日本人男性ボーカル特集!歌唱力のある歌手ランキングBest10!

LINEで送る
Pocket


数多くの魅力的なボーカリストが活躍している日本の音楽シーン。
それぞれが幅広い声域や声量、表現力などを武器に数多くの人々を魅了し続けています。
やっぱり高い歌唱力を持つ人には憧れてしまいますよね。
そこで今回は特に魅力的な歌唱力を持つボーカリストをランキング形式でご紹介します!

スポンサードリンク

日本人男性ボーカル特集!歌唱力のある歌手ランキングBest10:第10位~第4位

10位:Taka(ONE OK ROCK)

本名:森内貴寛
生年月日:1988年4月17日
出身地:東京都

2005年に結成され、若い世代に絶大な人気を誇るONE OK ROCKのボーカリスト。
Takaの持ち味は力強いハイトーンボイスとネイティブ顔負けの英語詞の発音の良さです。
その実力は日本国内だけでなく海外でも認められるほどであり、日本の若手ボーカリストの筆頭と言っても過言ではないでしょう。

また、歌手・森進一と森昌子の長男であり、弟はロックバンド・MY FIRST STORYのボーカルを務めるhiroということも有名ですね。

9位:GACKT

本名:大城ガクト
生年月日:1973年7月4日
出身地:沖縄県

V系バンド・MALICE MIZERの2代目ボーカリストとして活動した後、バンドを脱退し1999年よりGackt名義で活動を開始。
幼少時よりピアノと声楽を学び、様々なジャンルの楽曲を魅力的に歌い上げます。
特にバラードではその伸びやかで色気のある歌唱力が発揮されます。

これまでにシングル47枚、アルバム19枚をリリースしており、男性ソロアーティストの「オリコンシングルランキングTOP10獲得作品数」において日本で首位の記録を保持しています。

8位:西川貴教(T.M.Revolution)

生年月日:1970年9月19日
出身地:滋賀県彦根市

V系バンド・Luis-Maryのボーカリストとしてデビューし、解散後の1996年よりT.M.Revolutionとして活動を開始。
圧倒的な声量とビブラートを武器に幅広い年齢層から人気を集め、長年活躍し続けています。

また、多くの楽曲がアニメやゲームのタイアップとして起用されていることから海外でも高い人気を誇っています。

スポンサードリンク

7位:RYUICHI(LUNA SEA)

本名:河村隆一
生年月日:1970年5月20日
出身地:神奈川県大和市

1992年にLUNA SEAのボーカリストとしてデビュー。
伸びやかで声量のある歌声はライブでもかなりの安定感を誇ります。
現在もLUNA SEAの活動と並行してソロ活動を続け、カバーアルバムやマイクレスライブなど、その歌唱力で多くの人を魅了し続けています。

1997年にリリースしたアルバム「Love」は300万枚近い売り上げを記録し、日本の男性ソロアーティストのアルバム売り上げ枚数の最高記録を保持しています。
また、2011年には日本武道館にて約6時間半かけて100曲以上を歌い上げ、ギネス記録に認定されました。

6位:人見元基(元 VOW WOW)

本名:人見典明
生年月日:1957年10月1日

バンド・NOIZのボーカリストとしてデビューした後、1984年にハードロックバンド・VOW WOWに加入。
日本人離れした力強い声量と幅広い声域、迫力のあるシャウト、表現力を兼ね備えたボーカリストです。
その圧倒的な歌唱力は「日本史上最高のロックボーカリスト」と称されるほどであり、海外でも高い評価を受けています。

1990年のバンド解散後は第一線を退き、某私立高校で英語教諭を務めていますが、親交のあるミュージシャンの作品へのゲスト参加や年に数回のライブ活動も行っています。

5位:Toshl(X JAPAN)

本名:出山利三
生年月日:1965年10月10日
出身地:千葉県館山市

1989年Xのボーカリストとしてデビュー。
ロックからバラードまでを歌い上げる安定感のあるハイトーンボイスは圧巻の一言です。
まさにX JAPANの楽曲に不可欠なToshlの歌声は多くの人々を魅了し続けています。

あまり知られていませんがギターやピアノ等の楽器も演奏することができ、ソロライブや音楽番組では弾き語りも高いレベルで披露されています。

スポンサードリンク

4位:久保田利伸

生年月日:1962年7月24日
出身地:静岡県庵原郡蒲原町(現:静岡県清水区)

1986年にデビューした1980年代を代表するシンガーソングライター。
伸びのある歌声と独特のリズム感、発声の歯切れ良さを武器に、ブラックミュージックを取り入れたR&Bから切ないバラードまで高い歌唱力で歌い上げます。

その歌唱力から「キングオブJソウル」と称され、R&Bを日本に広めた第一人者と言っても過言ではないでしょう。

ページ:

1

2


スポンサードリンク

関連記事

LINEで送る
Pocket



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る