アレキサンドロス 初めてのライブの楽しみ方!気になる服装やマナーとは?

若いロックファンから多くの支持を集める[Alexandros](アレキサンドロス)。
この頃CMやドラマのタイアップが非常に多いので、それで知ったという人も少なくないでしょう。

中には
「今までライブというものに行ったことがないけど、[Alexandros]は曲がおしゃれだし、ボーカルの洋平さんがイケメンだからライブに行ってみたいな♡」
というお姉さんもいるのではないでしょうか。

正直に言いましょう。
座席のあるホールならまだしも、オールスタンディングのライブハウスで予備知識なくライブに行ったら痛い目にあうでしょう。
(そういう私もライブハウス初心者の頃は、色々と痛い思いをしてきました。。。)

でも大丈夫!!
ここでは、そんなライブハウス初心者の方が安心してアレキのライブに足を運べるように、ライブの楽しみ方や事前に知っておきたいマナー、服装、持ち物などなど徹底的に紹介していきます!


スポンサーリンク

[Alexandros]アレキサンドロス ライブの楽しみ方

ライブの楽しみ方はただ1つ!
それは音楽に身を任せて好きなように楽しむだけです!

楽しみ方はその場で飛んだり跳ねたりしたり、時にはじっくりとステージを観たり、モッシュやダイブといった激しいノリ方をする人もいます。
別にこうして楽しめといった決まりはないので、自分にあった楽しみ方を見つけて思う存分に楽しみましょう!

【必読】初めてのライブハウスで失敗しないための心得とは?

ただ、そのためには[Alexandros]の楽曲を知っていないと話になりません。。。
そこでここでは1stアルバムから順に、アルバムごとのライブ定番曲をピックアップしていきます。
知らない曲があったらおさえておくが吉!

『Where’s My Potato?』
For Freedom
She’s Very
Don’t Fuck With Yoohei Kawakami

『I Wanna Go To Hawaii』
Rocknrolla!
city
Cat,2
You’re So Sweet & I Love You

『Schwarzenegger』
Waitress, Waitress!
言え
Kill Me If You Can
Kids

『Me No Do Karate.』
Stimulator
Starrrrrrr
Kick & Spin

『ALXD』
ワタリドリ
Adventure
Dracula La
Run Away

『EXIST!』
ムーンソング
Kaiju
Girl A
Swan
NEW WALL

関連記事⇒[Alexandros]の人気アルバムおすすめランキング6選!

ここで上げた曲たちは、ほとんどYoutubeにPVがあるので、知らない曲があったらぜひとも聴いてみてください。
特に「Adventure」「You’re So Sweet & I Love You」は、曲の最後のほうに全員で合唱するパートがあるので要チェックです!

アルバム単位で聴くなら、やはりタイアップ曲の多い『ALXD』と『EXIST!』を抑えていくのが良いかも?

自分の好きな曲を見つけて、それをやってくれないかなーっと楽しみにするのもライブの楽しみ方の1つ。
好きな曲が始まった瞬間のなんとも言えない高揚感はすごいですよ!
鳥肌が止まりません。。。
ぜひその高揚感を味わってみてください!

[Alexandros]アレキサンドロス ライブに行く時の服装

基本的に、ソールドアウトのライブハウスとなると会場内は、身動きがとりにくいほどの人数が集まります。
まあ「満員電車の車内みたいな感じ」だと思ってもらえれば大体そんな感じです。。。

そんなぎゅうぎゅうな状態で、ライブ中はそれぞれ思うままに飛んだり、跳ねたり、叫んだりしているわけですからものすごく暑くなります。

それはもうサウナのような蒸し暑さです。。。
特に前のほうで観たい!という人は、ライブが始まった瞬間に前方に客が押し寄せてきて、終演までずっと押しつぶされるなんてことも。。
めちゃくちゃ辛いです。。

なので特に冬場ですが、コートやヒートテックは脱いで荷物と一緒にコインロッカー等に預け、ライブ中はTシャツにジーパン、靴はスニーカーといった身軽な格好をしていきましょう。

また汗だくになるので、着替えは絶対にあったほうがいいですね。
無いと終わった後、汗だくのTシャツを着たまま帰ることになります。。。風邪ひきます。。。

髪の長い女性は結んでいったほうが涼しくて良いですね。

また、女性の方で背が低いから高いヒールを履いていきたいという方もいるかもしれませんが、ライブハウスでのヒールというのは自身だけでなく、他人に怪我をさせてしまう恐れがあるので絶対にやめましょう。
あれものすごく痛いんで。

