【ベース初心者必見】おすすめモデルの種類と違いを徹底紹介!

「ギタリストもかっこいいけどベーシストもクールでかっこいい!」、「ベースを弾いてみたい!」
そう思ってもベースがイマイチどういう楽器なのかよくわかっていないという方も多いかもしれません。

そこで今回はベースの基本知識や代表的なモデルとその特徴、初心者の方へのおすすめベースをご紹介したいと思います!

ベース初心者ならセット購入がおすすめ?メーカーランキング5選!


スポンサーリンク

そもそもベースってどんな楽器なの?ギターとは違う?

「ベースとギターってパッと見は同じだけど、どう違うの?」
そういう疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

まず外見上の違いを説明すると、ベースは弦の数がギターより少ない4本であり、また弦の太さもギターより太いものが張られていることで低い音を出すことが出来ます。

ロックなどの音楽をよく聴いてみてください。
「ボンボンボン…」と単音でリズムを刻んでいる低音に気が付くと思います。それがベースの音です。

場合によってはメロディーを弾くこともありますが、基本的には低音でリズムを刻むことがベースの役割であり最大の魅力でもあります。
ベースとはギターよりも低い音域で楽曲を支える縁の下の力持ちなのです。

続いてベースの代表的なモデルをいくつかご紹介します。

ベースってどんな種類・違いがあるの?

ここではベースの代表的なモデルを紹介します。

プレシジョンベース

出典:https://shop.fender.com/

通称・プレベと呼ばれる1951年にフェンダー社から発売された世界初のエレクトリック・ベース。
現在までにマイナーチェンジを繰り返し、多くのベーシストに愛され続けている定番ベースです。

骨太でパワフルなサウンドが特徴であり、様々なジャンルの音楽に対応が可能なので初心者の方におすすめです。

ジャズベース

出典:https://shop.fender.com/

通称・ジャズベと呼ばれる1960年にフェンダー社から発売されたプレベと並ぶ定番ベース。
ジャズベースという名称ですがジャズ専用のベースというわけではありません。

一見プレベと同じように見えますが、ピックアップやコントロールノブなどの構造に違いがあり、プレベとは違った幅広い音作りが可能で様々な音楽ジャンルに対応が可能です。

プレベと合わせてこちらも初心者の方におすすめのベースであり、ネックがプレベよりやや細めなので手の小さな方や女性にもおすすめです。

SG(エスジー)

出典:http://www.gibson.com/

1961年にギブソン社から発売された、SGギターと同じボディシェイプのベース。
ワイルドな重低音サウンドとその印象的なボディシェイプはまさにロックベースを象徴しています。

ボディが他のベースに薄くてコンパクトで取り回しがよく、ロック好きの方のみでなく女性にもおすすめしたいベースです。

サンダーバード

出典:http://www.gibson.com/

1963年にギブソン社から発売されたベース。
個性的なボディシェイプと骨太な重低音サウンドが特徴でありロックに適しています。

初心者には音作りなど取り扱いが少し難しいので注意が必要です。

スポンサーリンク

スティングレイ

出典:https://www.music-man.com/

1976年にミュージックマン社から発売されたベース。
電池駆動によるアクティヴピックアップから生み出されるブリブリとした迫力のあるサウンドが特徴です。

また、幅広い音作りが可能な構造であり様々なジャンルに対応することが出来るので多くのベーシストがそのサウンドに惚れ込んでいます。

リッケンバッカー

出典:http://www.rickenbacker-jp.com/

リッケンバッカー社から発売された個性的なボディシェイプのベース。
アタックの強く、輪郭のはっきりしたサウンドが特徴であり、バンドサウンドの中でも存在感を放つので多くのベーシストに愛用されています。

ヘフナー・バイオリンベース

出典:http://hofner.jp/items/products/detail.php?product_id=60

1956年にヘフナー社から発売されたベース。
バイオリンを模した小型のボディシェイプと独特の丸みのあるサウンドが特徴です。

ビートルズのポール・マッカートニーがデビュー前から使用し続けていることからビートルズベースとも呼ばれています。

アコースティックベース

出典:https://shop.fender.com/

ギターと同じようにベースにもアコースティックベースが存在します。
通称・アコベと呼ばれており、アコースティックライブや路上ライブなどで使用されています。

その見た目の通りアコギのボディを流用して作られたものが多く、ボディの大きさが足りず音量があまり出ないという特徴もあります。

スポンサーリンク

初心者が最初に買うならどのベースがいいの?

ベースの代表的なモデルとその特徴をご紹介させて頂きました。

初心者の方にはフェンダー社製のプレベかジャズベがおすすめです。
どちらも幅広い音楽ジャンルに対応可能であり、この先ベースを続けていくうえで持っていても絶対に損はありません。

入門に適したモデルも多数発売されているので、楽器店に足を運んで自分の目で見て、触れて購入するものを決めましょう。

しかし、初心者だからといってプレベかジャズベから始めないといけないという決まりはありません。
好きなベーシストのモデルや見た目が気に入ったものを購入してもOKです。

ベースに挑戦してみましょう

以上、これからベースを始めてみたい初心者の方へ向けてベースの基本知識、代表的なモデルとそれぞれの特徴をご紹介させて頂きました。

今回の記事のポイントをまとめると、
1.ベースとは低音で音楽を支える縁の下の力持ち
2.様々な種類があり、それぞれ音色や構造に特徴がある
3.初心者にはフェンダー社製のプレベかジャズベがおすすめ
4.楽器店で実物を見て、触れて購入するものを決める

この4つを頭に入れて初めてのベースを選びましょう。
ギターに比べると地味なイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、
ベースとは音楽になくてはならない、とても奥が深い楽器なのです!

みなさんもこの機会にぜひベースを始めてみてください。
きっとその魅力に惹き込まれて夢中になってしまうはずですよ!

ベース初心者ならセット購入がおすすめ?メーカーランキング5選!


スポンサーリンク

スポンサーリンク