安くて軽い?野外フェスでおすすめの椅子を種類別に紹介

日本最大の野外フェスと言われる「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」が初開催されたのが2000年…。
フェスの歴史も深まりつつ、年々人気がでてきました‼

フェスは前の方で楽しみたいという人もいると思いますが、そろそろシートゾーンやテントゾーンの方で椅子に座って、お酒を飲みながら楽しみたい…という人もいると思います。

でも、いざ椅子を買おう‼と思っても、種類が沢山あってどれを買ったらいいか分からないという人も多いと思います。

なので、毎年夏フェスに参加している私が椅子を選ぶポイント・おすすめする商品をお話ししていきます。


スポンサーリンク

安くて軽い?野外フェスでおすすめの椅子を種類別に紹介

座って楽しみたい人にも椅子はおすすめですが、はしゃいで楽しみたい人も体への負担を考えると椅子があるほうが休憩する時に便利なので、おすすめです‼

私も以前椅子は持っていませんでしたが、試しに椅子を買ってフェスに持って行ったところ、ステージ前方で人にもみくちゃにされながら楽しんだ後に座ったら「なんで今まで持ってこなかったんだろう。。。」と思ったくらいすごく気持ちよかったのを覚えています(笑)

でも、初めて買う人は何を買ったらいいか分からず不安になりますよね。
そこで、フェスでよく使われている椅子の種類から説明していきますね。

フェスでよく使われている椅子の種類は、大きく分けて

  • 折り畳みタイプ
  • 軽量組み立てタイプ
  • 超軽量タイプ

以上の3種類があります。

折り畳みタイプ

1つ目は、折り畳みタイプの椅子です‼
私も使ったことがありますが、座り心地抜群で一気に疲れが取れました。

以下、ご紹介するのがアウトドアブランドでも有名なColeman(コールマン)の椅子です。

定番のタイプなので、ご存知の方も多いと思います。
アウトドアショップやホームセンターでもよく売っています。

簡単に広げられてひじ掛けも付いているのでゆっくり座れます‼

ひじ掛けにドリンクホルダーが付いていることが多いので、お酒を飲みながらゆったりとフェスを楽しむことが出来るので、おすすめです。

少し難点があるとすれば3㎏と少し重いところですね。
もしも、電車で移動する場合には女性だとあまりおすすめできません。

会場まで車で移動する人には、おすすめしたいと思います。

スポンサーリンク

軽量組み立てタイプ

2つ目は、軽量組み立てタイプの椅子です。

椅子の骨組みを組み立ててから、シートをかぶせることで椅子が完成するものになります。
お尻から包み込むタイプで、とても快適な座り心地です。

疲れた体をしっかり包み込んでくれるところが嬉しいところですね‼

こちらが商品です。

重さも997gと軽いので、女性でも持ち運びが楽なのが良いですね。

こちらのタイプのメリットとして、シートと骨組みが分かれているので汗をかいて座ってもシートだけで普通の服のように手洗いで洗濯出来るので清潔に保てます。

もしデメリットがあるとすれば、準備や片付けが折り畳みタイプの椅子より手間がかかるところだと思います。

会場まで徒歩で移動する方には、とてもおすすめです‼

超軽量タイプ

3つ目は、超軽量タイプです。

先程の1㎏以下でも軽いと思いますが、なんと超軽量タイプはそれよりも軽いタイプが多いです。

私がオススメするのは、こちらです。

こちらの商品は、150㎏まで物を乗せても大丈夫です。
もしも、重い荷物を乗せることがあってもかなり安心ですね。

椅子の重さは660gと軽量組みたてタイプの椅子よりも軽いので、持ち歩くのもかなり楽です。
開いたらすぐに使えるので、組みたても時間がかからないのもかなり魅力的‼

ただ腰を下ろして座るタイプになるので、背もたれがないタイプが多いです。
私も座ったことがありますが、地面に座るより楽でした。

又、持ち運びもしやすいのでおすすめですが、背もたれによりかかりたいという人はこのタイプではないほうが良いと思います。

軽くて持ち運びしやすいので、会場まで徒歩で移動してちょっと座るだけで良いという人にはかなりおすすめです。

 

女性で重い物が苦手なタイプの人や移動が電車や徒歩の人は、軽量組み立てタイプの椅子か超軽量タイプの椅子を選ぶことをおすすめします。

会場付近まで車で移動する人や多少重くても持てる人は、折り畳みタイプの椅子もおすすめします‼

座ることさえできれば座り心地とか気にしない、とにかく安いものが良いという方は、100均にも椅子は販売されています。
椅子の他にも100均で購入できるフェスグッズを記事にまとめましたので、こちらも参考にしてください。

関連記事

夏は、楽しいイベントが盛りだくさんですね。 中でも、野外フェス・ライブに行くという人も最近とても多いです‼ 夏の音楽フェスに行くには、準備物が沢山ありますよね。 灼熱の太陽の下で1日中過ごすことを考えたら、色[…]

まとめ

ここまで、フェスへ持って行く時に私がおすすめする椅子について紹介していきましたが、お気に入りの椅子は見つかりましたか?

選ぶポイントをまとめると

  • 会場まで車で、定番タイプが良いなら折り畳みタイプの椅子
  • 清潔に片付けたいなら、軽量組みたてタイプの椅子
  • 会場まで徒歩で重いのが苦手なら、超軽量タイプの椅子

以上3点です。

あとは、色や形などの好みになりますので、ぜひ店頭で座って見て座って体験してみてください‼
お気に入りの椅子を見つけてフェスでの休憩も快適に過ごせるといいですね。

休憩したら、音楽にも浸って楽しんでください。
最後まで、読んで頂きありがとうございました‼

関連記事
野外フェスでおすすめの100均アイテム


スポンサーリンク

ライブ遠征なら格安バス・格安航空券・格安レンタカーを予約

大手からLCCまでの価格を瞬時に比較して最もお得な格安航空券が予約できるため、遠征費を節約したい方におすすめです。

  • エアトリ:格安航空券・LCC(国内線)の最安値を探す
  • skyticket:片道から購入可能な格安航空券の比較サイト
  • スカイツアーズ:ANA・全日空の飛行機+ホテルが予約できる格安ツアー

※多数のライブ遠征の際の費用や節約する方法については、以下の記事にまとめいますのでぜひ参照してください。
【ジャニオタ・ドルオタ必見】格安でライブ遠征するために損しない心得

チケットの抽選に落選し一般発売でも入手できなかった場合
まずは、公式サイトにて定価トレードの申し込みができるか確認してみてください。
それでも入手できない場合は、最後の手段として「チケット売買サイト」を利用してみましょう。

定価以上での取引があるため
それなりにお金を出しても良いという場合は、以下のサイトで取扱いがあるかもしれません。

【注意点】
公演によっては、転売チケットでの入場が拒否されることがありますので、事前に公式サイトで確認してください。
キャパが十分あるにも関わらず、転売屋がチケットを確保しすぎてしまったケースでは定価で購入できることもあります。
定価で入手できるなら行けるという場合は、諦めずに公演日ギリギリまで上記サイトをチェックしてみましょう。
急な用事で行けなくなった転売目的でない人が、良心的な価格で出品してくれることもあります。

当サイトはチケット転売を推進する意図はありません。
ライブに行きたかった人とやむを得ず行けなくなった人がマッチングしてくれたら良いと願っています。

スポンサーリンク