キスマイ アリーナツアーライブ2017 チケットの当選倍率を徹底予想!

2016年に3年連続通算3度目となる4大ドームツアー「CONCERT TOUR 2016 I SCREAM」を成功させたキスマイことKis-My-Ft2。

2017年3月1日には、18枚目となるトリプルA面シングル「INTER」のリリースを控え、5月よりファン待望のツアーの開催を発表しました!

そんなKis-My-Ft2の、ツアー日程やチケットと気になる倍率についてリポートしていきます。


スポンサーリンク

Kis-My-Ft2 ライブ2017 日程

Kis-My-Ft2は、2016年8月4日の東京ドーム公演で、ジャニーズ史上最速でのライブ動員数200万人を達成しました。

そんな多くのファンに支持されているキスマイの2017年のライブツアーが決定しました。

気になるツアー「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2017 MUSIC COLOSSEUM」の日程はこちら!

5/13(土) 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
5/14(日) 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
5/20(土) 静岡・エコパアリーナ
5/21(日) 静岡・エコパアリーナ
5/27(土) 札幌 真駒内 セキスイハイムアイスアリーナ
5/28(日) 札幌 真駒内 セキスイハイムアイスアリーナ
6/10(土) 広島グリーンアリーナ
6/11(日) 広島グリーンアリーナ
6/21(水) 名古屋 日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール
6/22(木) 名古屋 日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール
7/25(火) 大阪城ホール
7/26(水) 大阪城ホール
7/27(木) 大阪城ホール
8/02(水) マリンメッセ福岡
8/03(木) マリンメッセ福岡
8/11(金) 横浜アリーナ
8/12(土) 横浜アリーナ
8/13(日) 横浜アリーナ

5/13(土) 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンターを皮切りに8会場28公演を行います。
なんと今回はアリーナツアーということで、ファンとしてはチケット倍率が心配になるところでしょう。

Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2017 MUSIC COLOSSEUM ライブチケットの発売は?

【価格(税込)】
・指定・立見:¥7,500

【チケット発売】
・一般発売

各プレイガイドよりチケット発売情報を確認しておきましょう!

チケットぴあはこちら
楽天チケットはこちら
ローチケHMVはこちら
イープラスはこちら

チケットを初めて取る方やコツを知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。
ライブチケットの取り方のコツを徹底解説!

スポンサーリンク

Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2017 MUSIC COLOSSEUM ライブチケットの倍率を予想!

ジャニーズの中でもトップレベルのライブ動員数を誇るキスマイのライブチケットですが、今回はアリーナツアーということで高倍率が予想されます。

果たして今回はどれほどの倍率になるのか?

まず、総座席数はどれぐらいなのか数えてみました。

日程 座席数(キャパ)
朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 27000
静岡・エコパアリーナ 18924
札幌 真駒内 セキスイハイムアイスアリーナ 30072
広島グリーンアリーナ 14250
名古屋 日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール 30000
大阪城ホール 80000
マリンメッセ福岡 45000
横浜アリーナ 85000
合計 330246
※スマホユーザーは横向き推奨

ということで、総座席数は330,246席という規模です。この座席を巡ってチケット争奪戦が繰り広げられます。

ちなみに2016年のドームツアーでは、大阪×3公演、名古屋×2公演、福岡×2公演、東京×4公演で、計545,000人を動員しています。
この時点で、前回よりも約1.6ほど倍率があがることに・・・

Kis-My-Ft2のファンクラブ会員数は2016年で365,000人になると言われています。

今回は、ファンクラブ会員のうち9割が、いずれかの会場に2枚ずつエントリーすると仮定して計算してみることにします。

エントリー数:365,000 × 90% × 2枚=657,000人
会場規模:330,246席

ツアー規模330,246席に対して、657,000エントリーの申込がある場合、当選倍率は1.99倍ほどと予想できます!

では、会場別に見るとどうでしょうか?

まず、365,000人のキスマイファンが、全国にどれぐらい割合で分布しているかを日本の人口をもとに割だしてみます。

地域の人口割合(%) 会員数
北海道地方:4.3% 15695人
東北地方:7.1% 25915人
中部地方:16.9% 61685人
関東地方:33.4% 121910人
近畿地方:17.8% 64970人
中国地方:5.9% 21535人
四国地方:3.2% 11680人
九州地方:10.3% 37595人
沖縄地方:1.1% 4015人
合計 365,000人
※スマホユーザーは横向き推奨

以上が地域別の推定ファンクラブ会員数です。

各地域のファンが近くの会場のうちいずれかにエントリーするとします。
さらに、365,000人のキスマイファンクラブ会員のうち、9割がチケットの申し込みをすると仮定し、チケット当選倍率を予想してみた結果は次の通りです!


スポンサーリンク

ライブ遠征なら格安バス・格安航空券・格安レンタカーを予約

大手からLCCまでの価格を瞬時に比較して最もお得な格安航空券が予約できるため、遠征費を節約したい方におすすめです。

  • エアトリ:格安航空券・LCC(国内線)の最安値を探す
  • skyticket:片道から購入可能な格安航空券の比較サイト
  • スカイツアーズ:ANA・全日空の飛行機+ホテルが予約できる格安ツアー

※多数のライブ遠征の際の費用や節約する方法については、以下の記事にまとめいますのでぜひ参照してください。
【ジャニオタ・ドルオタ必見】格安でライブ遠征するために損しない心得

チケットの抽選に落選し一般発売でも入手できなかった場合
まずは、公式サイトにて定価トレードの申し込みができるか確認してみてください。
それでも入手できない場合は、最後の手段として「チケット売買サイト」を利用してみましょう。

定価以上での取引があるため
それなりにお金を出しても良いという場合は、以下のサイトで取扱いがあるかもしれません。

【注意点】
公演によっては、転売チケットでの入場が拒否されることがありますので、事前に公式サイトで確認してください。
キャパが十分あるにも関わらず、転売屋がチケットを確保しすぎてしまったケースでは定価で購入できることもあります。
定価で入手できるなら行けるという場合は、諦めずに公演日ギリギリまで上記サイトをチェックしてみましょう。
急な用事で行けなくなった転売目的でない人が、良心的な価格で出品してくれることもあります。

当サイトはチケット転売を推進する意図はありません。
ライブに行きたかった人とやむを得ず行けなくなった人がマッチングしてくれたら良いと願っています。

スポンサーリンク