秦基博

秦基博の人気アルバムCDランキング!ファン厳選おすすめベスト5!

圧倒的な歌唱力と、繊細でハスキーな歌声が魅力の「秦基博」。
2006年のデビューから圧倒的なライブパフォーマンスが人気を集め、様々な映画、番組にタイアップされるなど広く活躍しています。
ドラえもんの映画主題歌で秦基博を知ったという方も多いのでは?

でも、タイアップされていないアルバム曲にもたくさん名曲があるんですよ!
そんな秦基博の人気のおすすめアルバムをファンが厳選して、ランキング発表してみたいと思います。


スポンサーリンク

秦基博の人気おすすめアルバムランキング:第5位、第4位

第5位.「ALRIGHT」

発売日:2008年10月29日
おすすめ曲:キミ、メグル、ボク、花咲きポプラ、虹が消えた日、休日 、新しい歌

【収録曲】
01.夕暮れのたもと
02.キミ、メグル、ボク
03.バイバイじゃあね
04.ファソラシドレミ
05.Honey Trap
06.花咲きポプラ
07.虹が消えた日

08.最悪の日々
09.夜が明ける
10.休日
11.フォーエバーソング
12.新しい歌

秦基博らしさあふれるバラードだけでなく、ポップやロックな曲など幅広いジャンルの楽曲が収録されえた2ndアルバム「ALRIGHT」。
映画「築地魚河岸三代目」の主題歌にもなった「虹が消えた日」とても前向きな歌詞でファンからも人気の一曲です。

また「最悪の日々」は、いつもアコースティックギターを演奏する秦さんが、エレキギターを弾きまくるとてもかっこいい曲です
(歌詞はちょっと愉快な感じです。笑)。

そして、ラストの「新しい歌」。
感動的で重厚感のあるバラードで締めくられます。


第4位.「Documentary」

発売日:2010年10月6日
おすすめ曲:ドキュメンタリー、アイ、SEA、今日もきっと、朝が来る前に、メトロ・フィルム

【収録曲】
01. ドキュメンタリー
02. アイ
03. SEA

04. oppo
05. 猿みたいにキスをする
06. Halation
07. 透明だった世界
08. 今日もきっと
09. パレードパレード
10. 朝が来る前に
11. Selva
12. アゼリアと放課後
13. メトロ・フィルム (Album ver.)

「アイ」、「朝が来る前に」などの名曲が収録された3rdアルバム「Documentary」

2ndアルバムと比べると、心の中を歌ったような、内省的で大人っぽい印象を受けるアルバムです。
そんなアルバムですが、「ドキュメンタリー」、「今日もきっと」など、前向きな気持ちになれる曲がたくさん収録されています。

そして、最後の「メトロ・フィルム」。「僕の中の僕と話した」、「イヤホンの中の音楽でいつもの街が変わっていく」など、自分を見つめ成長する姿を描いたこの曲で、アルバムが締めくくられています。

スポンサーリンク

秦基博の人気おすすめアルバムランキング:第3位~第1位

第3位.「Signed POP」

発売日:2013年1月30日
おすすめ曲:グッバイ・アイザック、Girl、現実は小説より奇なり、エンドロール、綴る

【収録曲】
01. Hello to you
02. グッバイ・アイザック
03. Girl

04. 初恋
05. 現実は小説より奇なり
06. ひとなつの経験
07. May
08. FaFaFa
09. エンドロール
10. 自画像
11. 水無月
12. Dear Mr.Tomorrow
13. 綴る

バンドサウンドが強く出ている4thアルバム「Signed POP」。
秦印のポップ、という意味のタイトルだそうですが、他のアルバムよりアッパーなナンバーが多い印象を受けます。

また、実の娘のために作られた「Girl」など、恋愛だけでなく家族への愛が感じられる曲が多いのも特徴です。
ラストの「綴る」も娘さんにあてた曲なのでしょうか。
感動的なバラードで、ライブで聴いたときはとても感動しました。


第2位.「コントラスト」

発売日:2007年9月26日
おすすめ曲:シンクロ、鱗(うろこ)、トレモロ降る夜、青い蝶、僕らをつなぐもの(Contrast Ver.)、風景

【収録曲】
01.色彩
02.シンクロ
03.鱗(うろこ)

04.君とはもう出会えない
05.トレモロ降る夜
06.Lily
07.青い蝶
08.つたえたいコトバ
09.僕らをつなぐもの(Contrast Ver.)
10.赤が沈む
11.トブタメニ
12.風景

記念すべき1stアルバム「コントラスト」。
1stアルバムではありますが全曲おすすめしたいぐらい、名曲ぞろいの一枚です。筆者は数えきれないほどこのアルバムを聴きました(笑)

「鱗(うろこ)」はもちろん、「青い蝶」、「僕らをつなぐもの」、「風景」など、今でもライブでよく披露される曲がたくさん収録されています。
弾き語りや、ボサノバアレンジなどで、ライブでも何度も披露されている「トレモロ降る夜」は、ロマンティックな歌詞とおしゃれなアレンジで人気がある一曲です。

また、アルバムのラストは大体バラードで締めくくられますが、「コントラスト」の最後は「風景」。日常の幸せを描いた、秦基博の真骨頂のバラードになっています。


ランキング

スポンサーリンク

第1位.「青の光景」

発売日:2015年12月16日
おすすめ曲:デイドリーマー、ひまわりの約束、ディープブルー、聖なる夜の贈り物、水彩の月、Sally

【収録曲】
01.嘘
02.デイドリーマー
03.ひまわりの約束

04.ROUTES
05.美しい穢れ
06.Q & A
07.ディープブルー
08.ダイアローグ・モノローグ
09.あそぶおとな
10.Fast Life
11.聖なる夜の贈り物
12.水彩の月
13.Sally

1位は、2017年時点の最新アルバム「青の光景」。
収録曲のほとんどがCMや映画などのタイアップ曲となっており、映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌として大ヒットした「ひまわりの約束」もこのアルバムに収録されています。

このアルバムも全曲おすすめしたいぐらいの名曲かつ力作がそろっています。
全編ほぼファルセット(裏声)の「ディープブルー」は、これまでになかった独特の雰囲気で、最初に聞いたときは正直びっくりしました(笑)が、深く重い、タイトル通りのかっこいい曲です。

また、秦さんらしい爽やかなラブソング「聖なる夜の贈り物」や、「水彩の月」、「Sally」など美しいバラードもあります。
ワルツのような「Sally」は、これまでのバラードとは少し違った優しい雰囲気で、特におすすめの一曲です。

まとめ

それでは、秦基博の人気のおすすめアルバムランキングトップ10の結果です!

1位. 青の光景
2位. コントラスト
3位. Signed POP
4位. Documentary
5位. ALRIGHT

秦基博の曲を初めて聴く方は、まず「青の光景」、「コントラスト」をオススメします!

「ひまわりの約束」、「鱗(うろこ)」などのシングルカット曲だけでなく、「風景」、「Sally」などファンからも名曲といわれる、素敵なバラードがたくさん収録されています。
ぜひ聴いてみてくださいね。

スポンサーリンク

人気記事
【名曲選】秦基博のファンが選ぶ人気曲10選
【まずはコレをチェック!】秦基博のアルバム5選
秦基博のライブを10倍楽しむ!初めてのライブ参戦の服装・持ち物・マナーはこれでOK!
秦基博の歌詞に込められた意味とは?
秦基博 定番の人気結婚式ソング
秦基博の映画・ドラマ・アニメ主題歌特集!
カラオケで盛り上がる秦ソング10選
秦基博 10周年ライブ2017 横浜スタジアム セトリ・感想レポ・グッズ情報

【人気投票】ファンが選ぶ!好きな秦基博のアルバムは?

※3票まで選択可。タイトルは追加できます。


スポンサーリンク

スポンサーリンク