夏フェスの汗対策におすすめ★インナーシャツ選び方の3つのポイント


スポンサーリンク

あなたは夏の野外フェスに行ったことありますか?
行ったことがある人は、あの暑さを知っていますよね。ホントにあの暑さは地獄(笑)

フェス自体はホントに楽しいんですけどね♡

ほとんどの人がTシャツを着ると思うのですが、インナーを着ないという人もいます。
私も以前は、Tシャツ1枚でフェスに参加していました。

途中から友達にすすめられてインナーシャツを着てみたところ、それまでより断然快適に過ごせるようになったんです‼‼
目から鱗とはこのことですね(笑)

そこで、今回はフェスでのインナー選びのポイント・おすすめシャツについてお話ししていきます。

なぜ?フェスでインナーを着た方がいいわけとは?!

上記でもお話しした通り、フェスではTシャツの下にインナーを着ると快適に過ごせます。
メリットは次のとおりです。

  • 汗をインナーが吸収してくれるので、Tシャツがベタつかない
  • 汗が冷えて風邪を引く心配が無くなる
  • 女性は着替えが簡単になる

Tシャツ1枚だと汗がそのままTシャツについてしまいベタベタになってしまいます。
しかし、インナーを着ていれば汗を吸収してくれるので、Tシャツがベタベタになってしまう心配はありません。

又、夕方になると日も落ちてきて涼しくなるフェスもあります。
そんな中、汗をかいたTシャツ1枚では冷えて風邪をひいてしまうので、注意してください。

そして、特に女性はインナーを着ていれば、もしTシャツを着替えたい時にテントの中など簡易的なところで着替えることが出来ます‼

フェス会場(特に野外)は、着替えのスペースを確保しているところが少ないので、女性は特に着替えに困ることがあります。
下着だと外で着替えるのは難しいですよね。。。

なので、インナーを着ていれば汗対策にもなりますし、風邪をひいてしまう心配もなく、着替えもササッと楽々です‼

夏フェスの汗対策におすすめ★インナーシャツ選び方の3つのポイント

ここからは、インナーを選ぶときのポイントについてお話ししていきます。
選ぶポイントは3つあります。

通気性の良いもの

まず1つ目は、通気性の良いものを選ぶと良いと思います。

フェスの日差しは本当に強いので、Tシャツ1枚でも暑いのに2枚も着るの?と思う人もいると思います。
なるべく通気性の良い物の方が快適に過ごすことができます。

接触冷感のもの

2つ目は、接触冷感のものを選ぶといいと思います。

とにかく、フェスは暑いので少しでも冷感素材の方が体感的に違います。
なので、なるべく接触冷感のものの方が良いと思いました。

吸汗速乾のもの

3つ目は、吸汗速乾のものを選ぶ方がいいと思います。
大量に汗をかく夏場はインナーが湿っていると、やはり不快で気持ち悪いですよね。

そこで重要なのは、汗や湿気を吸い取り素早く蒸発させる吸汗速乾性という機能です。
ぜひ、買う前に表示を確認してみて下さい‼

以上、3点がインナーシャツを選ぶときのポイントになります。

スポンサーリンク

これで快適★おすすめインナーシャツはこちら!

ここまで、選ぶポイントについてお話ししてきました・
ここからは3つのポイントを抑えた私のおすすめするインナーを紹介していきます。

UNIQLO エアリズム

UNIQLO

まず1つ目は、UNIQLOのエアリズムです。

【特徴】
・選択を繰り返しても品質キープ
・汗をかいてもベタつかずサラサラ快適
・インナーが見えにくいライン

夏用のインナーとして知名度も高いですよね!
汗をかいてもサラッと着こなせて、快適に過ごすことが出来ます。

接触冷感、通気性の他に消臭効果もあるので、嬉しいですね。

asics(アシックス) インナー

「汗冷え軽減」「べとつき防止」のCARATを採用したインナーが登場!袋状の編み構造により、生地の間に空気を溜め込み温かい…

次に紹介する商品は、asics(アシックス)です。

【特徴】
・ベトつき防止のCARATを採用
・発汗による冷えを防止
・吸収した汗が肌に密着しにくく快適

接触冷感素材に加えて、汗などの水分によって反応して吸熱反応を起こす涼感プリントが体をクールダウンしてくれます。

ストレッチも効いているので、動きやすい素材になっています。
工事現場などでも使われることが多いので、使いやすそうですよね‼

BURTLE(バートル)クールフィッテッド

3つ目は、長袖のこちらのインナーです。

【特徴】
・スーパーストレッチ素材で動きやすい
・吸汗速乾加工で衣服内がサラサラ
・脇の通気性がよく消臭テープ付きで臭い対策も万全

長袖だと暑くないの?と思う人もいると思いますが、焼けたくないという人にはおすすめです。

3つのポイントも押さえているので、使いやすいと思います♪
カラーも沢山あるので選びやすいですね。

以上が私のおすすめするインナーです。
お気に入りは見つかりましたか??

まとめ

ここまで、インナーについてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

まとめると

  • 通気性の良い物
  • 接触冷感
  • 吸汗速乾

の3つのポイントを押さえて購入することをおすすめします。

タンクトップのインナーでも使いやすいですが、フェスで焼けたくない人は長袖のインナーを着ている人もよく見ますので、お好みで選ぶといいと思います☆

お気に入りのインナーを見つけて、快適なフェスを楽しんでくださいね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました‼


スポンサーリンク

ライブ遠征なら格安バス・格安航空券・格安レンタカーを予約

大手からLCCまでの価格を瞬時に比較して最もお得な格安航空券が予約できるため、遠征費を節約したい方におすすめです。

  • エアトリ:格安航空券・LCC(国内線)の最安値を探す
  • skyticket:片道から購入可能な格安航空券の比較サイト
  • スカイツアーズ:ANA・全日空の飛行機+ホテルが予約できる格安ツアー

※多数のライブ遠征の際の費用や節約する方法については、以下の記事にまとめいますのでぜひ参照してください。
【ジャニオタ・ドルオタ必見】格安でライブ遠征するために損しない心得

チケットの抽選に落選し一般発売でも入手できなかった場合
まずは、公式サイトにて定価トレードの申し込みができるか確認してみてください。
それでも入手できない場合は、最後の手段として「チケット売買サイト」を利用してみましょう。

定価以上での取引があるため
それなりにお金を出しても良いという場合は、以下のサイトで取扱いがあるかもしれません。

【注意点】
公演によっては、転売チケットでの入場が拒否されることがありますので、事前に公式サイトで確認してください。
キャパが十分あるにも関わらず、転売屋がチケットを確保しすぎてしまったケースでは定価で購入できることもあります。
定価で入手できるなら行けるという場合は、諦めずに公演日ギリギリまで上記サイトをチェックしてみましょう。
急な用事で行けなくなった転売目的でない人が、良心的な価格で出品してくれることもあります。

当サイトはチケット転売を推進する意図はありません。
ライブに行きたかった人とやむを得ず行けなくなった人がマッチングしてくれたら良いと願っています。

スポンサーリンク