人生を歌った泣ける・深い歌詞に共感する曲ランキングBest30!

LINEで送る
Pocket



泣ける歌 人生編ランキングベスト30!:第20位~第11位

スポンサーリンク

20位「A Song for ××」/ 浜崎あゆみ(1999年)

A Song for ××
浜崎あゆみ
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

“いつも強い子だねって言われ続けてた
 泣かないで偉いねって褒められたりしていたよ
 そんな風に周りが言えば言う程に
 笑うことさえ苦痛になってた”

浜崎あゆみさんの1stアルバム収録曲。
この曲を初めて聴いたとき、この歌詞に衝撃を受けました。

私が聴いたのは、2001年に発売されたベストアルバム『A BEST』のリミックス・バージョンで、このアルバムで初めて浜崎あゆみさんの曲をちゃんと聴いたのですが、中でもこの『A Song for ××』は、浜崎あゆみさんがなんでこれだけ自分のような若い世代に支持されているのかがわかった曲でした。

1999年の曲ですが、今でもこんな思いをひとりで抱えている若い世代の方は多くいらっしゃると思いますし、共感できると思います!

19位「道しるべ」/ EXILE ATSUSHI(2013年)

道しるべ
EXILE ATSUSHI
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

“明日この身絶えても
 悔やまぬ
 生き方をする…”

ドキュメンタリー番組『LIFE IS BEAUTIFUL 3 〜小さないのちの詩〜』主題歌。

なにかにぶつかって悩んでいたり、「自分にはいったいいつになったら幸せがくるのだろう」という思いを抱えている方はぜひ一度聴いてみてください。
「1歩1歩が大切であり、いつかくる幸せに繋がっている」、そんな温かいメッセージに思わず涙があふれることでしょう。

18位「街」/ 堂本剛(2002年)

Youtube 歌詞検索

“このカラダまだ行けるさ
 ゲームはまだ終わっちゃいないさ”

堂本剛さんが主演を努めたドラマ『夢のカリフォルニア』主題歌で、自身のソロデビューシングル。
アイドルの自分と本当の自分の間で苦しんでいたときに作られた曲で、「アイドルが人生観を歌うなんて……」と上の人に反対されたというエピソードもある曲です。

傷ついたり悔しい思いをしたりしながら闘っている自分を慰め鼓舞するような歌詞、心の叫びをメロディーに乗せ歌う堂本剛さんの歌声に胸を打たれます。

スポンサーリンク

17位「遠く遠く」/ 槇原敬之(1992年)

遠く遠く
槇原敬之
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

“遠く遠く離れていても
 僕のことがわかるように
 力いっぱい 輝ける日を
 この街で迎えたい

 僕の夢をかなえる場所は
 この街と決めたから”

シングル化されていないにも関わらず、2度目のセルフカバーである『遠く遠く ’06ヴァージョン』はNTT東日本のCMに起用されるなど、槇原敬之さんの数ある名曲の中でも高い人を誇る曲。

故郷に住む友人を思い書かれた歌詞となっていて、故郷を離れ忙しい毎日を送る中、ちょっぴり挫けそうになったときなどにオススメの曲です。

「心配してくれる友だちに誇れるように、この街で頑張ろう!」と、自分を奮い立たせる主人公に自分の姿が重なる方も多いのではないでしょうか。

16位「涙」/ ケツメイシ(2004年)

スポンサーリンク


ケツメイシ
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

“溢れた感情は単純にこぼれる涙 止めずに泣いて枯れるまで
 溢れた感情は単純に疲れた君を そっと包んで忘れるため”

ケツメイシの“泣けるバラード”としても人気のある9thシングル。
タイトルのとおり「涙」がテーマとなっていて、メロディーは淡々と流れていくのですが、その中にケツメイシらしい温かさとやさしさがあふれ、「泣いていいんだよ」と言われているような歌詞に自然と涙があふれてくる曲です。

15位「花」/ 夏川りみ(2002年)


夏川りみ
歌謡曲
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

“泣きなさい 笑いなさい
 いつの日か いつの日か
 花をさかそうよ”

もとは沖縄県出身の音楽家で、平和運動家、政治家でもある喜納昌吉さんの曲。

「泣きたいときに泣いて、笑いたいときに笑えばいい。自然の流れに身を任せていれば、いつか自分の花を咲かせることができるかもしれないよ。」、そんなメッセージをゆったりとした美しいメロディーに乗せ歌われたら……もう、間違いなく泣けちゃいますよね!

多くのアーティストにカヴァーされている名曲ですが、個人的に同じ沖縄県出身の夏川りみさんのカヴァーが好きなので今回ランクインさせました。
夏川りみさんの心が洗われるような歌声は、心を解き放って涙を流すのにピッタリです!

14位「PIECE OF MY WISH」/ 今井美樹(1991年)

PIECE OF MY WISH
今井美樹
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

“朝が来るまで泣き続けた夜も
 歩きだせる力にきっと出来る”

ドラマ『あしたがあるから』主題歌で、ミリオンセラーを記録した大ヒットナンバー。

当時も今も、この曲に励まされている方……とくに女性は多いのではないでしょうか。
「自分を信じて、自分らしく生きて大丈夫!」というメッセージ、そしてやさしくて包容力のある今井美樹さんの歌声に涙があふれます。

スポンサーリンク

13位「それでも、生きてゆく」/ EXILE ATSUSHI & 辻井伸行(2013年)

それでも、生きてゆく
辻井伸行 & EXILE ATSUSHI
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

“心に一筋の
 光が見えてきた
 あきらめそうになって
 涙が溢れて”

日本を代表するボーカリストとピアニストのコラボレーションで話題となりました。
もとは、辻井さんが2011年に起きた東日本大震災の追悼の意を込めて即興で作った曲。

切ないメロディーから始まり、だんだんと光が差し込むような美しく明るいメロディーに変わっていく構成となっていて、メロディーからも「今はつらくても生きていればいつか光が射す日がくるよ」とメッセージを送られているかのようです。

12位「ファイト!」/ 中島みゆき(1994年)

ファイト!
中島みゆき
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

“ファイト! 闘う君の唄を
 闘わない奴らが笑うだろう
 ファイト! 冷たい水の中を
 ふるえながらのぼってゆけ”

ラジオのリスナーからの手紙がきっかで作られた、世の不条理や理不尽と果敢に闘う者たちへの応援歌!
中島みゆきさんの魂がこもった力強い歌声が印象的な曲で、悔しくて泣きたいときにピッタリの1曲です。

11位「遥か」/ GReeeeN(2009年)

遥か
GReeeeN
J-Pop
¥250

provided courtesy of iTunes Youtube 歌詞検索

“さよなら また会える日まで 不安と期待を背負って
 必ず夢を叶えて 笑顔で帰るために”

映画『ROOKIES -卒業-』主題歌。
自分で決めた道を歩んでいく中で、挫けそうになったり、迷いや不安が生じることもありますよね。

そんなときにこの曲を聴くと、両親や友だちの姿が目に浮かび涙があふれてくること間違いなし!
とくに故郷を離れて暮らしている人は心にしみるのではないでしょうか。

第10位は次ページへ

ページ:
1

2

3 4

>>音楽聴き放題のおすすめ配信サービス7選はこちら<<

スポンサードリンク

関連記事

LINEで送る
Pocket



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

2018年 ライブ・コンサート

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る