ただ、後ろで圧縮に巻き込まれずにゆっくり観たいのなら、好きな服装で良いと思いますよ。

スポンサーリンク

持ち物チェックリスト

チケット(必須)
ドリンクチャージ代(ライブハウスなら必須)
タオル
着替え

注意してほしいのがドリンクチャージ代です。
基本的にライブハウスというのは、飲食店として申請して営業をしているので入場時に必ず頂いています。

たまに飲み物いらないから払いたくないという人もいますが、払わないと絶対に入場できないです。
そのライブハウスのお客と認められないので。。。

大体のライブハウスのドリンクチャージ代500円ですが、まれに600円の所もあるので要注意です!
(私は500円だと思っていたら600円で、荷物を預けていた駅のコインロッカーまで走ってお金を取りに行ったことがあります。。。)

また、基本的にライブハウスは飲食物持ち込み禁止です。
ファミレスに行って、自分が持ち込んだお酒やお弁当を食べていたらおかしいですよね?それと同じです。
だってライブハウスは飲食店なのですから。

入場時に、ドリンクチャージ代を払ってドリンクチケットをもらったと思うので、それを使って場内のバーカウンターでドリンクを引き換えましょう。
もちろん現金でも購入できますよ。

気をつけたいライブ中のマナー

不特定多数の人々が集まるライブハウスでは、マナーを守ることは非常に重要です。
ただ、ライブハウスのマナーと言われてもよくわからないという人も多いでしょう。

でも簡単です。
最低限以下の2つの事柄について守ってくれれば、あとは何しても大丈夫です。

それは

他人に迷惑をかけない

犯罪行為をしない

これだけです。簡単でしょ?

犯罪行為は論外ですね。
痴漢やスリなんかはよく話を聞くので絶対にダメです。
もし見つけたら場内のスタッフに突き出しましょう。

他人に迷惑をかけないというのも、詳しくこれと説明するのは難しいですが、少なくとも自分がやられて嫌なことはやらない。
もしやってしまったら素直に謝るといった具合でしょうか。
まあ人として当たり前のことですね。

またライブ中の写真撮影、録音録画は基本的にNGです。
もし場内アナウンスなどで許可が下りれば撮っても構いませんが、そうでないなら絶対にやめましょう。
ライブは自分の目に焼き付けましょう。

スポンサーリンク

おすすめグッズや待ち時間

バンドのTシャツって結構ダサいものが多いですよね、、、
でも[Alexandros]のTシャツはオシャレなものが多いので、普段着としても十分に使えます。

オシャレ女子でも、抵抗なく着ることが出来るのではないのでしょうか。
ツアー限定のTシャツもあるので、ライブに行く際は公式HPなどで販売するグッズを確認しておきましょう。

もし、「あ、これかわいい!欲しい!」というものを見つけたら、オープン前に行われる先行物販を狙うべきです。

特に「ツアーファイナル限定グッズ!」とかの場合は先行物販で売り切れてしまうことが多いので、確実に欲しいなら先行物販から並びましょう。
ライブハウスの規模なら長くても1時間ぐらいで買えると思います。

特別欲しいものはないけど、「なんか欲しいなー」というのんびり屋さんなあなたは開演直前、もしくは終演後のほうが空いているのでそこが狙い目ですね。
運が良ければ待ち時間0なんてことも。。。

まとめ

自分が一番楽しめる楽しみ方を見つける
シンガロングパートのある曲は要チェック!
前の方に行くならTシャツ、ジーパン、スニーカー
ヒールはダメ!ゼッタイ!
他人に迷惑をかけない
犯罪行為はしない
絶対欲しいグッツがあるなら先行物販へ
開演直前、終演後の物販は空いているので狙い目

いかがでしたでしょうか?
以上の点を踏まえて[Alexandros]のライブを思う存分に楽しみましょう!!!

関連記事
【必読】初めてのライブハウスで失敗しないための心得とは?

[Alexandros] の特別インタビューが音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」にて配信!
6,500万曲が聴き放題のAmazon Music Unlimitedが30日間無料で試してみよう!
今すぐ登録 詳細

人気記事
【セトリ】[Alexandros] Sleepless in Japan Tour 2018-2019 セットリストまとめ9
[Alexandros]のおすすめ人気曲ランキングベスト10の結果!
[Alexandros]の人気アルバムおすすめランキングベスト6!
[Alexandros]のライブを10倍楽しむ!初めてのライブ参戦の服装・持ち物・マナーはこれでOK!
[Alexandros]の人気曲を結婚式や余興で使いたい!おすすめBGM特集!


スポンサーリンク

スポンサーリンク