ゆず

ゆずのおすすめ人気曲・名曲ランキングBest30!【ファン投票結果】

路上ライブ出身として有名なゆず。

デビュー曲の「夏色」は今では夏の定番ソングとなり、「栄光の架橋」はゆずの代表曲ともいわれ、オリンピックを振り返るには欠かせない一曲となっていますよね。

2021年にはデュオ結成25周年を迎え、ますますの活躍が期待される二人。

今回はそのゆずの人気曲についてまとめてみたいと思います。


スポンサーリンク

ゆずについて

リーダー北川 悠仁(きたがわ ゆうじん)、サブリーダー岩沢 厚治(いわさわ こうじ)からなる、自称平成さわやかフォークデュオ。

愛称は悠仁(ゆうじん)と厚ちゃん(こうちゃん)。

二人とも神奈川県の横浜市磯子区出身で、路上ライブをしているところを現在の社長に目を付けられデビュー。
当時は中学のジャージ(通称岡ジャー)を着て歌を唄っていました。

ゆずの二人は路上ライブの先駆け的存在となり、のちにデビューする「コブクロ」、「いきものがかり」などもゆずの存在なくては無き存在かもしれないくらい当時の路上ミュージシャンのパイオニア的存在です。

ゆずのファン人気曲ランキング:第30位~第21位

第30位.「青」

発売日:2003年2月5日
収録アルバム:すみれ

メッセージ性の高い歌詞に強い刺激を受ける「青」。

エレキギターを用いる楽曲で、フォークというよりロックに仕上がっているナンバー。

どんな逆境に立たされても、這い上がれそうなパワーがもらえる一曲です。

第29位.「くず星」

発売日:1999年11月25日
収録アルバム:アルバム未収録
タイアップ:「あいのり」(フジ)挿入歌

「心のままに」との両A面シングルで発売された名曲。

ゆずの楽曲はカップリングなどがアルバムに収録されないことも多く、知る人ぞ知る名曲は数が多いのですが、「くず星」もその一曲の一つ。

作詞作曲は岩沢氏がおこなっています。厚ちゃんのもつ孤独さのなかにある温かさというものを感じる一曲です。

第28位.「うたエール」

発売日:2018年2月9日
収録アルバム:BIG YELL
タイアップ:日本生命CMソング

頑張る人たちへエールをおくる一曲。

心地の良いサビのフレーズと語呂の良い歌詞を爽やかに歌い上げています。

赤が印象的なPVはゆずのゆかりの地、伊勢佐木町のイセザキモールで行われ、久しぶりのゆずの凱旋となりました。

第27位.「翔」

発売日:2011年11月30日
収録アルバム:LAND
タイアップ:「世界体操2011」(フジ)テーマソング

アコースティックギターのアルペジオから始まるイントロが気持ちの良い「翔」。

オーケストラやバンドなどが使われていないシンプルな構成の一曲です。

「ゆずの良さはアコギにあり」と私は思っているのですが、まさにそれを証明してくれる曲です。

第26位.「うまく言えない」

発売日:2008年4月16日
収録アルバム:WONDERFULL WORLD

2020年7月、突然亡くなった俳優の三浦春馬さんがPV出演している曲です。
当時18歳の彼がピタリとこの曲にハマっていて、見ていてキュンとしてしまうPVです。

いやあ、本当春馬くん当時からかっこいいですね。

「うまく言えないけどおもっている」という、歯がゆい青春を描いた一曲なので、青春を思い出すにはぴったりの一曲です。

第25位.「LOVE&PEACH」

発売日:2011年7月20日
収録アルバム:LAND
タイアップ:フジテレビ お台場合衆国テーマソング

2011年の東日本大震災直後に発表されました。
当時、自粛ムードや感傷的になっている日本のムードを変えたいという気持ちで作成された曲です。

ポップで弾けた曲で日本を元気づけてくれたのではないでしょうか?

PVでは、ラッキー池田さんの振り付けでファンたちがおしりを振って踊っていてとても楽しいナンバーとなっています。

第24位.「REASON」

発売日:2013年1月9日
収録アルバム:LAND
タイアップ:アニメ「HUNTER×HUNTER」主題歌

音楽クリエイター ヒャダイン氏との初めて共作された曲で、3人それぞれで楽曲をもちより、今までにない「組曲」の形式が用いられた楽曲。

ゆずの持ち味である「アコギ」の良さも取り入れながら、新しいゆずが新発見できる曲です。

サビの「向かい風と知っていながら それでも進む理由がある」という歌詞に勇気づけられた人も多いのではないでしょうか。

第23位.「友~旅立ちの時~」

発売日:2013年11月13日
収録アルバム:新世界
タイアップ:第80回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲

NHKの合唱コンクールで課題曲とされたこの曲は、合唱曲として確立しているので10代の子たちには馴染み深い曲なのかもしれません。
もともとは震災後、悠仁が書き記していた曲だったそうで、メッセージ性の高い一曲となっています。

レコーディングに関しては“一発撮り”を行っており、下手に作りこんでない自然な姿のゆずが聴ける一曲となっているので、是非聞いてほしいです。

第22位.「逢いたい」

発売日:2009年4月22日
収録アルバム:FURUSATO
タイアップ:「ゴーストフレンズ」(NHK)主題歌

悠仁のお父様が亡くなった際に描いた一曲。
オーケストラが深い悲しみと願いを彷彿させる壮大な曲となっています。

逢いたくても会えない悲しみが深く描写されていて、当時の悠仁の心境が痛いほどわかるこの曲は、2009年の紅白歌合戦で披露されました。

遺影を持参し歌ったそうで、きっとお父様のもとに悠仁の歌声が届いただろうなとおもうとグッとくるものがありますね。

第21位.「代官山リフレイン」

発売日:2011年2月16日
収録アルバム:2-NI-

シングルカットされていないこの曲ですが、ランクインしています。
爽やかなバイオリンな鳴り響くイントロはとにかく聞いていて気持ちが良いので、イントロが好き!という人もきっと多いはず。

「お金は無いけど、あの時はたのしかった」というような、若いころを振り返る曲で、歌詞に共感できる人が多いのかもしれません。

個人的にはツアーでバイオリンを弾いていた佐藤ほのかさんのこの曲を弾く姿がかわいくてたまらなくて、それが見たいがためにコンサートに行っていたかもっていうくらい素敵でした。

すでに名曲ばかりランキングされていて、次に何がランクインされるか気になってきました。

どんどん行きましょう!次は20位~11位の発表です。


スポンサーリンク

スポンサーリンク