hide

hideの曲に込められた意味とは?心に響く歌詞ランキングトップ10!

X JAPANのメンバーでヴィジュアル系のトップを走り続けていたhide。
亡くなった今でもファンを増やし続け、伝説のロッカーとして語り継がれています。
当時「未来から来た」と言われていたほど、hideのセンスには未来的なものがありました。

そのhideの曲の魅力は、独特で聴き手の心に響く歌詞にあるのです。
そんなhideの心に響く歌詞を、ランキング発表してみたいと思います。


スポンサーリンク

hideの好きな歌詞ランキング:第10位~第4位

第10位.「ピンクスパイダー」

発売日:1998年05月13日
収録アルバム:Ja,Zoo
作詞: hide

「君は噓の糸張りめぐらし 小さな世界すべてだと思っていた」

hideの9枚目のシングル「ピンクスパイダー」は、多くのアーティストにカバーされてきました。
この一曲の中に繰り広げられるストーリーが、すごく詰まっていて数分の一曲に感じさせない厚みがあります。

考えれば考えるほど、深みがある曲なので歌詞の意味を考えながら聴いてみてください。


第9位.「Hi-Ho」

発売日:1996年12月18日
収録アルバム:PSYENCE
作詞:hide

「Hi-Ho 星降る夜 窓の四角に捕まえた詩」

こんな素敵な一行の歌詞を考えられる人、なかなかいませんよね!
この曲を一言でいうと「おもちゃ箱みたいな歌」です。

聴いていると、この曲にhideの世界を感じられる気がします。


第8位.「限界破裂」

限界破裂
hide
ロック
¥250

provided courtesy of iTunes

発売日:1992年09月02日
収録アルバム:PSYENCE
作詞:hide

「…そして君は僕のクスリになる」

2ndアルバムに収録された「限界破裂」。
歪んでいる、病的な愛の表現があるこの曲ですが、hideらしさを感じていいのではないでしょうか。

歌詞も曲調も良くて、聴けば聴くほどハマってしまうような曲ですよ。

スポンサーリンク

第7位.「EYES LOVE YOU」

発売日:1993年08月05日
収録アルバム:hide SINGLES ~Junk Story~
作詞:森雪之丞

「妄想(ゆめ)を裁く 法律などない」

hideにとって記念すべき1枚目のシングル曲です。
hideの中に溜まっていたモノが、吐き出されたような曲です。


第6位.「ROCKET DIVE」

発売日:1998年01月28日
収録アルバム:Ja,Zoo
作詞:hide

「何にもないってこと そりゃあ なんでもアリって事」

X JAPANが解散し、その直後にリリースされたシングル「ROCKET DIVE」。
この曲のメッセージやリリースのタイミングを知ると、hideのファン想いの性格が良く分かります。

またhideの大好きだったロッカー布袋寅泰さんにカバーされていて、最後に布袋寅泰さんからhideに向けたメッセージがまた感動します…


第5位.「TELL ME」

発売日:1994年03月24日
収録アルバム:hide SINGLES~Junk Story~
作詞:hide

「ほころびてる傷を埋めるのは 僕が僕で在り続けるため」

激しかったり独特なhideのイメージが強い曲ではなく、爽やかな春に聴きたくなるような曲です。
ポップな曲調なのですが、なぜか切ないような気持ちになります。

この曲を知らずしてhideを語れないと言わせるぐらい、名曲中の名曲です!

スポンサーリンク

第4位.「ever free」

発売日:1998年05月27日
収録アルバム:Ja,Zoo
作詞:hide

「デタラメと呼ばれた君の夢の 続きはまだ胸の中で震えてる」

曲名の「ever free」はhideによる造語ですが、この曲は「自由」がテーマに作られています。
hideほど自由が似合うアーティストはいない、と思わせるような曲です。


ベスト3

さて、hideの好きな歌詞ランキングはついにここからトップ3です!
どんな歌詞がランクインしているのでしょうか?


スポンサーリンク

スポンサーリンク