野外フェスやライブへ行く人へ!絶対失敗しない雨対策とは?

最近、野外フェスやライブへ行く人も増えてきました。
しかし、せっかく予定を決めて参戦しようとしているのに、まさかの天気予報が雨…。
特に山間部では、開催されるたびに雨だということもありますね。

雨で濡れるのは嫌だけれど、それよりもアーティストを見たい…
もし、雨が降ったとしても野外フェスやライブには、行きたい…ですよね。。。

そこで、私が以前試した正解だった野外フェス・ライブの雨対策についてご紹介します。


スポンサーリンク

雨の野外フェスやライブの服装はこれで間違いない!

雨具(レインウェア・ポンチョ

雨が降ると普段は傘で対策をしますが、ライブやフェスとなると演奏中は傘は邪魔なので使えません。(行き帰りや並ぶときは使用してOKです。)

傘が使えないとなると、便利な雨具がレインウェアやポンチョです‼
雨で濡れると体温も体力も奪われていきますので、準備は必須です。

簡易レインコートならコンビニや100円ショップなどでも売っていますが、フェスやライブの長い時間を想定すると、あまりおすすめは出来ません。

少し値段は上がりますが、アウトドアブランドのものや耐水性が高いレインウェアを購入するほうがいいと思います。
着た感じの動きやすさは、人それぞれ好みがあると思いますので、ぜひ試着して動いてみてから決めて下さい。

最近では、軽いものやコンパクト収納できるもの等がありますので、自分に合ったものを選ぶといいと思います。

どっちがいい?レインコートとポンチョのメリット・デメリット

レインブーツ(長靴)

山間部でのフェスに行く際に天気予報はずっと雨…
そんな場合は、レインブーツ(長靴)をおすすめします。

しかし、都市型のフェスで足元がドロドロにならない場合や日帰りの参加の場合には、多少の雨なら大丈夫なトレッキングシューズやスニーカーをおすすめします。

野外だと、会場によって靴も変えた方がいいです。
最近、私がおすすめしたいのが、普段のスニーカーの上にカバーをかけるだけで防水になるものがあるので、とても動きやすくておすすめです‼

フェスに履いていくおすすめの長靴

バックも防水‼持ち物も濡らさない万全対策とは?

着るものは、これで安心…と思ってしまうと、忘れがちなのがバックです。
体は濡れなかったけれど、バックは雨で濡れて中身まで浸水なんて気分も下がってしまいますよね。

私もフェスに行った時、他は完璧なのにバックだけ濡れて中身が悲惨になった事がありました。。。
以前は、バッグにビニールをかけて対策をしたりしていましたが、調べると便利なバックがありました‼

なんと、バックにも防水使用のものがあるんですよ‼知っていましたか??
サコッシュやショルダーバック等、形も様々で自分に合ったものを選べます。

最近では、バンドのグッズでも防水使用のバックを出していることも多いですので、好きなバンドがグッズで出しているかチェックしてみるものいいと思います。

スポンサーリンク

これで雨なんか怖くない‼使って良かった便利グッズ6選

上記の通り、準備していけばある程度は雨が降っていても快適に過ごすことが出来ると思います。
それ以外にも持っていた方が便利な準備物がありますので、紹介します。

①ジップロック

スマホやチケット、財布等…濡れてしまったら困るものは、防水のバックの中だとしても、ジップロックに入れておくと便利です。
バックから取り出す時も濡れずに使う事が出来ますね。

②防水スプレー

出かける前に、靴やカバンに防水スプレーをかけておきましょう。
又、テントなどを持って行く場合には、テントにもかけておくことをおすすめします。防水スプレーは、必ず玄関の外で使用して下さいね。

③帽子

熱中症の予防として、持って行く人が多いと思いますが、雨でも帽子は便利です。
直接頭が濡れずに済みますし、ツバがあるものだと激しい雨が降った時でもある程度は視界をキープすることが出来ますよ。

