夏フェスでおすすめの帽子(ハット・キャップ)はこれだ★焼けたくない人必見!

私の夏のイベントと言えば…フェス‼というほど、私は毎年色々なフェスに行っています。

フェスは1日中大好きな音楽に浸ることが出来てとても楽しいのですが、なんと言っても暑い…暑すぎます。。。
毎回フェスは日差しが強く、特に女性はお肌が焼けてしまわないか心配ですよね。

何年かしてから、以前焼けたところがシミになってしまうなんてことも…(泣)
日焼け止めを塗って対策はしますが、不安な人も多いのではないでしょうか?

そこで、私が試したのが帽子です。

以前、フェスで帽子は被っていませんでしたが、実際に試してみたら「なんで今まで被らなかったんだろう…」と思ったくらい沢山メリットがありました。

今回は、あなたにもフェスで着用する帽子の魅力、メリットについて紹介していきます‼


スポンサーリンク

夏フェスで帽子は必要??被るメリット

先ほどもお話しした通り、私は以前、帽子は邪魔だからかぶらずにフェスで過ごしていました。

しかし、フェスに行った次の日にまず頭皮がヒリヒリして鏡を見ると、髪の毛の分け目の所が赤く焼けてしまっていたり、髪の毛も焼けて痛んでいたりしました。

又、顔も日焼け止めを塗っていましたが、汗で落ちてしまったのか少し焼けてヒリヒリしました。

そこで、この悩みを解決するために、帽子を被ってフェスに参戦してみました。

すると、髪の毛の傷み具合も、日焼けの度合いも一気に解消されたんです‼
本当に、目から鱗でした(笑)

又、私はフェスで帽子を被っていなかった時、よく熱中症になっていました。
熱中症になってしまうと、かなり休憩が必要ですし、最悪1日中テントで寝て過ごすことにもなりかねません。

そこで、帽子を被ってフェスに参戦してみると、熱中症になりませんでした。

ぜひ、あなたにもフェスに行くなら帽子をおすすめしたいです。
今まで、邪魔だと被りませんでしたが、最近はフェスに行くなら絶対帽子を持って行きます‼

夏フェス用の帽子を選ぶポイント4選

一概に帽子といきなり言われても、何を選べば良いか分かりませんよね。
そこで、まずは帽子を選ぶポイントを4つ紹介させていただきます‼

  • 折りたためる
  • つば部分が広すぎない
  • 風通しがいい
  • UVカット効果

順番に説明していきます。

折りたためる

まず、1つ目は折りたためるタイプの帽子がおすすめです。

休憩中テントなどの日陰で休む際や夜になって帽子を脱いだ時に、手に持っていると邪魔になってしまうので、折りたたんでコンパクトに出来るとかなり楽だと思います‼

つば部分が広すぎない

2つ目のポイントは、つば部分が広すぎない帽子を選ぶといいと思います。

焼けないためにとつばが大きい物を選んでしまいがちですが、フェスでは、人と人との距離が近くなるので意外と周りに当たってしまって、迷惑をかけてしまいます。

なので、周りの人のためにもつばが大きすぎない物を選んでください‼

風通しがいい

3つ目は、風通しがいい帽子を選ぶことをおすすめします。

素材によっては帽子の中が蒸れてしまって、汗だくになってかぶっていられない物もあります。
なので、なるべく風通しが良い物を選ぶことをおすすめします‼

UVカット効果

4つ目は、UVカット効果のある帽子を選ぶといいと思います。

UVカット効果があれば、日焼け止めが汗で落ちてしまっても、日焼けを少しは防げます。
なので、なるべくUVカット効果のあるものをおすすめします。

以上が、フェス用の帽子を選ぶ際の4つのポイントです。
参考にしてみてください‼

スポンサーリンク

夏の野外フェスで焼けない人が選んでいた‼おすすめ帽子(ハット・キャップ)とは?!

ここまで、帽子の必要性と選ぶポイントについてお話ししてきましたが、ここからは私がおすすめする帽子(ハット・キャップ)の商品について紹介していきます‼

ハット

まず、最初にオススメしたいのが、私の好きなブランドKiu(キウ)のハットです‼

中は、メッシュで蒸れにくくなっていますし、UVカット効果も90%あります。
又、たたんでコンパクトに出来るのでバッグに入れることもが出来ます‼

撥水効果もあるので、突然雨が降った時にも便利です。
色も柄も種類があるので選べます‼

次におすすめしたいのが、こちらのハットです。

UVカット効果90%もあって、撥水加工もされています。
額の部分が吸汗速乾素材になっているので、素早く吸収してくれます‼

お手頃な価格なので、家計にも負担にはならないので良いですね。

キャップ

これまではハットを紹介してきましたが、形が違う物がいい場合にはこちらのキャップもおすすめです。

内側の汗止め部分には、吸水速乾メッシュ生地を使用しているので蒸れにくくなっています。
紫外線カット効果もあるので、日差しの強い日でも安心です。

以上が、私がおすすめする帽子になります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
自分のお気に入りの帽子は見つかりましたか?

ポイントをおさえておけば、きっと快適に過ごせる帽子が見つかりますよ‼

まとめると

  • 折りたためるタイプの帽子
  • つば部分が広すぎない物
  • 風通しがいい物
  • UVカット効果のあるもの

以上が帽子を選ぶ4つのポイントになります‼
帽子をかぶると熱中症予防にもなりますし、ぜひぜひ持って行くことをおすすめします。

お気に入りの帽子を見つけて、フェスを快適に楽しんでくださいね。
最後まで読んで頂いてありがとうございました☆


スポンサーリンク

ライブ遠征なら格安バス・格安航空券・格安レンタカーを予約

大手からLCCまでの価格を瞬時に比較して最もお得な格安航空券が予約できるため、遠征費を節約したい方におすすめです。

  • エアトリ:格安航空券・LCC(国内線)の最安値を探す
  • skyticket:片道から購入可能な格安航空券の比較サイト
  • スカイツアーズ:ANA・全日空の飛行機+ホテルが予約できる格安ツアー

※多数のライブ遠征の際の費用や節約する方法については、以下の記事にまとめいますのでぜひ参照してください。
【ジャニオタ・ドルオタ必見】格安でライブ遠征するために損しない心得

チケットの抽選に落選し一般発売でも入手できなかった場合
まずは、公式サイトにて定価トレードの申し込みができるか確認してみてください。
それでも入手できない場合は、最後の手段として「チケット売買サイト」を利用してみましょう。

定価以上での取引があるため
それなりにお金を出しても良いという場合は、以下のサイトで取扱いがあるかもしれません。

【注意点】
公演によっては、転売チケットでの入場が拒否されることがありますので、事前に公式サイトで確認してください。
キャパが十分あるにも関わらず、転売屋がチケットを確保しすぎてしまったケースでは定価で購入できることもあります。
定価で入手できるなら行けるという場合は、諦めずに公演日ギリギリまで上記サイトをチェックしてみましょう。
急な用事で行けなくなった転売目的でない人が、良心的な価格で出品してくれることもあります。

当サイトはチケット転売を推進する意図はありません。
ライブに行きたかった人とやむを得ず行けなくなった人がマッチングしてくれたら良いと願っています。

スポンサーリンク