Led Zeppelin(レッドツェッペリン)

レッドツェッペリンの不朽の名曲ランキング!おすすめ代表曲Best10!

ロックを語る上では絶対に欠かすことができない伝説的バンドLed Zeppelin(レッド・ツェッペリン)。
イギリスのバンドですが、国内にとどまらず今や世界的名バンドの1つです。
彼らのアルバムLed Zeppelin I に始まり、各アルバムで、歴史的名曲が数々と誕生しました。
その数ある名曲の中からランキング形式にしました。


スポンサーリンク

Led Zeppelinのおすすめ名曲ランキング:第10位~第4位

第10位.「Immigrant Song」

発売日:1970年10月5日
収録アルバム:Led Zeppelin III

邦題は「移民の歌」
シンプルなイントロですがかっこいいギターリフから始まります。
ヴォーカルのロバートプラントの「アアアーーー」 というシャウトがもう耳から残るような曲ですね。
曲の尺も短くシンプルな構成になっていますが、中毒性の高い1曲です。


第9位.「Dazed And Confused」

発売日:1969年1月12日
収録アルバム:Led Zeppelin II

不穏なイントロで幕を開けるこの曲。
「幻惑されて」という邦題もついています。
ジョンポールジョーンズの不気味なベースに乗せ、ジミーペイジの浮遊感あるギター、ロバートプラントのハイトーンヴォーカルが入ります。

聴きどころは、やはりジミーペイジのギターですね。
なんとピックではなく、「ヴァイオリンの弓」で弾くという斬新なプレイを聞かせます。


第8位.「Achilles Last Stand」

Achilles Last Stand
Led Zeppelin
ロック
¥-1

provided courtesy of iTunes

発売日:1976年3月31日
収録アルバム:Presence

今回紹介するランキングの中で最も長い曲です。
邦題は「アキレス最後の戦い」。
ただ長いだけではなく、スリリングで構成もしっかりと練られています。

聴いているとわかりますが、とにかくジョンボーナムのドラミングが重要な1曲となっています。
収録アルバムのPresenceの1曲目ということもあり、彼らの自信が伺えます。

スポンサーリンク

第7位.「Since I’ve Been Loving You」

発売日:1970年10月5日
収録アルバム:Led Zeppelin III

邦題は「貴方を愛しつづけて」。
イントロのギター5つの音がすべてを物語っています(笑)
全体的にスローテンポなブルースに仕上がっていますが、なんといってもジミーペイジのギターソロがとにかくかっこいい!
何度も再生したくなるような名曲です。


第6位.「Black Dog」

Black Dog
Led Zeppelin
ロック
¥200

provided courtesy of iTunes

発売日:1971年11月8日
収録アルバム:Led Zeppelin IV

こちらもギターリフが特徴的で、頭で無限ループをしていまいそうです。
歴史的名盤「Led Zeppelin IV」のトップを飾る曲にふさわしいです。

この曲はフェードインから始まるので、ライブ版では、イントロが少し違った形で流れることが多いんです。
それも併せてチェックしてみるのもいいかもしれませんね。


第5位.「Good Times Bad Times」

発売日:1969年3月10日
収録アルバム:Led Zeppelin I

インパクトのあるイントロから始まります。
かなり単純なサウンドですが、このイントロでなんの曲かわかってしまうほどの名曲です。

デビュー作に収録されていますが、最初からこんな名曲が生まれてしまうとは、圧倒されてしまいます。
曲も2分台で終わってしまうので、彼らの中では短い作品です。

スポンサーリンク

第4位.「Heartbreaker」

Heartbreaker
Led Zeppelin
ロック
¥200

provided courtesy of iTunes

発売日:1969年10月22日
収録アルバム:Led Zeppelin II

ジミーペイジのリフが特徴的な曲です。
真正面から「ロックのかっこよさ」を出してきていると感じられます。

魅せ所は、ギターソロ。
ギターソロの直前で他パートが全て止まり、ギターだけでソロが始まります。
これは、Led Zeppelinの中でも名ソロの1つだと思います。


人気曲ランキングはいよいよベスト3です!
どんな曲がランクインしているのでしょうか?


スポンサーリンク

スポンサーリンク