④濡れた時の着替え

一度濡れてしまった服を長時間着ているのはかなり不快ですし、風邪をひく可能性もあります。
持ってきていない場合には、アーティストやオフィシャルグッズの物販でもTシャツなどを買う事が出来ますので是非見てみてください‼

⑤吸水性の高いタオル

濡れた体を拭いたり、寒い時に首や肩にかけておいたりすることが出来ます。
何かと便利ですので、多めに持って行くといいでしょう。

⑥ビニール袋

雨の時には、予備のビニール袋を持っていると何かと便利です。
大きめのものもあれば、地面が濡れているときもレジャーシートの代わりになります。
又、バックが濡れないようにかぶせておくことも出来ます。

これだけあれば、かなり快適に過ごすことが出来ると思います。参考にしてみて下さい。
又、一緒に行く友達がいれば準備できたら最後に準備物を確認しておくといいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

フェスやライブが好きになってよく行くようになってから、ある野外フェスに行った際…あいにくの雨だったことがあります。
「まぁ、どうにかなるだろう。」と考えていた私でしたが、準備が足りなくて雨びしょ濡れになり後悔しました。。。

ですが、フェスに行き慣れた友達に聞いたり、リサーチして準備を頑張ったところ、雨フェスや雨ライブなんて怖くない‼と思えるようになりました。

今まで雨だと気分まですごく下がっていましたが、あまり気分も下がらず行けるようになりました(笑)

まとめると、雨フェス・ライブ対策は
①レインウェアやポンチョ
②普段のスニーカーの上にカバー
③防水バック
④ジップロック
⑤防水スプレー
⑥帽子
⑦濡れた時用の着替え
⑧吸水性の高いタオル
⑨ビニール袋

以上が私のおすすめ雨対策グッズです‼

もうこれで野外の雨対策はバッチリです。フェスやライブの天気予報が雨だとしても不安に思う事はありません。
快適な雨フェス・ライブを楽しむ事が出来ますよ‼

ただし、濡れてしまって風邪をひかないように気を付けてくださいね。

最後まで、読んで頂きありがとうございました‼

関連記事
フェスにはどっちがいい?レインコートとポンチョのメリット・デメリット
フェスに履いていくおすすめの長靴


スポンサーリンク

ライブ遠征なら格安バス・格安航空券・格安レンタカーを予約

大手からLCCまでの価格を瞬時に比較して最もお得な格安航空券が予約できるため、遠征費を節約したい方におすすめです。

  • エアトリ:格安航空券・LCC(国内線)の最安値を探す
  • skyticket:片道から購入可能な格安航空券の比較サイト
  • スカイツアーズ:ANA・全日空の飛行機+ホテルが予約できる格安ツアー

※多数のライブ遠征の際の費用や節約する方法については、以下の記事にまとめいますのでぜひ参照してください。
【ジャニオタ・ドルオタ必見】格安でライブ遠征するために損しない心得

チケットの抽選に落選し一般発売でも入手できなかった場合
まずは、公式サイトにて定価トレードの申し込みができるか確認してみてください。
それでも入手できない場合は、最後の手段として「チケット売買サイト」を利用してみましょう。

定価以上での取引があるため
それなりにお金を出しても良いという場合は、以下のサイトで取扱いがあるかもしれません。

【注意点】
公演によっては、転売チケットでの入場が拒否されることがありますので、事前に公式サイトで確認してください。
キャパが十分あるにも関わらず、転売屋がチケットを確保しすぎてしまったケースでは定価で購入できることもあります。
定価で入手できるなら行けるという場合は、諦めずに公演日ギリギリまで上記サイトをチェックしてみましょう。
急な用事で行けなくなった転売目的でない人が、良心的な価格で出品してくれることもあります。

当サイトはチケット転売を推進する意図はありません。
ライブに行きたかった人とやむを得ず行けなくなった人がマッチングしてくれたら良いと願っています。

スポンサーリンク