野外フェスでのサンダル選びの注意点とは?おすすめはコレ‼【メンズ・レディース】

夏になったら、毎年フェスに行く!という人も多いですね。
私も、その内の一人です(笑)

フェスに行くとなると、服装や持ち物など準備が大変です‼
そして、意外と忘れがちなのが履いて行くものだと思います。

朝、玄関にいってからバタバタした経験が私にもあります。。。
前日までは、準備が完璧だと思っていたんですけどね(笑)

スニーカー、一択‼という人もいると思いますが、夏フェスは暑いからサンダルにしたいという人もいます。
もし、サンダルを履いて行くなら、どんなものがいいのか選ぶポイントや注意点についてお話ししていきます‼


スポンサーリンク

フェスに行く時のサンダルを選ぶ3つのポイント!

サンダルを履いてフェスに行きたいけど、どんなサンダルがいいか分からないという人もいると思います。

ここからは、注意点を含めたサンダルを選ぶポイントをお伝えしていきます。
主なポイントは、3つあります‼

  • ヒールのないもの
  • 足首が固定されるもの
  • クッション性が高いもの

順に説明していきます。

ヒールのないもの

まず、1つ目はヒールのないものにしてください。
これはポイントというか注意点・マナーですね。

フェスでは、会場に人がかなり密集しています。特にアーティストの演奏中は、人と人との距離がかなり近いです。近すぎてぶつかってしまうことも、しばしば…。

そんな中、近くにヒールを履いている人がいたら、誰かの足を踏んで骨折させてしまったなんていうトラブルになりかねません。

又、履いていた人も会場を行ったりきたりしますので、足をくじいてしまう危険性もあります。
せっかくの楽しいフェスなんですから、最後まで楽しみたいですよね。

なので、危ないので絶対ヒールのサンダルはNGです‼

足首が固定されるもの

2つ目は、かかとがあるサンダルで尚且つ足首が固定されるものを選びましょう。

最近は、スポッと履けるかかとがないサンダルがあります。普段履いている分には、使いやすいのですが、やはりフェスとなると違います。

演奏中は、アーティストの曲を聴いてジャンプしたり、手を上げたりします。
そんな中で、足を踏まれてしまうこともしょっちゅうです‼

もし、そんな時かかとのないサンダルを履いていた場合、脱げてしまい最悪見つからないことも…。。。
なので、履いて行くのはかかとのあるサンダルにしましょう。

クッション性が高いもの

3つ目に、クッション性が高いサンダルにしましょう。

フェスは、1日中歩き回ったり、ジャンプしたりかなり体力を使います。
足が痛くなることも、よくあります。
会場と会場の間が遠くて、沢山歩きまわることもしょっちゅうです。

なので、出来るだけ足の負担にならないように、履いた時に疲れないようなクッション性の高いものをおすすめします。
クッションが衝撃を吸収してくれるので、フェスが終わった後の疲れ方が全然違います。

この3つのポイントに注意して探せば、フェスに履いていける快適なサンダルを見つけられると思います。

もし、サンダルは踏まれたりして危ないのでスニーカーにしようと思った人は、以下のリンクを参考にしてみてください。
夏フェスに履いて行くおすすめスニーカー、迷ったらこれを履こう‼

スポンサーリンク

これを買えば間違いない‼おすすめサンダルとは?【メンズ・レディース】

上記のポイントの3つを基におすすめのサンダルを探してみました。

特におすすめなのは、アウトドアサンダルです。しっかりしたものが多く、もし踏まれても脱げにくいと思います。
また、スニーカーよりも蒸れにくいので、快適に過ごすことが出来ると思います。

KEEN(キーン)というブランドは、よくフェスに行った時に履いている人を見かけます。
ブランドなので、少しお高いですが使いやすさは抜群です。
また、色や柄もいくつか種類がありますので、ぜひお気に入りを見つけてください。

ブランドは、高いからちょっと…。履き心地の良いコスパの良いサンダルが良い‼と思った人もいますよね。

お手頃な価格で買いたいという人におすすめなのが、こちらの商品です。

こちらの商品は少し、足の皮膚が見える範囲が大きいので、踏まれて怪我をしないように気をつけてください‼

こちらがレディースの商品です。

柄も色も沢山あるので、着ていく洋服に合わせてもオシャレです‼
是非、試してみて下さいね。

もし、足を踏まれて怪我をしたらどうしよう…という不安がある人には、こちらのお手頃な価格の商品がおすすめです。

こちらの商品は、速乾性がありますので、突然雨が降って濡れてしまってもすぐ乾くので安心ですね。
オシャレなサンダルなので、普段着と一緒に使ってもあまり問題なさそうです‼

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?
以上が、私のおすすめのフェスへ行く時のおすすめサンダルになります。

意外と色も柄も種類が豊富で可愛いものばかりなので、オシャレに履いて行くことが出来ますね。

サンダルを選ぶポイントとしては

  • ヒールがないもの
  • かかとのあるもの尚且つ足首が固定されるもの
  • クッション性が良いもの

の3つを参考にしてください‼

もちろん、サイズも大切ですので自分に合ったものを使ってください。
お気に入りのサンダルを見つけて夏フェスをぜひ快適に過ごしてくださいね‼

もしも、踏まれて怪我をしてしまうかもしれないというのが不安な人は、サンダルではなくスニーカーも一度見てみてください‼
サンダルとは違って、皮膚が見える部分がないので、怪我の防止にはなりますよ。

最後まで、読んでくれてありがとうございました。

関連記事フェスに履いて行くおすすめスニーカー、迷ったらこれを履こう‼


スポンサーリンク

ライブ遠征なら格安バス・格安航空券・格安レンタカーを予約

大手からLCCまでの価格を瞬時に比較して最もお得な格安航空券が予約できるため、遠征費を節約したい方におすすめです。
【skyticket】格安航空券・夜行バス・レンタカーを最安値で予約する

※多数のライブ遠征の際の費用や節約する方法については、以下の記事にまとめいますのでぜひ参照してください。
【ジャニオタ・ドルオタ必見】格安でライブ遠征するために損しない心得

チケットの抽選に落選し一般発売でも入手できなかった場合
まずは、公式サイトにて定価トレードの申し込みができるか確認してみてください。
それでも入手できない場合は、最後の手段として「チケット売買サイト」を利用してみましょう。

定価以上での取引があるため
それなりにお金を出しても良いという場合は、以下のサイトで取扱いがあるかもしれません。
チケットストリートでリクエストする
viagogoで入手する
メルカリで探す

【注意点】
公演によっては、転売チケットでの入場が拒否されることがありますので、事前に公式サイトで確認してください。
キャパが十分あるにも関わらず、転売屋がチケットを確保しすぎてしまったケースでは定価で購入できることもあります。
定価で入手できるなら行けるという場合は、諦めずに公演日ギリギリまで上記サイトをチェックしてみましょう。
急な用事で行けなくなった転売目的でない人が、良心的な価格で出品してくれることもあります。

当サイトはチケット転売を推進する意図はありません。
ライブに行きたかった人とやむを得ず行けなくなった人がマッチングしてくれたら良いと願っています。

スポンサーリンク