くるり主催 京都音楽博覧会

ミスチル 京都音楽博覧会 2016/9/18 感想ライブレポとセトリ(梅小路公園)

2016年9月18日、くるり主催の京都音楽博覧会 IN 梅小路公園が開催され、ミスチル、Tété(テテ)、矢野顕子らが出演しました。

京都音楽博覧会は、今年で10年目の節目を迎えました。
くるりとミスチルの共演が話題になった今回の開催ですが、あいにくの天気に見舞われ、ラストのくるりの公演は中止・緊急配信となりました。

それでもくるりとミスチルのコラボが実現し、貴重なライブになったと思われます。
当日の実際の様子はどんなだったのでしょうか?


スポンサーリンク

ミスチル くるり主催 京都音楽博覧会 2016/9/18 みんなの感想レポ

くるり主催 京都音楽博覧会

タイトル:くるり主催 京都音楽博覧会2016
開催日 :2016年9月18日
会場  :梅小路公園
※セットリストは記事の最後に記載しています。

スポンサーリンク

ミスチル 京都音楽博覧会 2016/9/18 セットリスト

序盤から名もなき詩、Tomorrow never knowsとダブルミリオンヒット曲を連発するなど、アクセル全開のようでした。

中盤のMCでは、桜井さんが「錚々たるメンツが並ぶ、この京都音博にようやく出演することができました」とコメント。

最新アルバム「REFLECTION」からはmelody、足音 ~ Be Strongといったように新旧の作品から選曲されました。

さらに、「ランニングハイ」「僕らの音」といった曲が披露された背景には、9月21日から後半のツアーがスタートするに当たっての布石も感じられました。

そして、何と言っても驚いたのは、ミスチルの演奏終了後に、桜井さんに加えてくるりの岸田、佐藤の3人「シーラカンス」が演奏されたことです。

「シーラカンス」はライブでは滅多にやらない曲のため、おそらくは「くるり」のリクエストによるものかと思います。

そのため、流石に「シーラカンス」をホールツアーでやることはないかと思いますが、とても貴重なサプライズコラボでしたね。

参考:くるり 京都音楽博覧会2016|BARKS

1. 名もなき詩
2. Tomorrow never knows
3. melody
4. PIANO MAN
5. ランニングハイ
6. しるし
7. 足音 ~ Be Strong
8. 僕らの音
9. シーラカンス(桜井和寿✕くるり)

ライブの模様がテレビ放送されることが決定しました!
放映チャンネル:NHK BSプレミアム
放映日:2016年10月23日(日)22:50~23:50

関連記事
新時代レポ

2016年6月の日比谷野外大音楽堂で、前半のツアーに一区切りを付けたミスチル。 その間、夏フェス、ウカスカジー、ap b…

新時代レポ

ミスチル Hall Tour「虹」が2016/6/4 東京 日比谷野外大音楽堂にて前半ファイナルを迎えました!ここでミス…

新時代レポ

Hall Tour 2016「虹」の開催から幕を上げた2016年のミスチル。新曲、アルバム発売の発表もない中突如発表され…

新時代レポ

ミスチルの2016年の始動は なんと、ホールツアー「虹」の 開催決定のお知らせ! スケジュールやチケットについても 既に…


スポンサーリンク

【CDレンタルは損?セトリを作成するなら音楽聞き放題サービス】
業界大手|5,000万曲が聴き放題の「Apple Music」なら3ヶ月無料で試せます!
今すぐ登録レビューはこちら

スポンサーリンク