THE YELLOW MONKEY 2016/7/9 さいたまスーパーアリーナ

イエモンライブ2016/7/9 埼玉 セットリストと感想レポ(さいたまスーパーアリーナ)

2016年5月11日のライブでの1曲目「プライマル」から再び幕が上がったTHE YELLOW MONKEY。15年ぶりの再結成でありながら、全く色褪せることのない楽曲とともに、完全復活を見せてくれました。

5月の東京・代々木体育館から始まった「SUPER JAPAN TOUR 2016」は中盤に差し掛かり、2016年7月9日,10日はさいたまスーパーアリーナ2daysが行われました。

今回は埼玉公演1日目の様子を、以前からイエローモンキーの大ファンという40代女性の方に伺いました。


スポンサーリンク

THE YELLOW MONKEY 2016/7/9 さいたまスーパーアリーナ 感想レポート

THE YELLOW MONKEY 2016/7/9 さいたまスーパーアリーナ

タイトル:SUPER JAPAN TOUR 2016
開催日 :2016年7月9日
会場  :さいたまスーパーアリーナ
※セットリストは記事の最後に記載しています。

さいたまスーパーアリーナのアクセス・格安宿泊ホテル・座席表情報を確認する

初日である代々木のチケットが取れなかった関東のファンも多く、この「さいたまスーパーアリーナ」で初参加という人が多かったようです。

私自身はライブに行くことが趣味で、解散前からイエローモンキーのファンなのですが、初めて彼らを見る人の方が多いのでは?という印象も受けました。

私はイエローモンキー解散前からライブへの抵抗はありませんが、当時は男性はほとんどいませんでした。今では男性もかなり多く、家族連れも増えました。多くの人が、復活したイエローモンキーの音を肌で感じようと集まっているようでした。

私自身も、5月に観た、ツアー開始直後のイエローモンキーと、2ヶ月たったイエローモンキーはどう変化しただろうかと、楽しみに参加しました。

今回のツアーは定刻どおりに開演、この日も1分前からオーディエンスが沸きはじめ、1曲目の「プライマル」から大いに盛り上がりました。

3曲目、ツアー序盤のセットリストには入っていなかった「ROCK STAR」が始まると大きな歓声が起こりました。

Vocalの吉井和哉とBassのHeeseyが、「東京の北の方の出身」ということで埼玉には思い入れが強いそうです。

そして「実質、関東の初日という気持ち、勝負どころ」とも話していました。5月の代々木公演は緊張感などがあったそうで、ツアーでライブを重ねてきたことにより、イエローモンキーとしての「音」をさらに確立したようでした。

「HOTEL宇宙船」では歌詞を変えて遊ぶなどの余裕も垣間見られました。

「空の青と本当の気持ち」が終わると、一度メンバーがはけ、つい今まで見ていたステージの映像が逆回転で流れはじめます。

その技術にも驚かされつつ、映像はどんどん月日が戻っていき、再結成を発表した1月まで巻き戻ります。このときBGMで流れているのは、新曲「ALRIGHT」の逆回転。

そして映像が終わると、メンバーが再び登場し、「ALRIGHT」の演奏が始まります。

グッズで売っているLEDライトのペンが、客席で一斉に青く光り、とてもキレイです。

THE YELLOW MONKEY 2016/7/9 さいたまスーパーアリーナ

ここからヒット曲「SPARK」や、ライブでの定番曲「SUCK OF LIFE」に続き、盛り上がりは最高潮になります。

メンバー紹介ではまたしてもシモネタが始まりますが、これもイエローモンキーとしては定番です。

しかし「バラ色の日々」の曲の前には、「THE YELLOW MONKEYは生涯解散しません。皆さんの好きなロックンロールの1つにしてほしい。また一緒にバラ色の日々を探しに行きたい」と、熱い想いを語ってくれました。

「みんな元気で良かったです。命を感じて歌って欲しい」という言葉に、胸を打たれました。

アンコールでも「Romantist Taste」や「LOVE LOVE SHOW」など盛り上がる曲をたたみかけました。

そして、「これからも見守ってほしい。またツアーをやりたい」など、ファンにとっては嬉しい言葉を残し、最後に披露されたのは「JAM」。会場にいる18,000人がサビを大合唱するシーンは、とても感動的でした。

曲が終わった後も、メンバー達は広いステージの端から端まで歩いて行き、最後まで名残惜しそうに手を振ってくれました。

15年分の想いの詰まった、たっぷり3時間、大満足のライブでした。

スポンサーリンク

THE YELLOW MONKEY 2016/7/9 さいたまスーパーアリーナ セットリスト

1. プライマル
2. 楽園
3. ROCK STAR
4. Chelsea Girl
MC
5. A HENな飴玉
6. Tactics
MC
7. LOVERS ON BACKSTREET
8. FINE FINE FINE
9. 球根
10. カナリア
11. HOTEL宇宙船
12. 花吹雪
13. 空の青と本当の気持ち
<映像>
14. ALRIGHT
15. SPARK
16. 見てないようで見てる
17. SUCK OF LIFE
MC
18. バラ色の日々
19. 悲しきASIAN BOY
<アンコール>
20. Romantist Taste
21. LOVE LOVE SHOW
22. BRILLIANT WORLD
23. WELCOME TO MY DOGHOUSE
MC
24. JAM

【THE YELLOW MONKEY 関連記事】
新時代レポ

約16年ぶりとなる復活ライブを2016年5月に東京代々木で行ったTHE YELLOW MONKEY。 ツアーも中盤になり…

新時代レポ

THE YELLOW MONKEYが約15年振りとなるライブを、東京国立代々木競技場第一体育館で行いました。 イエモンと…

新時代レポ

SUPER JAPAN TOUR 2016 -YOKOHAMA SPECIAL- 横浜アリーナ2日目。ライブ会場となった…


スポンサーリンク

【CDレンタルは損?セトリを作成するなら音楽聞き放題サービス】
業界大手|5,000万曲が聴き放題の「Apple Music」なら3ヶ月無料で試せます!
今すぐ登録レビューはこちら

スポンサーリンク