10-FEET

10-FEETのライブの雰囲気がヤバイ!注意したいマナーや服装とは?

10-FEETのライブに行くのにはどんな服装で行けばよいのか?
普段あまり激しいバンドのライブに行かない人は、あまりわからないかもと思います。
もしかしたらモッシュ・ダイブが凄くて怖い!なんてイメージを持っている方も多いかもしれません。
ここでは、そんな初心者の方にも10-FEETのライブを最大限に楽しめるように、知っておきたいマナーや事前に準備するべき服装や持ち物について紹介していきます!


スポンサーリンク

10-FEETのライブはどんな雰囲気?

10-FEET

10-FEETのライブは単純にとても楽しいです。
曲ももちろん激しい曲が多く、ライブでは必ずと言っていいほどモッシュ・ダイブでフロアはぐちゃぐちゃの状態になります。
それだけでなく、MCでもお笑い芸人みたいなボケを挟んできたリ、時には感情に訴えかけてくるエモいMCをしてきて演奏以外の所でも楽しめます。

ライブ映像を見ると泣いている人が良く映ります。
これだけ心に響くMCをするバンドは中々いませんね。

それと、彼らのライブでは合唱しながらライブを観るのが醍醐味みたいな所があります。
なので、曲は色々聴いていって歌詞を覚えておくとよいかもしれません。
歌詞を何となくでもよいので覚えておくと、彼らの曲がひたすらに心に染み込んできますしね。

アルバムでいえばベスト盤がでていて、ライブではそのベスト盤に入っている曲ばかり演奏されるので、それを聴いていけば問題ないと思います。
関連記事⇒10-FEETのイケてる人気曲ランキングベスト10はこちら!

10-FEETのライブに行く時の服装

上で述べたように場内はモッシュ・ダイブでもみくちゃになるのでめちゃくちゃ暑くなります。
なので絶対に薄着で行きましょう。

かつてのZEPP TOKYOのワンマンライブでは、ロビーにあるトイレの鏡が熱気で曇っていたぐらいですから、フロア内の熱はもう半端ないです。
前に行くならもちろん、後ろでゆっくり観る場合でも薄着推奨です。

また、タオルも絶対にもっていきましょう。
勿論汗を拭くためでもありますが、「CHERRY BLOSSOM」という曲で、タオルをみんなで上に放り投げるため必須です。

また、ファンの年齢層は非常に高く、大体30代ぐらいの男性が多く見られます。
キャリアの長いパンクバンドらしい客層です。
そんなガタイの良い大きい男性が無茶苦茶に暴れているので、小柄な女性はあまり前に行かないほうが良いかもしれませんね。

【必要な持ち物(荷物)チェックリスト】
・チケット
・タオル
・着替え

スポンサーリンク

ライブで注意したいマナーについて

基本的には、周りに気を使って迷惑をかけなければ何をしても大丈夫です。
「ライブハウスにはマナーはあれどルールはない」とはよく言うものです。

モッシュ・ダイブもまあ表向きには禁止となっていますが、、まあ関係ないですねw
ばんばん発生するので体力に自信の無い人、小柄なか弱い女性は後ろに下がったほうが無難です。

まあこのモッシュ・ダイブ禁止はどのライブでも主催側が自分たちの身を守るために掲げているだけなので、あまり真面目にとらえては駄目ですよ。
むしろ、前の方にいてダイブしている人が上に来たら「しょうがないなぁ、行ってこい!」ぐらいの気持ちで前に送ってあげてください。

ボーカルのTAKUMAもよく「色んな人がいるから、いろんな人にやさしくしような」と言っていますしね。
このようなパンク系の激しいバンドは、ライブ中にちょっとイラっとすることがあっても、あまり気にせずにしょうがないなぁ精神でいきましょう。

10-FEETおすすめグッズや待ち時間

10-FEETのグッズで必ず買っておきたいのは「タオル」です。
ライブが始まってSEがなった瞬間、タオルを掲げるのが若干定番化しているのと、「CHERRY BLOSSOM」で投げるためですね。
せっかくならそのバンドのタオル投げたいじゃないですか!

また、バンドのではないですが、彼らが主催するフェス「京都大作戦」のTシャツは、国内のパンク系が好きな人間からすごく羨ましがられるので、機会があれば手に入れることをお勧めします。
フェス会場でしか買えないですが。。。

10-FEET主催 京都大作戦の人気グッズ情報はこちら

テンフィの物販はフェスだと異常に混むのに、単独だとそんなに混まないんですよね。。
どうしてそんなことが起こるのか謎なのですが。。
フェスでしか観ない人が多いのですかね。

その為ライブハウスでの公演だったら、いつ行ってもそんなに並ばずにグッズは買うことが出来ると思います。
フェスで狙うなら結構早めにいかないとまずいかも?

まとめ

・曲をたくさん聴いて歌詞を何となくで良いので覚えるべし!
・演奏中はモッシュ・ダイブでフロアは大変なことに。体力がない人は後ろに下がろう。
・フロア内は熱気が凄いことになるので薄着推奨。
・タオル必須
・しょうがないなぁの精神が大事。
・京都大作戦のTシャツはブランド。
・物販はフェスだと混むけど、ライブハウスならそんなに混まないかも?

10-FEETのライブのお客さんは周りに気を遣うことのできる優しい人が多いので、とても居心地が良いです。
何かわからないことや困ったことがあったら周りの人がきっと助けてくれますよ!

人気記事
10-FEETのライブの雰囲気とは?
10-FEETイケてる人気曲
10-FEETアルバム5選
10-FEET意外な由来とは?

【人気投票】ライブで聴いてみたい10-FEETの曲は?

  • 選択肢を追加

※3票まで選択可。投票したい曲目がない場合は自由に追加してください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク