氷室京介の人気曲ランキング!おすすめベスト11をファンが選んでみた!


スポンサーリンク

数々のアーティストが影響を受け、KING of ROCKとも言われている氷室京介。

テレビにあまり露出がないため新規ファンを獲得することはあまりないですが、根強いファンはBOOWY時代からのファンが多く、私もそのファンの一人です。

今回はその氷室京介の人気曲についてご紹介していきます。

氷室京介について

1982年、BOOWY(ボウイ)のボーカルとしてデビュー。

90年代のロックブームで出てきたGLAYやJUDY&MARYなどのアーティストたちの多くが影響を受けたと公言していて、BOOWYは伝説のロックバンドと呼ばれています。
人気絶頂のなか突如BOOWYは解散をし、解散後わずか3か月でソロデビュー。

テレビ出演は稀で、おもにライブ活動をすることでファンを獲得してきました。

現在は残念ながら2016年から耳の不調を理由に無期限の音楽活動休止中ですが、今年9月発売のB’zの松本氏のアルバム曲で久々に新曲が聞ける予定となっています。

ファンとしては胸アツな発表です!!是非チェックしてみてください。

氷室京介おすすめ人気曲ランキング:第11位~第4位

第11位.「WILD ROMANCE」

発売日:2004年9月8日
収録アルバム:IN THE MOOD
タイアップ:映画「ヴァン・ヘルシング」日本語吹き替え版エンディングテーマ

氷室がプライベートで映画を鑑賞し、すごく気に入ったことがきっかけで映画とコラボした曲。

PVでは映画の映像と雰囲気を合わせて教会のような場所でロックを奏でています。
疾走感がありながらもセクシーに仕上がっている曲なので、聞いていて気持ちよくなること間違いなし。

私は歌うと思わず片足をどこかに乗せて歌ってしまいます。

第10位.「Claudia」

発売日:2003年7月21日
収録アルバム:Follow the wind
タイアップ:WOWOWヨーロッパサッカーイメージソング

DAIGOさんソロのデビューシングルMARIAに楽曲提供をしている曲。
その歌詞を変えて自身のシングルとして発表されました。

イントロから引き付けられ吸い込まれていくようにサビに入っていくので、まさにスポーツ観戦しているような興奮を湧き立たせる曲です。

第9位.「ダイヤモンド・ダスト」

発売日:1999年10月27日
収録アルバム:MELLOW
タイアップ:フジテレビ系ドラマ「氷の世界」主題歌/ゲームソフト「龍が如く5 夢、叶えし者」挿入歌

氷室京介の生き方を描いたようなバラード。

作詞はヒット曲を数多く輩出していている森雪之丞氏がより力を込めて作詞した楽曲です。
ロック調とは少し外れているのか滅多に歌われることがなく、あまり生で聴けない名曲。

20周年ライブの際に久しぶりに披露されて、歌詞の美しさに氷室の歌声が乗ることで感極まるファンも多かった楽曲です。

第8位.「HEAT」

発売日;1997年10月29日
収録アルバム;I・DE・A
タイアップ;「ダイドーブレンドコーヒー」CMソング

PVが氷室京介の休日をイメージさせるものやレコーディング風景を描いたような映像で、好きなファンも多いはず。

私も個人的に一番好きなPVです。

当時では珍しいダブリング(ボーカルの声を二重で収録する方法)でのレコーディングをされていて、爽やかさの中にも重厚感がある曲なので聴いていて元気になること間違いなしです!

第7位.「魂を抱いてくれ」

発売日:1995年10月25日
収録アルバム:MISSING PIECE
タイアップ;テレビ朝日系ドラマ「風の刑事・東京発!」主題歌/ゲームソフト「龍が如く5 夢、叶えし者」挿入歌

オーケストラが使われており、ロックバラードの代名詞ともいえそうな楽曲です。
しっとりと歌い上げる氷室京介の歌声は、なんともいえない大人の雰囲気。

2番の「暑さが消えて 透明な秋 愛だけ残った」という歌詞はとても綺麗で純愛を描いていることがよくわかります。
少し肌寒くなったときに聞きたくなる一曲です。

第6位.「IF YOU WANT」

発売日;2012年3月14日
タイアップ;日本テレビ系列(NTV系)「NEWS ZERO」2011年 エンディングテーマ
収録アルバム;KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary BEST ALBUM GREATEST ANTHOLOGY

この曲はもともとNEWS ZEROのオファーのもと曲を作成していた曲でした。
しかし発表前に東日本大震災が起き、急きょ歌詞を書き直しレコーディングされた楽曲です。

震災で多くの命が絶たれ多くの人々が悲しみで前も見えない程でしたが、自分が望む道に進んでみようと勇気を与えてくれる一曲で、優しさにあふれる曲です。

是非人生につまづいた時に聞いてほしいです。

第5位.「ANGEL」

発売日:1988年7月21日
収録アルバム:FLOWERS for ALGERNON

氷室京介のソロデビュー曲。

この曲で、レコード大賞のシングルとアルバム大賞を受賞し、「このアルバムを作ることができたのは、スタッフ、ファン、そして・・・あとは俺の実力だと思ってます。」と名言を残している伝説の一曲。

大抵ライブでは盛り上がりの最高潮の時に歌われるので、ファンも氷室本人も一番盛り上がる曲です。

第4位.「REVOLVER」

発売日:2001年1月1日
収録アルバム:Girls Be Glamorousカップリング/L’EPILOGUE

通常、アーティストはライブではシングル曲を多く歌うかとおもいますが、氷室はライブでアルバム曲を多く歌うアーティスト。こちらも人気曲ですが、シングルカットされていない曲です。

氷室が音楽活動休止を発表したライブのエンディングで流れた曲で、ファンたちの気持ちに寄り添う歌詞が人気を集める理由です。

「さよならは言わない」そんな風に言ってくれるのか。と私は声を上げて泣いてしまいました。

以上が第4位までの発表でした。ライブ活動をメインにしているからならではのランキングとなっていますね。

ここまでで気になる曲はありましたか?
では、さっそくTOP3の発表にいこうとおもいます!


スポンサーリンク

スポンサーリンク