Aerosmith(エアロスミス)

エアロスミスのおすすめ人気曲・必聴の名曲ランキングベスト10!

40年以上にわたって世界的に大活躍をし続けてきたAerosmith(エアロスミス)。
彼らの発表してきた楽曲はどの曲も古さを感じることがなく、いつまでも輝き続けています。
そんなモンスターロックバンド・Aerosmithのキャリアの中の名曲から厳選した10曲をご紹介していきましょう!


スポンサーリンク

Aerosmithの名曲ランキング:第10位~第4位

第10位.「The Other Side」

発売日:1990年6月6日
収録アルバム:Pump

まずは80年代期のAerosmithらしさ全開のトラック。
初期のハードロックバリバリの曲よりも、アメリカンで、壮大なイメージが強くなりました。
キャッチーなイントロからSteven Tylerのボーカルまで、ライブなどで盛り上がる際にはもってこいとも言えるようなアンセム的曲に仕上がっています。


第9位.「What it Takes」

発売日:1989年12月19日
収録アルバム:Pump

同じアルバムからのおすすめ連発ですが、こちらはロックバラードです。
しっかりと聴かせるパワーバラードも作れてします彼らなので、アルバムも聴いていて飽きません。
ハードロックバンドというとやはり力強いイメージを持たれがちですが、エモーショナルな曲も実は完成度が高いものが多いんですよね。
(実際、このランキング上位曲にある名曲もバラードですので)


第8位.「Livin’ on the Edge」

発売日:1993年2月23日
収録アルバム: Get a Grip

耳に残るギターリフのイントロから始まります。
グラミー賞も受賞するなどさらなる飛躍に貢献した1曲です。
自分たちがギリギリの状態の中でも生きていくぞ!という意思の強さなどが歌詞になっていて、メッセージ性のある力強いシングルとなっています

スポンサーリンク

第7位.「Cryin’」

発売日:1993年6月20日
収録アルバム:Get a Grip

ドラムが強調された激しいイントロですが、実は美しいバラードなんですね。
ところどころに韻を踏むような歌詞が配置されていて、コーラス部分も彼らでしか表現できない歌い方なので、独特な情熱が伝わってきます。
コーラスの部分を聞くと、洋楽をあんまり聴いていない人でも「聴いたことがある」というような名曲です。
激しめのイントロが特徴的なのでそれだけでも頭の中でループしてしまいそうです笑


第6位.「Jaded」

発売日:2000年12月21日
収録アルバム:Just Push Play

おそらくこの曲は、知っている人も多いのではないでしょうか。
日本でもCMに使用されるなどしたため、メディアでもかかる機会が多かったと思います。
もちろんそれだけではなく、2000年代に突入した彼らの不屈さを表している曲でもあるので、キャリアの中で非常に重要な役割を果たした曲です。


第5位.「Angel」

発売日:1988年4月日
アルバム:Permanent Vacation

こちらも日本では多く知れ渡っている名曲です。
2005年の月9のドラマである「エンジン」の主題歌として採用された実績があるので、このタイミングでさらにAerosmithを知る、話題にする人が増えました。
しかしこれは1987年の曲なんです。
全く古さを感じませんね。

スポンサーリンク

第4位.「Sweet Emotion」

発売日:1975年3月14日
収録アルバム:Toys in the Attic

ベースラインが非常に強調されている曲です。
落ち着いたイメージの楽曲ですが、彼らのヒット曲の中ではそれほど盛り上がる曲ではありません。
しかし、聞いていくうちに独特の中毒性があるので聞けば聞くほ新しい発見があり、好きになっていくような曲でもあります。
こんなイメージの曲もアリですね!


さてAerosmithの名曲ランキング、いよいよトップ3です!


スポンサーリンク

スポンサーリンク