前にリリースされたシングルや未発表曲を収録した構成になっています。

遺作とはいえ全英チャートでは「Buffalo Soldier」が最高4位を記録、アルバムも最高5位を記録しました。
プロデューサー、エンジニア共に生前からのスタッフが結集し、サウンド的には最高レベルと言って過言ではないでしょう。
かえってボブ・マーリーがどんな感じなのか、初めて聴く人には聴きやすいと思います。

裏ジャケットにはボブのこんな言葉が引用されています。
「俺の顔を見飽きたとしても、俺をレースから追い出す事は出来ない。」

皮肉にも、その言葉通りに死後もボブ・マーリーの音楽、メッセージは影響を与えている事を証明して見せたアルバムです。
残されたメッセージをぜひ聴いてみてください。


第8位.「Survival」

発売日:1979年10月2日
おすすめ曲:Zimbabwe

【収録曲】
01.So Much Trouble in the World
02.Zimbabwe
03.Top Rankin’
04.Babylon System
05.Survival
06.Africa Unite
07.One Drop
08.Ride Natty Ride
09.Ambush in the Night
10.Wake Up and Live
11.RideNatty Ride (12″ mix)

冒頭で触れたラスタ=ラスタファリズムという宗教的な思想活動は、黒人によるアフリカ回帰、そして統一を理想とするものでした。
ボブ・マーリーがその理想実現のためにエチオピアを訪問し、その後録音、制作されたアルバムです。

ジンバブエの独立運動にも参加し、独立祭典ではこの「Zimbabwe」という曲が歌われました。
ラスタファリズムに則った行動によるメッセージが、アルバム全編に詰め込まれています。

楽曲としては全体的にポップなアレンジで聴きやすく、ハイな感じに仕上がっています。
ラスタの代弁者として、高らかにそして且つ明確にその思想を歌い上げたアルバムです。


第7位.「Rastaman Vibration」

発売日:1976年4月30日
おすすめ曲:Roots, Rock, Reggae

【収録曲】
01.Positive Vibration
02.Roots, Rock, Reggae
03.Johnny Was
04.Cry to Me
05.Want More
06.Crazy Baldhead
07.Who the Cap Fit
08.Night Shift
09.War
10.Rat Race
11.Jar Live

全英アルバムチャートでは15位、全米チャートでは8位にランクインし、アメリカではボブ・マーリーのアルバム中で最も高いランキングとなりました。
当時の音楽業界の現状や、ジャマイカのゲットーの悲劇、洗脳教育に対する批判、働きずくめの貧困層の人々の日々などのメッセージが歌われています。

理想やメッセージは、レゲエというよりはもうロックそのものだと思います。
ラスタファリズムが根底にあるにせよ、日常生活レベルだと何ら変わりない反骨精神が息づいています。安心しました。
しかし、このアルバムの発売同年に狙撃され負傷する事になります。


第6位.「Uprising」

発売日:1980年6月10日
おすすめ曲:Could You Be Loved

【収録曲】
01. Coming In From The Cold
02. Real Situation
03. Bad Card
04. We And Dem
05. Work
06. Zion Train
07. Pimper’s Paradise
08. Could You Be Loved
09. Forever Loving Jah
10. Redemption Song
11. Redemption Song (Band Version)
12. Could You Be Loved (12″ Mix)

1980年ボブ・マーリーはアフリカで初のライヴを行いました。
その後、ジャマイカに戻ると憑りつかれた様に一気に20曲を録音、その内の10曲をこのアルバムで発表しました。
ジャケットでは昇る陽を背にして起き上がる姿が描かれています。

こうして、生き残り「Survival」、立ち上がり「Uprising」、対決する「Confrontation」と展開するアルバム3部作の2作目がリリースされたのです。
一気に書き上げた曲、伝えたい事が堰を切って溢れている感じがします。
かと言って急かされているような力みは感じられません。不思議なことに。

しかし、残念ながらボブ・マーリー自身が手掛けた最後のアルバムになってしまいました。
このアルバム発売3ヶ月後に、癌性の脳腫瘍と診断されてしまいます。
この時点で余命1ヶ月前後の宣告を受けます。

スポンサードリンク

第5位.「Burnin’」

発売日:1973年10月19日
おすすめ曲:Get Up, Stand Up

【収録曲】
01.Get Up, Stand Up
02.Hallelujah Time
03.I Shot The Sheriff (Album Version)
04.Burnin’ And Lootin’
05.Put It On
06.Small Axe
07.Pass It On
08.Duppy Conqueror
09.One Foundation
10.Rastaman Chant
11.Reincarnated Soul
12.No Sympathy (Remastered Version)
13.The Oppressed Song (Remastered Version)

ボブ・マーリー、ピーター・トッシュ、バニー・ウェイラーの3人が在籍していたウェイラーズとしては最後のアルバムです。
「Get Up, Stand Up」「I Shot The Sheriff」などの有名な曲が収録されています。

ボブ・マーリーの書く曲は攻撃的な内容が多いのに対して、ピーター・トッシュとバニー・ウェイラーの書く曲は平和的な曲なのでその辺りの対比も聴き比べると面白いと思います。

ちなみにバニー・ウェイラーは本名ネヴィル・オライリー・リビングストン(Neville O’Reilly Livingston)、作詞作曲にネヴィル・リビングストンと表記される事が多いです。


第4位.「Exodus」

発売日:1977年6月3日
おすすめ曲:Exodus

【収録曲】
01.Natural Mystic
02.So Much Things to Say
03.Guiltiness
04.The Heathen
05.Exodus
06.Jammin’
07.Waiting in Vain
08.Turn Your Lights Down Low
09.Three Little Birds
10.One Love/People Get Ready
11.Jammin’ (long version)
12.Punky Reggae Party (long version)

ボブ・マーリー暗殺未遂事件の後、ロンドンで制作されたアルバムです。ゴールドディスク賞を受賞。
偶然にもボブ・マーリーのジャマイカ脱出、ロンドン移住と重なったのですが、アルバムタイトルの「Exodus」はアフリカ回帰の為の“脱出”という意味でつけられたそうです。

「Exodus」、「Jamming」、「Waiting in Vain」などの曲が収録されています。
命を取り留め、再び歌う為に起ちあがったボブ・マーリー。
その再出発となるこのアルバムは1999年、タイム誌によって「20世紀最高の音楽アルバム」に選出されました。
事実、勢いのある素晴らしい出来栄えだと思います。


ベスト3

さて、ボブ・マーリーのおすすめアルバムランキングはついにここからトップ3です!
どんなアルバムがランクインしているのでしょうか?

ページ:

1

2

>>聴き放題のおすすめ音楽配信サービス7選はこちら<<

LINEで送る
Pocket



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

2017年セトリ

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る