【最新】氷室京介の人気アルバム・必聴の名盤ランキングベスト10!


スポンサーリンク

80年代から日本のロックチューンをもりあげてきた「氷室京介」。

氷室がボーカルを務めたロックバンド「BOOWY」は今では“伝説のロックバンド”といわれ、様々なアーティスト達に影響を与えてきました。

氷室の曲というと注目されるのは最大のヒット曲「KISS ME」ばかりですが、シングル曲・アルバム曲含め KING of ROCKと呼ばれるのも納得できる曲がたくさんあります。

今回はそんな氷室の曲を知ってもらうべく、ファン歴15年の私が人気アルバムランキングを作成しました。

氷室京介 最新アルバム L’EPILOGUE

【収録曲】
DISC-1
01. ミス・ミステリー・レディ
02. 黒のラプソディー
03. “16”
04. CLOUDY HEART
05. わがままジュリエット
06. WARRIORS
07. Silent Blue
08. MONOCHROME RAINBOW
09. FOLLOW THE WIND
10. So Far So Close
11. ONE LIFE
12. FUNNY-BOY
13. 唇にジェラシー
14. WILD ROMANCE
15. REVOLVER
DISC-2
01. ANGEL
02. DEAR ALGERNON
03. LOVER’ S DAY
04. SUMMER GAME
05. MISTY~微妙に~
06. JEALOUSYを眠らせて
07. CRIME OF LOVE
08. KISS ME
09. VIRGIN BEAT
10. STAY
11. 魂を抱いてくれ
12. NATIVE STRANGER
13. ダイヤモンド・ダスト
14. SLEEPLESS NIGHT ~眠れない夜のために~
15. BANG THE BEAT
16. IF YOU WANT

発売日:2016年4月13日
おすすめ曲:“16”、わがままジュリエット、ANGEL、WARRIOURS

引退発表後、発売されたベストアルバム。

「ファンと氷室京介の関係性として、無垢な気持ちでありたい」
という氷室の思いが純白のジャケットにこめられているそう。

BOOWY時代の楽曲をLAST GIGS(引退ライブ)を迎える前にもう一度向き合いたいということから、再レコーディングをおこなっています。BOOWY解散から約30年、アレンジが加わり今の氷室らしい楽曲に仕上がっているBOOWY楽曲は本当にカッコイイ仕上がりです。

氷室はベストアルバムをいくつも出してきていますが、ベスト盤ランキングをもし作成するとするなら間違いなく1位になるでしょう。

スポンサーリンク

氷室京介の人気おすすめアルバムランキング:第10位~第4位

第10位.「FLOWERS for ALGERNON」

【収録曲】
01. ANGEL
02. ROXY
03. LOVE & GAME
04. DEAR ALGERNON
05. SEX & CLASH & ROCK’ N ROLL
06. ALISON
07. SHADOW BOXER
08. TASTE OF MONEY
09. STRANGER
10. PUSSY CAT
11. 独りファシズム

発売日:1988年9月1日
おすすめ曲:ANGEL、DEAR ALGERNON

氷室のソロデビュー後初のアルバム。
1曲目からファーストシングルの「ANGEL」で始まり、当時のBOOWYの匂いが残る8ビートロックが効いているのが特徴的です。

なかでも聴いてほしいのが、シングル「DEAR ALGERNON」。
名作のSF小説「アルジャーノンに花束を」に感銘をうけた氷室が主人公に向けて書いた楽曲です。

小説は、知的障害を持つ主人公が薬で知能を手に入れ、懸命に自信を受け入れ生きてゆく男の姿を描いた物語ですが、「優しさには出会えたかい?」と優しく歌い上げる氷室の歌声を聴くと小説を読んでみたくなること間違いなし!!

ファーストアルバムということだけあり、当時の氷室の「若さ」と「勢い」を一番感じるアルバムです。

第9位.「beat haze odyssey」

【収録曲】
01. OUTSIDE BEAUTY
02. Girls Be Glamorous
03. 幻想と真実
04. PRESSURE
05. The Vacant World (Without Love)
06. Julia
07. ONE
rare mix session
[FIRST PRESS ONLY] (8cm CD)
01. 魂を抱いてくれ(nylon-guitar version)
02. Believe(nylon-guitar version)
03. Still The One(rare mix)

発売日:2000年10月18日
おすすめ曲:ONE、Julia

シングル「OUTSIDE BEAUTY」の収録されているアルバム。
3年に1度のペースでアルバムリリースしている氷室には珍しく2000年には2枚アルバムをリリースしていて、その2枚目。

「ONE」は反町隆史氏に楽曲提供したものにアレンジを加えセルフカバーした作品。
エレキギターで奏でられるイントロのアルペジオがカッコよく、反町氏の作詞をうまく氷室風に変更されていて、聴き比べると面白いです。

もし手に入るのであれば是非聴いてほしいのが、初回限定盤に入っているのが懐かしの8cmのCD。
「レアミックスセッション」と名付けてありますが、アコースティックバージョンで収録されている「魂を抱いてくれ」は正にレア!氷室の透き通る歌声に癒されます。

第8位.「FOLLOW THE WIND」

【収録曲】
01. VIRUS
02. Weekend Shuffle
03. FOLLOW THE WIND
04. MONOCHROME RAINBOW
05. LOVE SHAKER
06. Claudia
07. FOOL MEN’ S PARADE
08. SACRIFICE
09. RAP ON TRAP
10. ARROWS

発売日:2003年8月20日
おすすめ曲:RAP ON TRAP、FOLLOW THE WIND

森雪之丞氏がすべての作詞を担当しているアルバム。
森雪之丞氏はhideなどのロックから、ジャニーズ等のアイドル、アニソン等マルチに作詞をするヒットメーカー。

彼の世界観に引き込まれすぎないように茶々を入れながら作ったと氷室は話していますが、森雪之丞氏の世界観と氷室の曲が調和をし、万人に愛されるアルバムに仕上がっています。

このアルバムで注目してほしいのが、9曲目「RAP ON TRAP」。
氷室の「朗読」が入っている楽曲で、氷室のセクシーな低い声が聴いていてドキっとするし、哲学的な台詞に思わず引き込まれてしまう貴重な作品です。

第7位.「IN THE MOOD」

【収録曲】
01. Easy Love “IN THE MOOD EDITION”
02. Ignition
03. Bitch As Witch “ALBUM MIX”
04. Wild Romance “ALBUM MIX”
05. Harvest
06. Say something
07. In The Nude ~Even not in the mood~
08. Sweet Revolution
09. Shadow Of Your Smile
10. Pain
11. Miss Murder
12. Stand Alone

発売日:2006年12月20日
おすすめ曲:Say something、Miss Murder

GLAYとのコラボが話題になったアルバムです。

アルバム曲の“Say something”では作詞をTAKURO、コーラスにTERUを迎え、レコーディングではGLAY全員での参加で、聴くと氷室の曲というよりかはGLAYの色が強く出ている楽曲です。

氷室に憧れてGLAYを組んだので、ボーカルのTERUはレコーディングの際にどうしても声を氷室に寄せてしまって、なんどもレコーディングしなおしたという逸話があります。

また、このアルバムでは氷室がLAで様々な音楽を聴く中で良いと思った曲をカバーしていることでも話題となりました。
なかでもMiss MurderはパンクバンドAFIのコピーなので、いつもの氷室とは全く違うので驚かされるので、是非聴いてほしい1枚です。

第6位.「SHAKE THE FAKE」

【収録曲】
01. VIRGIN BEAT [Re-mix] 02. BREATHLESS
03. SHAKE THE FAKE
04. LOST IN THE DARKNESS
05. HYSTERIA
06. FOREVER RAIN
07. DON’ T SAY GOOD BYE [Re-mix] 08. DOWN TOWN ARMY
09. LONESOME DUMMY
10. BLOW
11. TRUE BELIEVER

発売日:1994年9月26日
おすすめ曲:VIRGIN BEAT、TRUE BELIEVER

前回のアルバムが大ヒットした故に、それを越そうと1年半の歳月を費やしできた大作。
スターになった自分に甘えたくないというLA渡米した理由が強く表れており、今までの氷室とは一味違った作品になっています。

アルバムに収録されているシングル「VIRGIN BEAT」のPVではクレーンの角に立って歌う姿が話題となりました。
これを「めちゃイケ」の前身の番組でナインティナインの岡村さんが同じように撮影したのですが、それが何度見ても笑えます。

このパロディ?オマージュ?の作品は氷室も公認なので、是非動画を探してみてほしいです。

第5位.「MELLOW」

【収録曲】
01. SLEEPLESS NIGHT~眠れない夜のために~
02. 永遠~Eternity~ (album mix)
03. Still The One
04. Believe
05. Silent Blue (album mix)
06. So Far So Close
07. ダイヤモンド・ダスト
08. Chaos
09. Jive!
10. bringing da noise

発売日:2000年2月23日
おすすめ曲:SLEEPLESS NIGHT~眠れない夜のために~、Silent Blue、Still The One

2000年にリリースされたアルバム1枚目のアルバムです。

2枚出していることもあり、デビュー当時のような勢いをここでも感じることができ、良い意味で氷室クサさが出ています。
王道ロックというよりかはロックバラードがメインとなっていて、氷室の愛の歌い方が聴いていてキュンとするアルバムです。

1曲目の「SLEEPLESS NIGHT~眠れない夜のために~」のクールなイントロで、グッとアルバムの世界に引き寄せメインのバラードたちがその世界を盛り上げます。

このアルバムをもって恋人とドライブにいきたくなる爽やかな1枚です。

第4位.「“B”ORDERLESS」

【収録曲】
01. My Name is “TABOO”
02. PARACHUTE
03. Rock’ n’ Roll Suicide
04. Doppelgӓnger
05. The Distance After Midnight
06. 忘れてゆくには美し過ぎる…
07. Sarracenia
08. Time for Miracles
09. Never Cry Wolf
10. Traumatic Erotics
11. BANG THE BEAT

発売日:2010年9月8日
おすすめ曲:忘れてゆくには美しすぎる…、Traumatic Erotics

2020年現在では最後のオリジナルアルバムと謳っている「“B”ORDERLESS」
当時氷室が「ラストアルバム」と発言をし、ファンたちをざわつかせました。

その後「Last=最後」という意味ではなく、英語の「Last month=先月」というように「Last=ひとつ前」という意味だと釈明していました。

しかし、2016年「氷室京介を卒業する」と発言し引退(無期限ライブ活動休止)しています。
そのため、もしかすると「LAST=最後」かもしれないオリジナルアルバムです。

アルバムの作詞にはGLAYのTAKUROが参加し、編曲にはサポートメンバーのYTが参加していますが、作詞や編曲によってそれぞれのメンバーの特色がしっかりとあらわれるているのが聴いていて面白いので、ぜひ注目して聴いてみてください。

さて、氷室京介のおすすめアルバムランキングはついにここからトップ3です!
どんなアルバムがランクインしているのでしょうか?


スポンサーリンク

スポンサーリンク