THE YELLOW MONKEY 2016/7/10 さいたまスーパーアリーナ

イエモンライブ2016/7/10 埼玉 感想レポとセトリ(さいたまスーパーアリーナ)

約16年ぶりとなる復活ライブを2016年5月に東京代々木で行ったTHE YELLOW MONKEY。

ツアーも中盤になり、7月9日はさいたまスーパーアリーナで再び関東圏でのライブということで、大きな盛り上がりを見せました。

2016年7月10日はさいたまスーパーアリーナ公演の2日目。今回も昨日に続いて2日連続で参戦したという、昔からイエローモンキーの大ファンという40代女性の方にライブレポートをお願いしました。


スポンサーリンク

THE YELLOW MONKEY 2016/7/10 さいたまスーパーアリーナ 感想レポート

THE YELLOW MONKEY 2016/7/10 さいたまスーパーアリーナ

タイトル:SUPER JAPAN TOUR 2016
開催日 :2016年7月10日
会場  :さいたまスーパーアリーナ
※セットリストは記事の最後に記載しています。

さいたまスーパーアリーナのアクセス・格安宿泊ホテル・座席表情報を確認する

THE YELLOW MONKEY、15年ぶりのツアーの折り返し、さいたまスーパーアリーナ2daysの2日目。日曜日のせいか、早い時間からたくさんのファンが会場の周辺には溢れていました。

私は40代女性で、ライブに行くことが趣味ですが、50代や60代と思われる方々も男女問わずたくさん見かけました。親の影響でファンになったであろう若者たちも多く、老若男女問わず注目されてることを感じました。

会場前には「バラ色募金」というものが設置されており、100円以上の募金でオリジナルのピックが配布されます。ライブ前、ライブ後ともに大行列ができていました。

THE YELLOW MONKEY 2016/7/10 さいたまスーパーアリーナ

このツアーはどの会場も2日間の開催でしたので、内容も多少は変わるだろうということで、私は前日に続いての参加となりました。

同じように2日間参加する人が多かったようで、前日よりも場内も慣れた雰囲気でライブがスタートすると一気にヒートアップしました。

セットリストはやはり数曲が入れ替わっており、「Love Communication」「LOVE IS ZOOPHILIA」と前日とは違った選曲に、大きなどよめきが起こりました。

ボーカルの吉井和哉がアコギを持ち披露したのは、バンドの一番古い曲、「LOVERS ON BACKSTREET」。
イエローモンキーの48手が詰まっていると本人も語るほど、完成度が高い曲で聴き入ってしまいました。

「薔薇娼婦麗奈」「球根」と重たい曲が続きますが、「球根」の照明はとてもかっこよかったです。

キーボードが印象的な「花吹雪」は、桜のような背景が曲の雰囲気にとても合っていました。

続く「空の青と本当の気持ち」は非常に壮大な雰囲気の曲で、浮遊感のある世界を感じ、とても感動的でした。

ここでメンバーがはけて、昨日と同じく逆回転の映像が流れますが、途中で短いメッセージが表示されます。
これは実は、毎回違う内容だそうで、この日は「ARE YOU A BELIEVER?」でした。

続いて、新曲「ALRIGHT」が始まり「何よりもここでこうしてることが奇跡と思うんだ」という歌詞のところでボーカル吉井が「奇跡と思わないか?!」と叫ぶと大歓声が起こりました。

「見てないようで見てる」ではギターとベースがそれぞれ逆方向の花道へと歩いて行き、スタンド席が大いに沸きます。

恒例の「SUCK OF LIFE」でのメンバー紹介では、吉井がメンバーのことを「国宝を紹介します」と言い、誇らしいんだろうなと感じました。

ひとりずつソロを披露しましたが、ツアー序盤よりもそれぞれのプレイ時間が長くなっており、さすがベテランといった感じでした。

本編ラストの曲「悲しきASIAN BOY」は、解散前からのライブの大定番曲。
最後に吉井とオーディエンスとで「THE YELLOW MONKEY!」と叫ぶシーンでは、再始動の喜びを改めてかみしめることが出来ました。

アンコールの1曲目は1stシングル「Romantist Taste」、「オリコン初登場108位!」と笑わせてくれました。

ヒットシングル「BURN」では炎の演出もあり、文字通り再び熱くなった場内でしたが続く「BRILLIANT WORLD」はしっとり穏やかな幸せを感じさせてくれます。

そして15年前のラストライブの最後の1曲だった「WELCOME TO MY DOGHOUSE」
当時は「私たち普通の野良犬に戻ります」と言っていましたが、今では「普通の野良犬から、ちょっとスーパーな野良犬に戻りました」と宣言し、再び沸かせてくれました。

名曲「JAM」で3時間のライブを締めくくったあとドラムのアニーがステージに1人残り「ファンの人から”生きてて良かった”と言われて、嬉しかった。オレも生きててよかった!生まれてきてよかった!」と語る姿がとても印象的でした。

メンバーの平均年齢50歳とは思えない、最初から最後まで軽やかな動きやパワーに圧倒されっぱなしの3時間の素晴しい空間でした。

スポンサーリンク

THE YELLOW MONKEY 2016/7/10 さいたまスーパーアリーナ セットリスト

1. プライマル
2. 楽園
3. Love Communication
4. LOVE IS ZOOPHILIA
MC
5. A HENな飴玉
6. Tactics
MC
7. LOVERS ON BACKSTREET
8. 薔薇娼婦麗奈
9. 球根
10. カナリヤ
11. HOTEL宇宙船
12. 花吹雪
13. 空の青と本当の気持ち
<映像>
14. ALRIGHT
15. SPARK
16. 見てないようで見てる
17. SUCK OF LIFE
MC
18. バラ色の日々
19. 悲しきASIAN BOY
<アンコール>
20. Romantist Taste
21. BURN
22. BRILLIANT WORLD
23. WELCOME TO MY DOGHOUSE
MC
24. JAM

【THE YELLOW MONKEY 関連記事】
新時代レポ

2016年5月11日のライブでの1曲目「プライマル」から再び幕が上がったTHE YELLOW MONKEY。15年ぶりの…

新時代レポ

THE YELLOW MONKEYが約15年振りとなるライブを、東京国立代々木競技場第一体育館で行いました。 イエモンと…

新時代レポ

SUPER JAPAN TOUR 2016 -YOKOHAMA SPECIAL- 横浜アリーナ2日目。ライブ会場となった…


スポンサーリンク

【CDレンタルは損?セトリを作成するなら音楽聞き放題サービス】
業界大手|5,000万曲が聴き放題の「Apple Music」なら3ヶ月無料で試せます!
今すぐ登録レビューはこちら

スポンサーリンク