ベースが上手い日本人男性特集!イケてるベーシストランキングBest10!

LINEで送る
Pocket


日本人男性ベーシスト特集

バンドサウンドなどの音楽にはなくてはならいベース。
「ベースって地味で縁の下の力持ち」というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、
ベースという楽器はみなさんが思っている以上に奥が深い楽器なのです。
そこで今回は個性と存在感を発揮して活躍している日本のベーシストをランキング形式でご紹介します!

スポンサードリンク

ベースが上手い日本人男性特集!イケてるベーシストランキングBest10!

10位:ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)

本名:濱田郁未
生年月日:1991年3月12日
出身地:東京都
使用ベース:Fender Precision Bass

2010年OKAMOTO’Sのベーシストとしてデビュー。
独特の躍動感を持つベースプレイからはまるでベテランのような貫禄を感じます。

その実力は海外でも認められており、楽器メーカー・Fender USAと日本人ベーシスト初となるエンドース契約を結び、シグネチュアーモデルも製作されました。

また、現在ではダウンタウン・浜田雅功とタレント・小川菜摘の長男として知られていますが、本人の意向によりキャリアを付けるまで公表せずに自分の実力で知名度を獲得してきた努力家です。

OKAMOTO’Sの活動と並行して星野源や八代亜紀、MIYAVIなど様々なアーティストのサポートを務めており、これからの活躍にも大きく期待できる若手No,1ベーシストです!

9位:岡峰光舟(THE BACK HORN)

生年月日:1979年10月14日
出身地:広島県福山市
使用ベース:Moon Custom Made Model

サポートを経て2002年にTHE BACK HORNへ正式加入。
激しいプレイから繊細なプレイまで幅広いベースプレイでバンドのサウンドを支えるベーシスト。
IRON MAIDENのスティーブ・ハリスから強く影響を受けており、指引きで堅実なルート弾きやメロディアスなフレーズ、和音弾きを高いレベルで弾きこなします。

あまり主張をするベーシストではありませんが、そのハイレベルなベースプレイは要チェックです!

8位:亀田誠治(元 東京事変)

生年月日:1964年6月3日
出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク
使用ベース:Fender Jazz Bass

東京事変のベーシストとして知られ、椎名林檎やDo As Infinityなど多くのアーティストのプロデュース、サポートを務めています。
楽曲を引き立てる為のメリハリの効いたベースプレイは多くのアーティストから絶対の信頼を置かれています。

サウンド、技術、フレージングなどすべての面でプロ、アマ問わず亀田誠治からの影響を口にするベーシストは後を絶ちません。

7位:村井研次郎(cali≠gari)

生年月日:1974年6月15日
出身地:神奈川県横浜市
使用ベース:ESP METAL BIRD

1996年Vバンド・cali≠gariに加入。
指弾きをメインとしたスタイルで高度なスラップやタッピングなどの技術を持つ超絶技巧派ベーシストであり、そのテクニックはV系ベーシストNo,1と言ってもいいでしょう。

cali≠gariに加入するまではメタルバンドのベーシストとして活動していたこともあり、cali≠gariの解散後は第4期SEX MACHINEGUNSに在籍していたことでも知られています。

6位:ゼノン石川和尚(元 聖飢魔Ⅱ)

本名:石川俊介
生年月日:1962年6月22日
出身地:神奈川県横浜市
使用ベース:ATELIER Z

1986年に聖飢魔Ⅱに2代目ベーシストとして加入。
バンドサウンドを支える堅実なプレイからうねるようなベースライン、パーカッシブなスラップまで柔軟に弾きこなすベーシスト。

一見地味なように感じますが、ベースという楽器の良さを最大限に活かしたメリハリのあるベースプレイは必聴です!

現在は様々なアーティストのサポートやセッションで活躍中。

5位:MASAKI(CANTA)

本名:倉田雅貴
生年月日:1968年12月19日
出身地:大阪府
使用ベース:ESP MASAKI Model “The Mind’s Eye”

1993年メタルバンド・JACKS’N’JOKERに加入しデビュー。
超絶テクニックのベーシストとは言えばMASAKIの名前が真っ先に思い浮かぶ人も多いかもしれません。
教則本「地獄のメカニカル・トレーニングフレーズ」の著者であり、両手の指すべてを使ったタッピングや正確なピッキング、リズム感で「ギターを殺す」ことを目標に掲げています。

村井研次郎(cali≠gari)や華凜(元 NoGoD)などの若手ベーシストを弟子に持つ、まさにテクニカルベーシストの第一人者です。

現在はCANTA、地獄カルテットのベーシストとしての活動と並行して様々なアーティストのサポートやセッションで活躍中。

4位:IKUO(BULLZEICHEN 88)

本名:渋谷郁央
生年月日:1970年9月24日
出身地:島根県
使用ベース:ESP LONG WAY

1996年V系バンド・Ex-iTのベーシストとしてデビュー。
スリーフィンガーピッキング、タッピング、スラップなどの技術を高いレベルで持ち合わせる人気ベーシストです。

BULL ZEICHEN 88、Rayflowerのベーシストとしての活動と並行してT.M.RevolutionやAcid Black Cherry、BABYMETALなど多くのアーティストのサポートで活躍中の名実ともにNo,1と言ってもいいベーシストなので要チェックです。

ページ:

1

2


スポンサードリンク

関連記事

LINEで送る
Pocket



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

イチオシのチケットサービス


チケットセディナ

【申込み可能な公演例】
宝塚歌劇団
滝沢歌舞伎
堂本光一 Endless SHOCK
※チケット購入は「セディナカード」に申込む必要があります。

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る