春に聴きたいおすすめの邦楽ランキング

【春の邦楽特集】春に聴きたいおすすめの人気歌ランキングBest30選

春に聴きたい曲ランキング:第10位~第4位

スポンサーリンク

10位「花唄」/ TOKIO(2002年)

ドラマ「ナースマン」の主題歌。
新生活がスタートする春。
そんなときこそ聴いて欲しいのがこの曲。

嗚呼~花が咲く 理由もないけど
やたら咲き誇る エラクもないけど

ゆるいですよね、この歌詞(笑)

でも、

泣き出しそうな僕のために 舞う花吹雪

こんなふうにストレートに励ましのメッセージもあるんです。

あっけらかんとした明るいメロディーで、口ずさんでいると間違いなく元気が出てきます!
力強いメッセージで励まされる曲ももちろん心強いですが、この曲みたいにゆる~く「ま、頑張ろうぜ!」みたいに励まされるのもイイですよね♪

9位「ロビンソン」/ スピッツ(1995年)

やっぱりこの曲はなんといってもイントロが特徴的ですよね。
儚くて、どこか懐かしくて、それでいてほっこりとした温かさがあって……なんともいえない不思議な世界。

メロディーと歌詞はもちろん、草野さんの歌声もそんな要素があるのだと思います。
イントロで心を奪ってサビで一気に魔法の世界へ連れて行く、そんな曲。

8位「やってみよう」/ WANIMA(2017年)

au CMソングとしてもおなじみの、童謡の「ピクニック」をハイテンションなロックアレンジにした曲。

失敗も思い出
はじめよう やってみよう
誰でも最初は 初心者なんだから

最初から最後までとにかく励まされます!
WANIMAらしい勢いのあるサウンドに背中を押されます!

「とにかくやってみよう!」
新たな季節、この曲を聴いて大きな1歩を踏み出しちゃいましょう♪

スポンサーリンク

7位「やさしさで溢れるように」/ JUJU(2009年)

歌詞に直接“春”を連想させるフレーズは特にありません!
それでも、聴いていると本当にやさしい光に包まれたような感覚になるこの曲は、希望を感じる春に聴きたくなる曲なんです、個人的に(笑)

あなたを包むすべてが やさしさで溢れるように
わたしは強く迷わず あなたを愛し続けるよ
どんなときも そばにいるよ
離れていても そばにいるよ

春に新たに旅立つ大切な人に贈る曲としてもイイと思います♪

6位「朧月夜~祈り」/ 中島美嘉(2004年)

日本コカ・コーラ「爽健美茶」CMソング。
唱歌「朧月夜」に、オリジナルのメロディーと歌詞を加えアジアンテイストにアレンジした、ヴァイオリニスト葉加瀬太郎さんとのコラボ曲。

日本の情緒ある歌詞と美しく切ないメロディーが涙を誘います。
この曲を聴くと「日本人でよかった」そんな想いにもなると思いますよ。

ちなみに、タイトルでもある“朧月夜”は、春の夜に月がほのかに霞んでいる情景を指す言葉だそうです。

5位「Luv Letter」/ DJ OKAWARI(2009年)

プロスケーターの高橋大輔さんが、選手時代にエキシビジョンで使用して大きな話題となりました。
クラブミュージックですが、“和”の儚さを感じるピアノのメロディーとストリングスが印象的な曲。

この儚さが、私の中で桜の花びらが風に舞う光景を連想させるんですよね……。
なので、個人的に春になると聴きたくなる曲なんです。

4位「空 ~美しい我の空」/ 剛 紫(2009年)

この曲をこういったランキングで見かけることないですよね。
堂本剛くんが剛紫名義でリリースしたシングル。

日本の美しい情景が目に浮かぶ、“和”を感じるバラード。
雅楽師の東儀秀樹さんも参加されています。

この曲のよさをサクッとまとめると、心が洗われるような本当に美しい曲!
剛君自身ご年配の方に向けてのラブ・ソングとも言っていますが、本当にその通りだと思います。

余談ですが、この曲で使われているコードも好きだったりします♪

……4位~6位は“和”を感じる曲がつづいていますね。
好きなんです、こういう曲♪

⇒春に聴きたい曲ランキングBest3は次ページへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク