Linkin Park (リンキン・パーク)

Linkin Parkのファンおすすめ人気曲・必聴の名曲ランキングベスト10!

ロック、オルタナにとどまらず様々なジャンルの音楽を取り入れ、日本を含めた世界中で成功を納め続けている大物バンドLinkin Park(リンキン・パーク)。
他ジャンルとロックを融合させた、最先端な音楽ばかりで成り立っている数々の名曲の中から、厳選してランキングにまとめました!!
それではチェックしていきましょう。


スポンサーリンク

Linkin Parkのおすすめ人気曲ランキング:第10位~第4位

第10位.「New Divide」

発売日:2009年6月12日
収録アルバム:Transformers: Revenge of the Fallen The Album

この曲は、スタジオアルバムには収録されていませんが、映画「トランスフォーマー・リヴェンジ」のテーマ曲として書き下ろされました。
ストレートなロックソングになっていて、映画のイメージとしても間違いなくぴったりに仕上がっています。


第9位.「Darker Than Blood (Steve Aoki feat. Linkin Park)」

発売日:2015年4月14日
収録アルバム:Neon Future II (Steve Aokiのアルバム)

この曲もスタジオアルバムには収録されていません。
EDM界で大人気DJのSteve Aokiの曲として発表されました。
今回はそれに客演(フィーチャリング)するという形でのリリースです。

以前は、ヒップホップを取り入れることが多かった彼らですが、この曲でいよいよEDMに!
バンドとしてのイメージは薄くなってしまいましたが、違和感は全くありませんね。


第8位.「Given Up」

発売日:2008年3月3日
収録アルバム: Minutes to Midnight

ストレートなロックナンバーです。
Linkin ParkメンバーのMike Shinodaによるラップがなく、どちらかというとメタル寄りになるんでしょうか。
ライブでも間違いなく盛り上がる1曲です。
彼らの中でも割と激しい曲として分類されます。

スポンサーリンク

第7位.「One Step Closer」

発売日:2001年2月13日
収録アルバム:Hybrid Theory

クールなギターリフから始まり、割とヘヴィーな曲になっています。
ラップが入ってくるのかと思いきや、この曲では歌っています。
後半になるにつれてボーカルも激しくなっていき、ヘヴィーメタルを彷彿とさせます。
後半部分のJoe Hahnによるスクラッチも聴きどころです!


第6位.「Somewhere I Belong」

発売日:2003年3月17日
収録アルバム:Meteora

ミドルテンポで、この曲もしっとりと聴かせてくれるクールな1曲です。
ミュージックビデオは先ほど挙げたメンバーのJoe Hahnが手がけていますが、実は彼はこのバンドのミュージックビデオを多く手がけるなど、映像分野にも長けているんですよ。
すごいですよね!


第5位.「Good Goodbye (feat. Pusha T & Stormzy)」

発売日:2017年5月19日
アルバム:One More Light

まさにヒップホップな1曲です。
現時点で彼らの最新アルバムからのシングルです。

ここまで大物になった彼らなので、客演もまた豪華なんですよ。
コーラス以外は全てマイクリレー形式で構成されていて、3人がラップを披露しています。
最初メンバーのMike Shinoda、次にPusha T, Stormzyがラップしています。

Pusha Tって誰!?なんて思う人もいるかもしれませんが、ヒップホップ兄弟デュオのClipseの1人で、あのKanye Westのレーベルに所属しています。
そして期待の若手ラッパーのStormzyが参加するわけですから、すごいメンバーですよね笑

スポンサーリンク

第4位.「What I’ve Done」

発売日:2007年4月30日
収録アルバム:Minutes to Midnight

ミドルテンポで歌詞も社会的メッセージが強く、大変繊細な曲ですが、この曲は映画「トランスフォーマー」の主題歌として採用されました。
そういうこともあり、ヒットにさらに拍車をかけ、アルバムとしても大成功しました。
ヒップホップを取り入れた曲があまり収録されていないアルバムなので、この曲の雰囲気は完全にロックの色になっています。

大成功を収めたということもあり、グラミーにもノミネートされています。


ベスト3

さてLinkin Parkのランキング、いよいよトップ3です!


スポンサーリンク

スポンサーリンク