【洋楽編】ドライブ定番曲ランキング

【洋楽編】ドライブでおしゃれに盛り上がる!定番曲ランキングBest30!

【洋楽編】ドライブソングおすすめ定番曲ランキングBest30!:第10位~第4位

スポンサーリンク

10位:「Dirty Sexy Money」/ David Guetta & Afrojack Feat. Charli XCX & French Montana(2017年)

超豪華DJタッグと、今流行りのCharli XCX、French Montanaも参加するという贅沢なシングルです。
可愛げのあるイントロですが、盛り上がるところはしっかりと盛り上がれるダンスナンバーに仕上がっています。
思わず体を動かしたくなります。
この他にも他DJによるリミックスが多々リリースされたので、そちらもチェック!

9位:「Right There (7th Heaven Remix)」/ Ariana Grande Feat. Big Sean(2013年)

Ariana Grandeと、当時の彼氏でラッパーのBig Seanのコラボによるヒット曲です。
原曲はよりR&B感が強いですが、こちらのリミックスはドライブ向き。
BPMも速いテンポでよりノリノリになれちゃいますよ!
原曲と聴き比べをするのもいいと思います。

8位:「Paradise City」/ Guns N’Roses(1987年)

お騒がせバンドによるドライブソングです。
心地よいアルペジオのイントロに始まり、思わず合唱したくなるコーラス。
もうこれだけでいいんです。
ロックの歴史にも残る名曲ですが、年代を超えても色あせることはありません。
アメリカの広大さをイメージさせてくれます。

スポンサーリンク

7位:「Shake It Off」/ Taylor Swift(2014年)

世界的歌姫となったTaylor Swiftの大ヒット曲です。
カントリーシンガーとしてのイメージが強く、穏やかなアコースティック感溢れる曲が多買ったのですが、次第にポップさも強くなり、このような曲も歌うようになりました。
当初は言わば冒険的なアルバムでしたが、セールスはかなり好調でした。
Taylor Swiftの曲でドライブしたい方はぜひこれを!

6位:「Despacito (Remix)」/ Luis Fonsi Feat. Justin Bieber & Daddy Yankee(2017年)

Justin Bieberが客演として参加することにより、さらに強力なヒット曲となりました。
この曲をきっかけにラテン系のシングルがヒットチャートにランクインするようになりました。
ラテンの熱い気分を味わいながらドライブを楽しんでくださいね!

5位:「Timber」/ Pitbull Feat. Kesha(2013年)

どんな曲もアゲアゲにしてしまうといっても過言ではないラッパーPitbullの大ヒット曲です。
夏のアンセム的な位置付けでもいいと思いますが、一年中どのタイミングでかけたとしても間違いなく盛り上がれます!
Pitbullの曲の中でもテンポが速いので、よりノリノリになれるでしょう!

スポンサーリンク

4位:「Smells Like Teen Spirit」/ Nirvana(1991年)

グランジブームの真っ只中、絶対に欠かすことができない1曲でしたね。
一度聞けば絶対耳に残るクールなギターリフと、シンプルな曲構成と独特の気だるさ。
しかしこの全てがかけ合わさった時、こんな名曲へと化けました。
90年代のオルタナに衝撃を与えた1曲です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク