【大注目】藤井風の意外な経歴・プロフィール・おすすめカバー曲を紹介する


武道館のライブを成功させたり、テレビ番組で取り上げられたりと最近は引っ張りだこで大注目のアーティスト藤井風。
彼は、動画サイトYoutube発のソロアーティストとして今最も注目を集めるアーティストのひとりです。

12歳の時からYoutubeでピアノ動画を上げ続け、アニメソングから歌謡曲、洋楽まで幅広いジャンルの弾き語りを披露し、日本国内だけでなく海外からも視聴者を集めています。

今となってはメジャーデビューし多くのファンを獲得して魅了し続けています。
音楽的魅力だけでなく動画やライブでのパフォーマンスや彼が持つ独特な雰囲気など、沢山の魅力の持ち主です。
そんな彼の経歴や素顔に迫ってみたいと思います。

藤井風について

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fujii Kaze(@fujiikaze)がシェアした投稿

名前:藤井風 (ふじいかぜ)
本名:同上
担当:ピアノ、ボーカル
生年月日:1997年6月14日
血液型:B型
出身地:岡山県

経歴

○1997年6月14日に岡山県で生まれる
4人兄弟の末っ子として生まれ、喫茶店を営む父から音楽を教わります。
楽器の演奏経験はない父ですが、自らも勉強し音楽教育だけでなく、英語も教えていたそうです。
ポップスからジャズ、演歌にクラシックまで幅広い音楽を聴いて耳を養うことができたのは、父に偏った知識がなかったのも大きいかもしれませんね。

○2009年(12歳)Youtubeにピアノカバー動画をアップ
父から「これからはYoutubeの時代」と言われ、実家の喫茶店で撮影、その後様々なカバー動画を投稿し続けます。
総再生回数は3000万回を超えるなど、着実に日本国内のみならず世界中の視聴者からの人気を集めます。

○2020年1月(22歳)「何なんw」を発売しメジャーデビュー
・Spotifyが今年躍進を期待するアーティスト「Early Noise 2020」に選出
・YouTubeが界各地で定期的に実施するキャンペーン「Artist On The Rise」に日本人  アーティストとして初選出
・「MTV VMAJ 2020」にて、「Best R&B Video(最優秀R&Bビデオ賞)」を受賞
・「2020 Mnet ASIA MUSIC AWARDS」にて、「Best New Asian Artist Japan」を受賞

○2020年5月に1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』を発売
・Billboard JAPAN総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で総合首位を獲得

○2020年10月29日、自身初の日本武道館公演を開催

おすすめのカバー動画

藤井風を語る上で欠かせないのが、小学校を卒業した頃からアップしているYoutube動画です。
最初はピアノカバーという形でピアノ演奏のみというパターンでした。
その後ピアノ弾き語りという形で多数の楽曲のカバー動画を披露しています。

最大の魅力は、パワフルなピアノ演奏と独創的なコードアレンジ、そして楽曲にまつわる演出などの遊び心でしょうか!(最大といいながら3つも挙げてしまいましたw)

ここで、藤井風のカバー動画でおすすめの動画をご紹介します!

①本能(椎名林檎の楽曲)

椎名林檎や東京事変の楽曲はたくさんカバーされており、世界観がバッチリでカッコいいです!

②アダルトちびまる子さん(おどるポンポコリン)

これは、最初見た時衝撃でした!
おどるポンポコリンをこんなにカッコよくアレンジできるんだと驚きました!
ビジュアルとのギャップがたまらなくかっこいいです!

③How Deep Is Your Love – Bee gees

個人的に好きな楽曲なので挙げさせていただきました。
楽曲の雰囲気と映像の雰囲気、藤井風の雰囲気が見事にマッチしています。
そこまでアレンジが激しいわけではなく、原曲よりなのですが、演奏のクオリティと映像のいい意味での古臭さが相まって最高にかっこいいです。

個人的な意見ですが、やはり藤井風はブラックミュージックが合うというか、そこからの影響が大きいように思えます。
アレンジにしてもジャズっぽいアレンジが多いと思います!

今回は3曲だけでしたが、他の動画もすべて素晴らしいクオリティなのでぜひ聴いていただきたいです!

スポンサーリンク

藤井風オリジナル曲の魅力

2018年の夏ごろよりYoutubeでの注目度が急激に増したことにより、音楽関係者からも声が掛かるようになった藤井風。
その後、現在のマネージャーやプロデューサーと出会ったことで、自身の望みでもあったオリジナル曲の発表に踏み出すことができます。

2020年1月に「何なんw」2月には「もうええわ」、その後も続けてシングルをリリースします。
さらに3月にはデビューアルバムのリリースも発表します。

1stアルバム「HELP EVER HURT NEVER」の魅力

アルバムのタイトル「HELP EVER HURT NEVER」は、「常に助け決して傷つけない」という意味で、父が藤井風によく言い聞かせていた言葉だそうです。
本人もその言葉に「すべてが集約している」と語っています。

結論から言って、このアルバムは最高です。
聞けば聞くほどにいいアルバムです!

Youtube動画で様々なジャンルの曲を披露した藤井風が、オリジナル曲でも様々なジャンルや方向性、世界観を音楽で表現していることにとても圧倒されましたし、なんか嬉しかったです!笑

カバー動画での表現力がずば抜けていることはわかっていたのですが、それを超えるオリジナルの魅力がギッシリと詰まっています。
R&B、ヒップホップ、歌謡曲などに加えてロック、ジャズ、ラテン系など多彩な色が含まれていて、勝手にジャズやR&Bをルーツだと思っていた私は、このアルバムを聴いた瞬間に、「あ、この人は何者でもない、藤井風さんなんだ。」と気付かされました。

歌詞も岡山弁なのですが、メロディとの調和が気持ち良い違和感を生んでいて、スッと入ってきます。
色んな感情や捉え方のできるアルバムで、藤井風の生き方や生き様がとても反映されている魅力的なアルバムですので、ぜひ聞いてみてください!

作詞について

藤井風の楽曲は、ほぼ全てが岡山弁で作詞されています。
それはおそらく、自身の出身地である岡山に対する誇りと、自身の言葉で伝えたいという藤井風の気持ちの表れだと思います。

独特な岡山弁のため、普通であれば歌ったとしても違和感だけが残ると思うのですが、藤井風が歌うことによりなぜか耳にスッと入ってきます。

癖のある岡山弁で色んなジャンルの楽曲にマッチした作詞をすることはとても簡単なことではないと思うのですが、そういった部分にも藤井風の類稀な才能を感じさせられます・・・。

藤井風が影響を受けた人物とは

様々なアーティストからの影響

音楽面では、本当に様々アーティストから影響を受けていると思います。
カバー動画を見る限り、ブラックミュージックなどの昔の洋楽に影響を受けている印象が強いのですが、それだけでなく、ロックや歌謡曲、演歌など様々なジャンルの楽曲のカバーを披露しており、本当に色んなジャンルから影響を受けていることがわかります。

どの動画を見ても、とても良く原曲を聴いているのがわかりますし、原曲への敬意やアーティストへの敬意をとても感じることができます。

父からの影響

先述の通り、父からの影響で音楽を始めたり父の言葉をアルバムのタイトルにしたりと父からの影響を沢山受けていることがわかります。

また、音楽的な部分だけでなく、人としての在り方も父からの影響が強いのだと思います。
藤井風のインタビュー動画などを見るとわかるのですが、音楽の才能以上に生きることに対しての考え方や、自分自身がどう在るか、みたいな「心」の部分がすごく研ぎ澄まされており、そこが藤井風の最大の魅力だと思います。

父からの言葉や優しさなどに触れて育まれてきたのでしょう。
完全に私の予想ですが、どんなアーティストよりも父のことを尊敬しているのではないかなと、勝手に想像しております笑

藤井風とこれから

さて、藤井風についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

私は、シングルもアルバム曲もすべて聴いたのですが、歌声のカッコよさや独特な岡山なまりの歌詞とイントネーション、そして秀逸なメロディーに考えられないほどオシャレなコード進行。

どこをとっても想像を遥かに超えてきて、「あのカバー動画を歌ってたひとはまだこんなことができるのか!?」と新曲を聞くたびに驚くばかりです。

私が初めて藤井風と出会ったのは、Youtubeでエルトン・ジョンのYour Songのカバー動画を見たのがきっかけです。

音質も画質も決して良くはなく、思いつきでスマホで撮ったようなクオリティで、他のカバー動画を配信している方と比べると動画としての質はとても拙い印象でした。
ただそれでも、他のカバー動画配信者の誰よりも惹き込まれる演奏と歌声、そして出で立ちや歌い姿に感銘を受けました。

カッコよすぎて、私も電子ピアノを買って練習してました。笑

そして、シングルを発売し、初めて彼の話姿を見たときに、その話し方や言葉の選び方、仕草などとても魅力的に感じました。
それは音楽的なセンスだけでなく、平和や優しさ、人としての心、すべてが美しいと感じたからだと思います。

そんなアーティストとしても、人間としても素晴らしい藤井風は今後も私達の想像を超えてくれると信じています!
皆様も是非聴いてみてください!


スポンサーリンク
スポンサーリンク