2019年ブレイク必至!注目したいアーティスト・バンド10選

LINEで送る
Pocket



早いもので2018年も残すところあと少し。
今年も様々なアーティスト・バンドが活躍し音楽シーンを盛り上げてくれました。

音楽ファンの人なら来年は更に音楽シーンが盛り上がる一年になればいいなと思いますよね?
そこで今回は2019年の音楽シーンを盛り上げてくれること間違いなしの邦ロックバンド5組とV系バンド5組、合わせて10組をご紹介したいと思います!

スポンサードリンク


2019年ブレイク・注目アーティスト:邦ロックバンド5選

reGretGirl

大阪を拠点に活動する3ピースロックバンド。
キャッチーなメロディーに載せられた失恋の悲しみや後悔、不安等の感情むき出しの歌詞で若者を中心にジワジワと人気を高めています。
2018年は大阪のみでなく東京や愛知での精力的なライブに加え、T.M Revolution主催のイナズマロックフェスにも出演を果たすなど大きく飛躍。2019年も更に人気を伸ばすことが期待されています!

KinG Gnu

2015年にギターボーカル・常田大希を中心に前身バンドであるSrv.Vinciを結成。
メンバーチェンジを経て2017年4月より現在のメンバーでバンド名をKing Gnuに改名し本格的な活動をスタートさせたバンド。

「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と自称する幅広い音楽性とお洒落な楽曲で音楽痛の間でジワジワと人気を集め、2019年1月にはニューアルバム「Sympa」でメジャーデビューも決定しています。
MVはもちろんバンド関係のデザインもとてもお洒落なので要チェック!

河内REDS

数回のメンバーチェンジを経て2014年春より本格始動。
「河内ロックの創始者」として独自の活動を展開しファンを増やし続けているロックバンド。

歌詞やパフォーマンスはふざけているだけに見えるかもしれませんが楽曲と合わせて演奏はとてもしっかりとしているバンドなのです。
MBSのオーディション番組で優勝しメジャーデビューが決定している彼らはもしかしたら2019年に一大ムーブメントを巻き起こしてくれるかもしれません!

Luby Sparks

現役大学生5人により2016年3月に結成された男女ツインボーカルのシューゲイザーバンド。
古き良きシューゲイザーサウンドは往年の音楽ファンにも響くものがあるのではないでしょうか?

海外バンドの来日公演への出演や海外でのフェス出演も果たすなど、国内のみでなく海外からも注目を集めている彼らのセンス抜群の楽曲は2019年も多くの音楽ファンをトリップさせてくれること間違いなしでしょう!

vivid undress

2014年に結成され下北沢を拠点に活動するロックバンド。
確かな演奏技術と親しみやすいキャッチーなメロディーがとても聴きやすくておすすめです。

2018年3月にドラムが脱退し4人体制となりましたが自主企画イベントをソールドアウトさせ、ベストアルバムの配信リリースなど勢いをなくすことなく活動中。

2019年はテディ、山内陽一朗、莎奈(ユナイト)などの豪華ゲストドラマーが参加したミニアルバム「赤裸々」のリリースとツアーも発表されているので要チェックです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年ブレイク・注目アーティスト:V系バンド5選

DIMILIM

元Deviloofの竜弥が中心となり結成され2017年より本格始動。
V系好きの人におすすめしたい重くて激しいバンドです!

そのテクニカルでラウドなサウンドはV系シーンだけにとどまらずメタルシーンでも認知され始めてきています。
2018年大晦日にはカウントダウンライブも発表されており、更に重大告知もあるようなので2019年の活動にも注目です。

JILUKA

2015年より本格始動したV系モダンメタルバンド。
超絶テクニックとハイクオリティな楽曲が最大の魅力です。

各パートの演奏力がとても高く、楽器をやっている人やバンドキッズは特に楽しめるバンドです。
凶暴さを増し続けているサウンドでV系メタルシーンを牽引する存在になるかもしれません!

Develop Ones Faculties

2014年に結成。インディーズシーンで注目を集めています。
テクニカルでオルタナティブな雰囲気を感じさせるギターサウンドが耳に残ります。

V系には珍しく世界観を作り込んでいるわけではなく、様々なタイプの楽曲を自由に生み出しているバンドなのでこれからV系シーンに新しい風を吹き込んでくれそうな予感がします!

NAZARE

前述のDIMLIMから電撃脱退したドラマー・壱世が中心となり2018年に結成。
ドラムの高速ツーバス連打はもちろん、8弦ギターと5弦ベースから繰り出されるヘヴィなサウンドにボーカル・澪のデスボイスやシャウトに加え、メロディアスなハイトーンまでの多彩な表現力が合わさることでとてもかっこいいサウンドに仕上がっています!

2019年1月には始動ワンマンライブを始め、ライブ出演の情報がどんどん発表されているので要チェックです!

DADAROMA

2015年にボーカル・よしあつを中心に結成。
V系ファンの大好物なヘヴィなサウンドとダークな世界観が持ち味です。

2018年は8月にドラム・裕介が脱退し活動休止となりましたが、10月に新メンバー・涼平が加入し復活。アルバム「dadamania#4」をリリースし2019年1月まで続くツアーの開催と精力的な活動を展開中。

次世代のV系シーンを引っ張っていくバンドになりそうな予感がする、V系ファンの間でも一目置かれている注目バンドです!

まとめ

2019年注目のアーティスト・バンドを10組ご紹介させていただきました。
気になったバンドはあったでしょうか?
流行り廃りが目まぐるしい現代で特に先が読めない音楽シーン。
どのバンドもそんな厳しい音楽シーンの中で活躍してくれそうなおすすめのバンドばかりです!

もしかしたら今回ご紹介させていただいたバンドの中から2019年にブレイクして何か大きなこと成し遂げてくれるバンドが現れるかもしれません。
みなさんも2019年へ向けて各バンドの情報をチェックしてみてはいかかでしょうか!


スポンサードリンク

関連記事

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

LINEで送る
Pocket



この記事の著者

mallow9240ライター

大阪府在住の元バンドマンです。
自分の好きなバンド・アーティストの魅力をお伝えすることが出来ればいいなと思っています。
まだまだライティング初心者ですがよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

2019年 ライブ・コンサート

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る