LUNA SEA「LUV」全曲レビュー!光が強く感じられるアルバムの感想を語る

LINEで送る
Pocket



1990年代、V系シーンだけでなく日本の音楽シーンを牽引していたLUNA SEA(ルナシー)。
2000年の終幕、2007年の一夜限りの再結成を経て2010年には本格的な再始動「REBOOT」を発表し、リリース、ライブ、主催フェスの開催など精力的な活動で多くのファン(通称:SLAVE)を熱狂させ続けています。

そして、2007年の一夜限りの再結成から10周年となる2017年12月20日に待望のニューアルバム「LUV」がリリースされました。
2013年にリリースされたアルバム「A WILL」以来4年ぶりとなる「LUV」の収録曲をレビューも交えてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

LUNA SEA「LUV」収録曲レビュー

LUNA SEA(ルナシー)

LUNA SEA(写真左より真矢・J・RYUICHI・INORAN・SUGIZO)
出典:http://www.lunasea.jp/app-def/S-102/ls/bio

1.Hold You Down

INORAN原曲のアルバムリード曲。
新たなLUNA SEAの幕開けにふさわしい、温かな光を感じることの出来る楽曲です。
ライブのオープニングナンバーとして、これからのLUNA SEAの新たな定番曲になること間違いなしでしょう。

2.Brand New Days

J原曲のストレートなロックナンバー。
シンプルな楽曲ですが、キャリアを積み重ねてきたメンバーだからこその説得力を感じさせてくれます。
明るい未来へ希望を見出している、これからのLUNA SEAを体現しているような楽曲です。

3.誓い文

SUGIZO原曲のポップナンバー。
全てを包み込んでくれるような温かみを感じることの出来る楽曲です。
「Hold You Down」と並びリード曲の候補としても挙がっていた楽曲であり、歌手・大黒摩季がコーラスとして参加していることにも注目です。

4.piece of a broken heart

RYUICHI原曲をSUGIZOがアレンジし、ヴァイオリンをフィーチャーしたナンバー。
独特のダークな雰囲気が次曲「The LUV」へ上手く引き継がれています。
Jのベースプレイが生み出すグルーヴが心地よく、ライブで真価を発揮することが期待出来る楽曲です。

5.The LUV

SUGIZO原曲のLUNA SEAらしいダークなロックナンバー。
「誓い文」に引き続き、大黒摩季がコーラスとして参加しています。
疾走感のある楽曲ですが、中盤には落とし込むパートもありメリハリが効いています。
ライブで盛り上がること間違いなしの一曲です。

6.Miss Moonlight

J原曲のミディアムナンバー。
シンプルな8ビートが心地よく、すんなりと耳に入ってくる楽曲です。

7.闇火

SUGIZO原曲のダークなナンバー。
INORANのアコースティックギターとSUGIZOのヴァイオリンがフィーチャーされた静かなパートから始まり、中盤よりバンドサウンドが入り激しく展開されていきます。
低いキーから高いキーまでを完璧に歌い上げるRYUICHIの歌唱力が特に光る一曲です。

8.Ride the beat,Ride the dream

INORANと真矢原曲のLUNA SEA初のインストゥルメンタル曲。
INORANの作成したEDMテイストのSEに真矢の生み出すビートが上手く融合しています。
ライブ中盤で披露されている真矢のドラムソロコーナーが音源化されたような楽曲であり、アルバム後半へ向けて良いアクセントになっています。

9.Thousand Years

INORAN原曲のポップナンバー。
背中を押してくれるような希望の光に満ちた印象を受ける楽曲です。

10.Limit

タイアップ:日本テレビ系アニメ「エンドライド」主題歌

J原曲の疾走感溢れるエッジの効いたロックナンバー。
2016年6月22日にリリースされたLUNA SEA初のアニメ主題歌タイアップとなったシングル曲。
「これぞLUNA SEA」!と思えるライブ映えすること間違いなしの一曲です。

スポンサーリンク

11.So Sad

RYUICHI原曲をSUGIZOがアレンジしたバラード。
美しいギターのアルペジオが印象的で、まさにアルバムのハイライトを飾るにふさわしい楽曲です。

12.BLACK AND BLUE

SUGIZO原曲のファンクテイストを感じることの出来るソウルフルなナンバー。
「誓い文」と「The LUV」同様、大黒摩季がコーラスとして参加しています。
ギターのコードカッティングを始め、各パートが際立ったアレンジでバンドの進化を強く感じられ、ライブでどのように演奏されるのかが特に楽しみな一曲です。

スポンサーリンク

まとめ

以上、LUNA SEA待望のニューアルバム「LUV」の全曲レビューでした。
「エッジ、亀裂から放たれる光」を表現したというアルバムジャケットの通り、全体を通して「光」を強く感じられるアルバムだという印象を受けました。

新たにライブのオープニング曲として定番になりそうな「Hold You Down」、ライブで盛り上がること間違いなしの「誓い文」、「BLACK AND BLUE」など、明るい楽曲が目立ちます。
その中でダークな雰囲気を持つ「piece of a broken heart」、「The LUV」、「闇火」の3曲が良いフックの役割を果たしています。

コンセプトは特に決めずに制作された「LUV」はメンバーが良い意味で「LUNA SEAらしさ」に囚われず、それぞれの個性を活かした楽曲を持ち寄ったことにより新たなLUNA SEAを感じさせるアルバムに仕上がったのだと思います。

2018年1月からは「LUV」を引っ提げたホールツアーが発表されており、ツアーを通じてアルバムの楽曲がどのように演奏されていくのかとても楽しみです。
「LUV」の楽曲が演奏されることでLUNA SEAのライブはこれまでとは違ったものになりそうな予感がします。

是非みなさんも聴けば聴くほどに惹き込まれていくLUNA SEAのニューアルバム「LUV」を聴いて、最新型のLUNA SEAを体感してみてください!

【人気投票】LUNA SEA「LUV」好きな曲は?

※3票まで選択可

【LUNA SEA 人気記事】
【セトリ】LUNA SEA LIVE TOUR 2018 The LUV 全ライブ日程まとめ
LUNA SEA「LUV」全曲レビュー!光が強く感じられるアルバムの感想を語る
LUNA SEAのメンバーの魅力とは?個性的な性格や仲を一挙紹介!
ファンおすすめのLUNA SEAの名曲ランキングBest10!
LUNA SEAの名盤は?おすすめの人気アルバムランキングベスト5!
LUNA SEAのライブを10倍楽しむ!初めてのライブで失敗しないための服装・持ち物・マナーとは?
これぞLUNA SEA!おすすめ人気ライブDVDランキングベスト5!
LUNA SEAファンクラブ入会金と限定特典を紹介!FCツアー旅行も!

【発売情報】


スポンサードリンク

関連記事

LINEで送る
Pocket



この記事の著者

mallow9240ライター

大阪府在住の元バンドマンです。
自分の好きなバンド・アーティストの魅力をお伝えすることが出来ればいいなと思っています。
まだまだライティング初心者ですがよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る