夏フェス・野外ライブの必需品!私が試した暑さ対策10選【熱中症にならないために】

最近、夏フェスも増えてきましたね!「夏と言えばフェスに行かないと始まらない!」という人も多くいると思います。

実は、私もフェスは毎年行っています
夏フェスは、何回行ってもとても楽しいのですが…なんと言っても暑い‼暑すぎます‼

30度超えの気温が続く中の夏フェスは、本当に大変ですよね。
私も暑さ対策には、かなり苦労しました。。。

暑すぎて熱中症になったら、フェスは楽しめなくなってしまうし、もし誰かと一緒に行っていたら周りにも迷惑をかけてしまいます。

そこで、私が実際に試した熱中症にならないための夏フェス暑さ対策法について紹介します。


スポンサーリンク

夏フェス・野外ライブの必需品!私が試した熱中症・暑さ対策10選

帽子・フード付きタオル

私は初めてフェスに行った時、帽子を被っていませんでした。
フェスが終わった後に、後悔したのは言うまでもありません。。。

頭皮は焼けてヒリヒリするし、髪は焼けて傷んでいました。
そこで、私が買って良かったと思った帽子とフード付きタオルについて紹介します。

まず、買って良かった帽子は通気性のいいUV機能の付いた帽子です‼夏フェスでは、思ったよりも汗をかくのでなるべく通気性がいいと、被っていられる時間も長くなります。
熱がこもらない物を選ぶと良いと思います。

次に使って良かったのは、フード付きタオルです。
帽子だと首の後ろに日焼け止めを塗り忘れてしまったり、タオルを首にかけ忘れたりして首の日焼けをしてしまい、お風呂が辛かったことがあります。

フード付きタオルは、フードで頭を覆えて、首の後ろの日焼けや熱中症を防げます。
又、タオルとしても使えるのでとても便利です。
アーティストグッツとしても売っていることが多いので、現地でも購入しやすいと思います。

冷感インナー

夏フェスは、暑いからTシャツ1枚で行けばいいや!と思う人もいると思います。
しかし、逆にTシャツ1枚だと汗をかなりかくのでベタベタして、快適とは言えません。

そこで、おすすめなのは中に1枚タンクトップやキャミソールを着ることです。
そうすることで、汗を吸い込んでくれて汗でベタベタするのが少し違って快適に過ごせます。

中でも、触ると冷たい冷感インナーを着ると良いと思います。
通気性も良く着心地がとても良いので、おすすめです。

スポーツタオル

夏フェスでは、汗をかくのでタオルが必須です。
好きなアーティストのタオルも魅力的ですが、熱中症対策としては冷却スポーツタオルがおすすめです。

このタオルは、水で濡らすと冷たくなって首に巻いているだけで熱中症対策になります。
乾いてしまってもまた濡らせば冷たくなるので、何回も使えて便利です。

水で濡らしてから、少し振るとより冷たくなりますので、試してみて下さい。
暑いフェスには、もってこいのアイテムだと思います‼

熱中症対策の飲み物

夏フェスに行くと、毎回大量の飲み物を消費しますよね。
こまめに水分を摂ることで、暑さ対策にも熱中症対策にもなります。

しかし、水だけでは熱中症になる危険性があります。
私は、水だけを飲んでいて何度か失敗したことがあります。。。

熱中症にならない為には、水分補給の他に「塩分の補給」が必要です。
汗をかくと水分と一緒に塩分も体から出ていってしまいます。

失われた水分と塩分をスムーズに補給出来る飲み物がおすすめです。
厚生労働省でも食塩相当量が0.1g~0.2g(100ml以上)の飲み物を推奨しています。

熱中症にならずに好きなアーティストを楽しく見ることが出来るようにしましょう。

冷却スプレー

暑さ対策として、冷却スプレーも有効です。
冷却スプレーなら、もし暑さ対策が大変だからやりたくないという人でも、スプレーするだけなので簡単ですぐに対策することが出来ます。
冷却スプレーも種類があって、体にかける用やシャツやタオルにかけて冷やす用等、さまざまです。

私は、色々使ってみましたが体にかける用だとより暑さ対策になると思いました。ぜひ、使ってみてください‼

スポンサーリンク

野外にも持ち運びできる携帯扇風機

最近、街中で携帯扇風機を使う人も多く見られるようになりました。
ちなみに私も今年の夏は暑すぎて買ってフェスで使ってみました‼使ってみると、待ち時間が長くてもとても快適に過ごせました。

形もさまざまで、持って使えるものや首にかけて使うもの等使いやすさも考えた方がいいと思います。
ちなみに携帯扇風機は、物によっては音が気になる場合もありますので、出来るだけ静かな物を選ぶことをおすすめします。

瞬間冷却剤

夏フェスで「もう半分熱中症かもしれない…。」「水分を摂っていたけれど、体調が悪くなってきた…。」なんて経験がある人もいると思います。
私も夏フェスでは、毎年体調が悪くなっていた一人です。。。

そんな緊急の時に、すぐに使えるのは瞬間冷却剤です‼
なんと、使う時に袋を叩くだけなので簡単です。

瞬間的に冷たくなるので、首の後ろを冷やしたり、おでこを冷やしたり出来て便利だと思いました。
状況によって冷えている時間が短い時もありますが、すぐに体を冷やしたい時に便利なので、熱中症になりやすい人は常備しておくことをおすすめします。

冷却タイプの汗ふきシート

夏フェスでは、汗を沢山かきます。
汗を拭くときのシートも冷却タイプの物を使えば、汗も拭けるし拭いた後に体も涼しく感じるので、とてもおすすめです。

私が使って良かったと思ったのは、男性用の汗ふきシートです。
もし女性が使う場合でも、男性用の汗ふきシートだと女性用よりもより冷たく感じるのでぜひ試しに使ってみて下さい。快適に過ごすことが出来ますよ‼

ひんやり熱冷まシート

熱が出た時も使う熱冷まシートですが、フェスでも使えます‼おでこや首の後ろに貼ると、火照った体を冷ますことが出来るので、おすすめです。
特にクーラーボックス等を持って行った時には、中に入れて冷やして使ってください。
アーティストを見に行って、休憩の時に貼るだけでもかなり暑さ対策になります。

塩分補給用のタブレット

熱中症対策には、塩分補給用のタブレットもおすすめします。
以前、私は夏フェスで水分を沢山摂っていても熱中症にかかりました。。。

後から、塩分が足りなかったのではないかと思い、次のフェスではタブレットを持つようにしたところ、熱中症も軽減されました‼
小さいのでかさばらないし、ポケットに1つ常備しておくことをおすすめしています。

スポンサーリンク

まとめ

初めてのフェスの人はもちろん、何回かフェスに行ったことがある人も熱中症だけは怖いですよね。
せっかくお目当てのアーティストがいるのに、体調を崩して全く見れなかった…なんてことになってしまったら悲しいです。
しかし、対策をすれば暑さなんて怖くありません。

対策をすると、とても快適に過ごせますので、是非参考にしてください‼

まとめると、暑さ対策グッズとして
①帽子は通気性のいいUV機能の付いた帽子かフード付きタオル
②Tシャツの中には冷たい冷感インナー
③水で濡らすと冷える冷却スポーツタオル
④塩分が入っている飲み物
⑤冷却スプレー
⑥携帯扇風機
⑦瞬間冷却剤
⑧冷却タイプの汗ふきシート
⑨熱冷まシート
⑩塩分タブレット

この10個が私のおすすめです!
もうこれで、夏フェスの熱中症・暑さ対策は万全です。
暑さに負けずにフェスを楽しむ事が出来ますよ‼

ただし、体調が悪くなったら無理をせず、休んで下さいね。


スポンサーリンク

ライブ遠征なら格安バス・格安航空券・格安レンタカーを予約

大手からLCCまでの価格を瞬時に比較して最もお得な格安航空券が予約できるため、遠征費を節約したい方におすすめです。

  • エアトリ:格安航空券・LCC(国内線)の最安値を探す
  • skyticket:片道から購入可能な格安航空券の比較サイト
  • スカイツアーズ:ANA・全日空の飛行機+ホテルが予約できる格安ツアー

※多数のライブ遠征の際の費用や節約する方法については、以下の記事にまとめいますのでぜひ参照してください。
【ジャニオタ・ドルオタ必見】格安でライブ遠征するために損しない心得

チケットの抽選に落選し一般発売でも入手できなかった場合
まずは、公式サイトにて定価トレードの申し込みができるか確認してみてください。
それでも入手できない場合は、最後の手段として「チケット売買サイト」を利用してみましょう。

定価以上での取引があるため
それなりにお金を出しても良いという場合は、以下のサイトで取扱いがあるかもしれません。

【注意点】
公演によっては、転売チケットでの入場が拒否されることがありますので、事前に公式サイトで確認してください。
キャパが十分あるにも関わらず、転売屋がチケットを確保しすぎてしまったケースでは定価で購入できることもあります。
定価で入手できるなら行けるという場合は、諦めずに公演日ギリギリまで上記サイトをチェックしてみましょう。
急な用事で行けなくなった転売目的でない人が、良心的な価格で出品してくれることもあります。

当サイトはチケット転売を推進する意図はありません。
ライブに行きたかった人とやむを得ず行けなくなった人がマッチングしてくれたら良いと願っています。

スポンサーリンク