テンションが上がる!盛り上がる有名な洋楽ランキングBest30曲!

テンションが上がる!盛り上がる有名な洋楽ランキングBest30曲!

「洋楽は、歌詞がわからないから・・・」
そう思っていませんか?
音楽は歌詞がわからなくても良いんです。
メロディが、ボーカルが、あらゆる要素があなたの気持ちに訴えかけ、気分を変えることもできるんです!

今回は、ジャンル、年代にこだわることなく「盛り上がれる洋楽」を30曲にまとめました。
あなたの盛り上がりアンセムを是非見つけてください!
早速チェックしていきましょう。


スポンサーリンク

テンションが上がる!盛り上がる洋楽の名曲ランキングベスト30!:第30位~第21位

テンションが上がる!盛り上がる有名な洋楽ランキングBest30曲!

ランキングベスト20から読む
ランキングベスト10から読む
ランキングベスト3から読む

30位:「Are You Gonna Be My Girl」/ Jet(2003年)

Are You Gonna Be My Girl
JET
ロック
¥250

provided courtesy of iTunes

一旦イントロを聞けばそれだけで盛り上がってしまうJetの代表曲です。
もちろんボーカルのパフォーマンスもですが、日本でもブレイクしたので聞いたことがある人もきっと多いです。

エアギターが話題になった時期に欠かせない曲でもありましたね。
気分が乗ったらまずはこれ!

29位:「Get Busy」/ Sean Paul(2002年)

ゲット・ビジー
ショーン・ポール
レゲエ
¥250

provided courtesy of iTunes

カリスマダンスホールレゲエシンガーのSean Paulの代表曲です。
日本でもヒットし、現在でも非常に多くのアーティストから客演依頼が引っ張りだこなんですね。

独特の訛りがありますが、乗ってしまえばもういいんです!
音楽は言語を乗り越えます笑。

28位:「Don’t Stop The Party」/ Pitbull Feat. TJR(2012年)

Don’t Stop the Party (feat. TJR)
ピットブル
ポップ
¥200

provided courtesy of iTunes

アゲアゲ番長といえばこの人Pitbullです。
数え切れないほどのアーティストにコラボするなど幅広く活動しています。
特にこの曲はシンプルに盛り上がれます!
「イェーーイエーーイエーー!」と一緒に歌いましょう。

スポンサーリンク

27位:「Same Ol’」/ The Heavy(2012年)

Same Ol’
The Heavy
オルタナティブ
¥150

provided courtesy of iTunes

日本ではCMで有名になりました。
ヴィンテージ感もあり、壮大な世界観を繰り広げるこの曲ですが、実は割と最近の曲なんですね。
ソウルフルなボーカルからコーラスまで大音量でかけたくなる重厚感のある1曲です。

26位:「Dani California」/ Red Hot Chili Peppers(2006年)

Dani California
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
オルタナティブ
¥200

provided courtesy of iTunes

映画「デスノート」の主題歌となった経緯もあり、こちらも有名ですね。
ラップのようなテンポの良いアンソニーのボーカルと、心地よいコーラスが特徴的です。
映画とは関係なしに夏、ドライブしながら聞いてみるのも良さそうです。

25位:「Move On Up」/ Curtis Mayfield(1970年)

Move On Up (Single Edit)
カーティス・メイフィールド
ジャズ
¥250

provided courtesy of iTunes

今は亡き伝説的ソウルシンガーの代表曲です。
イントロを聞いた瞬間から体がノリノリになります。

ほとんどの場合は短めなテイクですが、オリジナルアルバムに収録されているこの曲は8分程の大曲になっています。

また、過去のソウルの名曲をサンプリングすることで有名なラッパーのKanye Westも自身の曲「Touch The Sky」でサンプリングしていますよ。

24位:「Semi-Charmed Life」/ Third Eye Blind(1997年)

Semi-Charmed Life
サード・アイ・ブラインド
オルタナティブ
¥250

provided courtesy of iTunes

出だしから爽やかなナンバーです。
トゥットゥットゥー!と口ずさみたくなります。

こちらも少しラップ調のボーカルから、心地よいコーラスに展開していきます。
爽やかな晴れの青空の下でオープンカーに乗って聴きたくなるような曲です。

スポンサーリンク

23位:「The Reflex 」/ Duran Duran(1983年)

The Reflex
デュラン・デュラン
ロック
¥250

provided courtesy of iTunes

80年代ニューウェーブ全盛期に生まれた名曲です。
なんとプロデュースは、MadonnaやDavid Bowieも手がけるNile Rodgers!

もう流行ること間違いなしでしたね。
そのおかげもあり、実際に彼らの代表曲となっています。

22位:「Spectrum」/ Zedd Feat. Matthew Koma(2012年)

Spectrum (feat. Matthew Koma) [Radio Mix]
ZEDD
ダンス
¥250

provided courtesy of iTunes

日本のEDMブームの先駆けともいうべき1曲です。
歌モノ、ポップ曲としても聴きやすいメロディなので、多くのファンを獲得しました。

その後、ZeddはAriana Grandeの曲や、Lady Gagaのアルバムをプロデュースするなど、カリスマプロデューサーとしても活躍しています。
今後も勢いが止まることないDJの1人でしょう。

21位:「Hey Ya!」/ Outkast(2003年)

Hey Ya! (Radio Mix / Club Mix)
アウトキャスト
ヒップホップ/ラップ
¥200

provided courtesy of iTunes

Hip HopデュオのOutkastによるハイテンションソングです。
体を揺らして、テンションが高い時のアンセムにしたくなるようなトラックですね。

もちろん代表曲となり、グラミー賞にもノミネート。
ラップ界でも大物になりました。


スポンサーリンク

【CDレンタルは損?曲を購入するなら音楽聞き放題サービス】
業界大手|5,000万曲が聴き放題の「Apple Music」なら3ヶ月無料で試せます!
今すぐ登録レビューはこちら

スポンサーリンク