ゆずの曲で結婚式や余興におすすめのBGMは?シーン別選曲

LINEで送る
Pocket

一生に一度の結婚式で使用する曲選びは本当に悩みますよね。

路上時代のギター弾き語りのイメージが強いゆずですが、明るい曲だけではなくしっとりバラード調の曲も多いです。

ここでは幸せな結婚式にぴったりのゆずの曲をシーン別にご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

新郎新婦入場

ゆず 結婚式や余興におすすめのBGM

「桜会」

披露宴会場で改めて新郎新婦を出迎えるシーンには、やはり温かい歌詞のラブソングが理想ですよね。

ゆずは意外にもしっとりと彼女への想いを歌うラブソングが少ないのですが、この曲は「あなただけを愛してる」「これからもずっと2人で」とストレートな想いが伝わる1曲となっています。

個人的には「幸せへの近道へと僕が連れてゆくから」という1フレーズが胸キュンワードです(笑)

メロディも優しいミディアムテンポな曲なので、まさに入場シーンにぴったりの1曲ではないでしょうか。

ケーキ入刀

「いちご」

曲名通り、甘くて可愛いイチゴが想像できるアップテンポな1曲です。

ちょっぴりエッチな歌詞が続きますが、明るいメロディで、一気に会場が盛り上がること間違いなし。

歌詞の中でも「甘いいちご頬張るように僕を愛して」「赤いいちごかじるように君を愛させて」と真っ赤ないちごを2人で仲良く食べる姿と重なり、まさにケーキを食べさせあうシーンでゲストも楽しめる1曲となっています。

歓談

歓談タイムではゲスト同士が軽くお喋りをしながら食事を楽しむ時間ということで、ここでは自然と口ずさんでしまうようなゆずソングで会場を包むと和やかな時間を提供できると思います。

「スミレ」

優しく懐かしい気持ちになれる1曲です。歌詞の中でも「僕は咲こう 君のそばで いつまでも君のそばで」と温かいメッセージも入っていて、ラブソングとしても可愛い1曲です。

不思議と首を振りながら聴いてしまうようなゆずソングとしてぜひオススメです。

ここで1つ個人的な経験談ですが、自身の結婚式ではプロフィール紹介の際に「スマイル」を使用しました。

昔の写真から現在までの写真を通して、ゲストと色々な想い出を振り返りながら笑顔になれれば良いなと思い選びました。

アップテンポな曲ですが、なぜか懐かしい写真と共に聴くと涙が溢れてくる、そんな不思議な曲です。

どこか温かい気持ちになれるのがゆずの曲の魅力の1つかもしれませんね。

スポンサーリンク

両親への手紙

「栄光の架橋」

結婚式の目玉といっても良いシーンですね。
両親へこれまでの感謝を伝えるこの時間は会場みんなが涙するシーンではないでしょうか。

そこで、やはりアテネオリンピックのテーマソングでもある「栄光の架橋」がよりムードを高めるのと思います。

この曲は人生における応援歌となっていて、「終わらない旅へと迷わずに進んでいこう」という、ゆずからのストレートなメッセージが
新しい門出を迎える2人にもぴったりな曲です。

イントロを聴くだけで感動するゲストも多いのではないでしょうか。

新郎新婦退場

「雨のち晴レルヤ」

NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」の主題歌として多くの方が知っている曲です。

昭和テイストのほのぼのとしたメロディで、心温まる1曲です。

「どんな君でもアイシテイル」「何があってもそばにいるよ」
とても素直な歌詞で分かりやすく、新婦はもちろん、ゲスト皆が幸せを感じる曲になっています。

「ごちそうさん」に出演していた東出昌大さんと杏さんが結婚されたこともあり、憧れの夫婦像が自然と目に浮かぶのではないでしょうか。

まとめ

以上、シーンごとにゆずの曲を紹介させていただきました。

温かく可愛らしい、でもなぜか涙ぐんでしまう恋愛ソングが多いのがゆずの特徴です。
またすべての人にとっての応援歌にもなっていて、前向きな気持ちになれる曲だと思います。

ゆずはデビュー以来、ファンをとても大事に活動しています。

私たちにいつも温かい気持ちを届けてくれるゆずソングで、一生に一度の結婚式に彩りを加えてはいかがでしょうか。

【関連記事】
ゆずライブ2017「4大ドームツアー」の一般チケットと倍率を計算してみた結果
2016年11月26日(土)にゆずの20周年突入記念弾き語りライブ「ゆずのみ」が行われ、ライブ内にて2017年に全国4大ドームツアーを開催することが発表されました。20周年となる2017年には、ベストアルバムが発売され...

ゆずライブの楽しみ方!やってはいけない服装やマナーとは?
ゆずライブに参加するにあたって、ただ知っている曲を聴くだけでは一体感を感じることはできませんよね。ここでは、服装はもちろん、ライブならではのゆずとの関わり、アンコールの方法まで、より身近にゆずのラ...

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

この記事の著者

編集部新時代レポ

この著者の最新の記事

関連記事

【新時代レポの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:編集部の見解、意見、感想など

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る