ヤバイTシャツ屋さんのカラオケで盛り上がる人気曲ランキングベスト10!

カラオケといえば、しんみりしたバラードも良いですが、ノリノリでポップでリズミカルな曲を歌って日頃の疲れを取る!というのも良いですよね。
そんな方々のためにとっておきのバンドがいます。

ヤバイTシャツ屋さん(ヤバT)です!!

彼らが作る曲のほぼ大半は「カラオケで盛り上がれるタイプ」のものです。
ぜひ、これから紹介するヤバTの曲を覚えて、友達と一緒にカラオケで発散させてください。


スポンサーリンク

ヤバイTシャツ屋さんのカラオケで盛り上がる人気曲ランキング:第10位~第4位

第10位:「ハッピーウエディング前ソング」

発売日:2017年9月20日
収録アルバム:Galaxy of the Tank-top

一見結婚式ソングっぽいタイトルですが、新婚の人の前では歌わないように気をつけてください。
歌詞の内容がひどいので(笑)。

一つの「盛り上がる曲」として歌ってもらえばいいと思います。

第9位:「肩 have a good day」

発売日:2017年4月5日
収録アルバム:どうぶつえんツアー

バラード系の、ヤバイTシャツ屋さんにしては珍しい曲調なのですが、その歌詞はヤバTらしさ全開。
「肩幅が狭い人よりも肩幅が広い人の方が説得力が増す」という歌詞に始まり、終始そういった主張が繰り広げられています。

「バラードちゃうんかい!」とウケることは確実です。

第8位:「かわE」

発売日:2018年12月19日
タイアップ:映画「ニセコイ」主題歌
収録アルバム:Tank-top Festival in JAPAN

アルファベットを洒落に使って「かわE越してかっこFやんけ」といったヤバTらしさ全開の言葉遊びが豊富に使われているこの曲は映画の主題歌としても起用されました。

歌詞を追うだけでも楽しいので、友達と一緒に盛り上がりましょう!

第7位:「喜志駅周辺何もない」

発売日:2016年11月2日
収録アルバム:We love Tank-top

彼らが出会った大阪芸術大学の最寄り駅である喜志駅のあたりは、何もないということを歌った曲なのですが、似たような駅の替え歌として歌ってみるとウケるかもしれません。

第6位:「無線LANばり便利」

発売日:2016年11月2日
タイアップ:光インターネットBBIQ(CMソング)
収録アルバム:We love Tank-top

テーマがWi-Fiだけに若者にウケることは間違いないでしょう。

歌の名前が面白いだけでなく、割と歌自体もしっかりとしたラブソングになっているので、そこの意外性も喜ばれることでしょう。

第5位:「鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック」

発売日:2018年5月16日
タイアップ:専門学校モード学園CMソング
収録アルバム:げんきいっぱい

サビで「キャッチー!」と叫びまくるこの歌は、タイトルを裏切らない、一度耳にすると頭を離れないメロディが持ち味です。

専門学校のCMソングにもなっており「キャッチーな感じで」とお願いされ、それをそのまま歌詞にぶつけたとか、そうではないとか。

第4位:「あつまれ!パーティーピーポー」

発売日:2016年11月2日
収録アルバム:We love Tank-top

こちらの曲はカラオケで歌うために作られたような曲で盛り上がることは間違いなし。
1曲目はとりあえずこれを歌っておけば間違いないでしょう。

中だるみが発生した時もこの曲で気分を上げ直すといいでしょう。

 

さてヤバイTシャツ屋さんのカラオケで盛り上がる人気曲ランキングはここからいよいよトップ3です。
一体どんな曲がランクインしているのでしょうか?


スポンサーリンク

スポンサーリンク