カラオケ

レッチリで盛り上がろう!カラオケで歌うおすすめ人気曲10選

“世界最強のロックバンド”と呼ばれている、レッチリことRED HOT CHILI PEPPERS。
独自のミクスチャーロックが漢らしい人気バンドです。

そんなレッチリの曲が、カラオケにたくさん入っているのをご存知ですか?
ラップは難しそう..と謙遜せずに、バラードや周りも口ずさめる名曲があります。
洋楽を歌いこなしたらモテちゃうかも?

それではレッチリのカラオケで歌うおすすめ曲を10曲ご紹介します。


スポンサーリンク

RED HOT CHILI PEPPERS(レッチリ)について

RED HOT CHILI PEPPERSは、アンソニー・キーディス(vo)、フリー(b)、チャド・スミス(ds)、ジョシュ・クリングホッファー(g)の4人からなるアメリカのロックバンドです。

ライブではベースのスラップやギターの歪んだサウンドが更に強調されて、その場限りのジャムセッションを毎回行うなど迫力あるステージングで人気を集めています。

2019年にはサマーソニックのヘッドライナーとして8年ぶりに来日を果たしました。
レッチリの曲はラップなど派手なロックのイメージが強いですが、メロディアスで情緒豊かな隠れた名曲も多いです。

レッチリのカラオケおすすめ人気曲10選

「Desecration Smile」

発売日:2006年5月10日
収録アルバム:Stadium Arcadium

Stadium ArcadiumのMars編に収録されている「Desecration Smile」
ヒリヒリした雰囲気に枯れたアコースティックギターの音色が哀愁漂う曲です。
ミディアムテンポのバラードなのでシチュエーションを問わず歌いやすいですね。

「The Zepher Song」

発売日:2002年7月9日
収録アルバム:By The Way

アルバムBy The Wayから「The Zepher Song」
ライブでも演奏される穏やかな雰囲気の曲は、恋人にあてた歌詞が優しい印象を受けます。
男女問わず、カラオケで歌いやすい曲でおすすめです。

スポンサーリンク

「Charlie」

発売日:2006年5月10日
収録アルバム:Stadium Arcadium

ギターのカッティングリフがファンクな「Charlie」
一見すると難しそうな曲調ですが、ヴォーカルは低音で短いメロディーが多く歌いやすそうです。
是非とも男性に歌っていただきたい!

「Soul To Squeeze」

発売日:1993年8月19日
収録アルバム:Greatest Hits

アルバムBlood Sugar Sex Magik時に録音され、のちにベスト・アルバムGreatest Hitsに収録された隠れた名曲「Soul To Squeeze」

レッチリファンの私が、男性に歌ってほしいかつレッチリのカラオケで一番歌いやすい曲だと太鼓判です!
ムードが出るバラードは、異性受けもバッチリです。

「Wet Sand」

Wet Sand
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
オルタナティブ
¥250

provided courtesy of iTunes

発売日:2006年5月10日
収録アルバム:Stadium Arcadium

結婚について歌われたバラード曲「Wet Sand」

アルバムStadium Arcadium制作時はメンバー全員が恋愛をしていたそうですが、歌詞のみならずメロウで情緒的な心揺さぶる名曲です。
好きな人と一緒のカラオケで歌ったらとても素敵ですね。

「Fortune Faded」

発売日:2003年11月3日
収録アルバム:Greatest Hits

ベストアルバムGreatest Hitsからシングルカットされた「Fortune Faded」
ギターの音色が特徴的なこの曲は、現在のレッチリサウンドに通じるものがあります。

ミドルボイスでメロディーを繰り返すので、ラップや難しいのを歌うことに抵抗がある方にもおすすめします。 

スポンサーリンク

「Can’t Stop」

発売日:2002年7月9日
収録アルバム:By The Way

レッチリの人気曲で、ライブではオープニングに演奏されることが多い「Can’t Stop」
ファンクネスな王道レッチリサウンドはカラオケで盛り上がること間違いなしです。

ファンはついコーラスを歌いたくなってしまうのもご愛嬌で、打ち上げや大人数でのカラオケで歌うと評判がいいと思われます。

「Californication」

発売日:1999年6月8日
収録アルバム:Californication

レッチリを象徴する曲「Californication」
ライブでも人気が高く、レッチリのカラオケランキングでも上位にランクインしています。

落ち着くテンポが、世代問わず聴きやすくカラオケでも選曲しやすいですね。
もちろん、音楽好きで感傷に浸りながら歌い上げるのも気持ち良さそうです。

「Under The Bridge」

発売日:1991年9月23日
収録アルバム:Blood Sugar Sex Magik

レッチリが世界的ブレイクを果たすきっかけになったバラード「Under The Bridge」
ギターのアルペジオから始まるイントロが印象的です。

しっとりとクールながら聴きやすく、同性異性問わず受けも良さそうです。
個人的にノリのいい曲の後にちょっとブレイクで歌われたらキュンときますね。

「Dani California」

発売日:2006年5月10日
タイアップ:映画「デスノート」主題歌
収録アルバム:Stadium Arcadium

日本では映画「デスノート」の主題歌に使われた「Dani California」
レッチリを詳しく知らない人でも、耳にしたことがあるフレーズではないでしょうか。

ストレートなロックは、やはりカラオケの定番曲です。MVも面白いので本人映像で歌うのも盛り上がりそう!

まとめ

レッチリのカラオケで歌うおすすめ曲を10曲ご紹介しました。
アルバムからはStadium ArcadiumとBy The Wayが多く、必然的に歌いやすいミディアムテンポの曲が集まりました。

レッチリはロックの派手なイメージが強いですが、大人も歌えるバラード曲など円熟した名曲も多いので、ぜひレパートリーに加えて歌ってみてくださいね。


スポンサーリンク

【CDレンタルは損?曲を購入するなら音楽聞き放題サービス】
業界大手|5,000万曲が聴き放題の「Apple Music」なら3ヶ月無料で試せます!
今すぐ登録レビューはこちら

スポンサーリンク