世界的ロックバンド・Foo Fightersのおすすめ名曲を厳選して紹介します

グラミー賞の常連である、世界的ロックバンドFoo Fighters(フー・ファイターズ)。
ヘビィなギターリフと覚えやすいメロディーで、数多くの名曲を生み出しています。

なんとグラミー賞を獲得したアルバムは11枚を数え、どれから聞いていいのか迷ってしまうような実績の高さです。
そこで、Foo Fightersの人気のおすすめ名曲を厳選して紹介してみたいと思います。


Foo Fightersについて

Foo Fighters(フー・ファイターズ)は、1994年に元ニルヴァーナのドラマーである、デイヴ・グロールを中心に結成された、アメリカのオルタナティブ・ロックバンドです。

メンバーは、デイヴ・グロール(vo.g)テイラー・ホーキンス(ds)ネイト・メンデル(b)クリス・シフレット(g)パット・スメア(g)ラミ・ジャフィー(key)の6名にて構成され、オルタナやグランジの重厚感をベースに、ポップなメロディーの楽曲が特徴的です。
特に日本では”フーファイ”の愛称で親しまれる彼らの名曲を、紹介していきます。

Foo Fightersのおすすめ人気曲・名曲10選

「Everlong」

発売日:1997年5月20日
収録アルバム:The colour and the shape

Foo Fightersの代表的な名曲「Everlong」
疾走感あふれるギターリフにどこか繊細なデイヴの歌が印象的な、彼らを代表するヒット曲です。ミシェル・ゴンドリーが監督を手がけたMVも、ユーモラスなアート性が高くおすすめです。

「The Pretender」

発売日:2007年9月25日
収録アルバム:Echoes, Silence, Patience & Grace

6枚目のアルバムに収録されている「The Pretender」
この曲は2008年にグラミー賞最優秀ハードロック・パフォーマンス賞を受賞しています。強弱のついた構成と、デイヴのシャウトが聞いていてやる気が出てくる熱い曲です。

「Best of You」

発売日:2005年6月14日
収録アルバム: In your honor

グラミー賞最優秀ロック楽曲賞を受賞した名曲「Best of You」

Foo Fightersが作る壮大なロックナンバーは、不思議と高揚感が湧き出てきます。

個人的にこのダークなリアリティあるMVが大好きで、スマッシング・パンプキンズやクランベリーズといった90年代オルタナティヴ・ロックを彷彿とさせるんですよね。

スポンサーリンク

「All My Life」

発売日:2002年10月22日
収録アルバム:One by One

ファンからの人気が高いヒット曲「All My Life」

シンプルなギターのイントロから切り裂く、ヘヴィでラウドなまさにフーファイという感じのロックナンバーです。

MVでデイヴが弾いているアクリル製の透明のギターは、ダン・アームストロングの有名なギターです。

「Learn to Fly」

発売日:1999年11月2日
タイアップ:ノエビアCM(2000年)
収録アルバム: There is Nothing Left to Lose

思わず一緒に歌いたくなる「Learn to Fly」

相変わらずのファンサービスあふれるユーモラスなMVにも注目ですが、歌詞がとても素晴らしい曲なんです。
一言でいえば、諦めない心。温かみのあるボーカルと相まって、肩の力が抜けるような前向きになれる曲です。

「My Hero」

発売日:1997年5月20日
収録アルバム:The colour and the shape

ライブではサビを大合唱して盛り上がる曲「My Hero」

ドラマチックな曲です。ハードロックにどこか哀愁も漂う感じがとても情熱的ですね。

ファンからの人気も高いこの曲で、ライブで涙してるファンをステージに上げ一緒に歌う、そのハートフルさも彼らの大きな魅力です。

「In Your Honor」

In Your Honor
フー・ファイターズ
オルタナティブ
¥200

provided courtesy of iTunes

発売日:2005年6月15日
収録アルバム:In Your Honor

5枚目のアルバム「In Your Honor」のオープニング曲「In Your Honor」

轟くドラムに瑞々しいギターが爽やかな雰囲気のこの曲は思わずリピートしてしまう中毒性があります。
アルバムタイトルのこの曲は1曲目に相応しいですね。

スポンサーリンク

「Times like these」

発売日:2002年10月22日
収録アルバム:One by One

「All My Life」とも「Best of You」とも違うフーファイ・ロック「Times like these」

こんなに爽やかかつ疾走感のあるロックも出来ちゃうんです。聞いてるうちに元気が出る曲ですね。
第一線で活躍しながらも、どこかピュアさを感じるのはデイヴの謙虚な人柄が滲み出てるのかなと思いました。

「Monkey Wrench」

発売日:1997年5月20日
タイアップ:極生(麒麟麦酒)CM(2005年)、TBS系列「林先生の痛快!生きざま大辞典」テーマ・ソング(2014年から)
収録アルバム:The colour and the shape

Foo Fightersの代表曲「Monkey Wrench」
ノリのいい開放感のある曲は、日本ではキリンビールのCMに使われました。

映像にこだわる彼らならではのMVも、お茶目で面白いですよ。
ぜひカラオケで歌う際は、途中のシャウトを投げることなく歌いきりたいですね。

「Walk」

発売日:2011年4月12日
収録アルバム:Wasting Light

7枚目のアルバムWasting Lightにエンディング収録された「Walk」

アルバムのラストを飾るのにぴったりのポジティブなロック曲は、デイヴの娘が一人で歩けるようになったことがきっかけで製作された曲でした。
何かが始まるような明るい期待を感じる、王道ロックながらポップ!名曲です。

Foo Fightersのおすすめ人気曲・名曲一覧

EverlongYouTube Foo Fighters Everlong
The PretenderYouTube Foo Fighters The Pretender
Best of YouYouTube Foo Fighters Best of You
All My LifeYouTube Foo Fighters All My Life
Learn to FlyYouTube Foo Fighters Learn to Fly
My HeroYouTube Foo Fighters My Hero
In Your HonorYouTube Foo Fighters In Your Honor
Times like theseYouTube Foo Fighters Times like these
Monkey WrenchYouTube Foo Fighters Monkey Wrench
WalkYouTube Foo Fighters Walk

Foo Fightersの名曲をおすすめ紹介してきました。
彼らはアルバム毎に進化を重ねているので、まだまだ名曲がたくさんあります。
ぜひ気になる曲から、広げて聞いてみてくださいね。


スポンサーリンク
 
         
         
スポンサーリンク