【ライブレポ】米津玄師 パシフィコ横浜 2017/12/14 感想&セトリ

LINEで送る
Pocket



4枚目のアルバム「BOOTLEG」の発売とともに、11月1日大阪を皮切りに15都市20公演ツアーが始まった米津玄師。
2017年12月14日はパシフィコ横浜 国立大ホールでのライブとなります。

ここでは米津玄師のパシフィコ横浜 国立大ホールに参戦したファンのライブレポを紹介します!
※このページはネタバレを含みます。

スポンサードリンク


【ライブレポ】米津玄師 2017 TOUR / Fogbound パシフィコ横浜 国立大ホール 2017年12月14日 ※ネタバレ

タイトル:米津玄師 2017 TOUR / Fogbound
開催日 :2017年12月14日
会場  :パシフィコ横浜 国立大ホール
※セットリストは記事の最後に記載しています。

照明の落ちたステージに、バンドメンバーとともに静かに登場する米津さん。
白Tシャツに白シャツを羽織ったラフな衣装ですが、188cmの長身なので素敵でした。
何も言わず静かにライブがスタートしました。

アルバム曲中心の構成

1曲目はのゆったりとした大人っぽい気だるさのある「fogbound」からスタート。
そこから「砂の惑星」「ナンバーナイン」と続きます。

「砂の惑星」で会場のテンションは一気に上がり、みんな手を上げてC&Rしていました。
「飛燕」ではギターをかき鳴らし、サビではベースの須藤さんが手拍子を煽ったりしていました。
「春雷」は一週間前にMVが公開されたので、イントロでひときわ大きな歓声が上がりました。
群青色とショッキングピンクの照明と映像がとても綺麗でした。
今回全体を通して、とても照明の演出が美しかったです。

暖かい曲調の「かいじゅうのマーチ」から静かで美しいシンバルの音色がしばらく響き、「アイネクライネ」へ。
米津さんの代表曲の1つと言えるこの曲では、感動で泣いてる方が大勢いました。

続く「orion」ではステージセットが星空のようなキラキラに包まれ、とても幻想的でした。

ここで大声で「ついてこれますかー?」と3回客を煽り「LOSER」へ。
「長い前髪で前が見えねえ」部分で自分の頭を指差したり、曲終わりに「は、は、は」と笑うのが、本当に楽しそうでした。

続いて「ゴーゴー幽霊船」「爱丽丝」「ドーナツホール」とアップテンポの曲の嵐。
米津さんもハイテンションで会場が熱気に包まれました。

「ピースサイン」のイントロでは米津さんがピースを掲げていたのが、とても可愛かったです。
今まで手でポーズをしている写真はたくさんありましたが、ピースする姿を初めて見ました(笑)。
会場もピースをする手で溢れ、盛り上がりました。

「Nighthawks」では出だしをミス。
1フレーズ歌ってすぐ手を挙げ演奏をストップ。
「間違えましたー!カポ4でしたー!もっかいやっていいですかー?」との告白に客席から笑いと「ガンバレー」の声援が湧きました。

「love」ではRESCUE同様ステージ前にスクリーンが降ろされ、「報道ステーション」等を手がける加藤隆さんによる様々な動物たちの美しい映像が流れました。

続く「打上花火」
DAOKOさんバージョンよりも静かめのアレンジがされており、花火大会の余韻を楽しんでいるような雰囲気があります。
照明の角度的にステージ横の壁に米津さんのシルエットが映っていたり、静かな波を表現しているかのようなダンスが情緒があってとても綺麗でした。

「Moonlight」ではショッキングピンクの照明が、曲の気だるさや歌詞の重さに合っていてとても素敵でした。
ラストに菅田将暉さんとコラボした「灰色と青」をアレンジ多めで披露し、本編は終了。

スポンサーリンク

アンコールではシングル「ピースサイン」のカップリングである「ゆめくいしょうじょ」「Neighborhood」を披露。
「ゆめくいしょうじょ」ではこちらもRESCUE同様ステージ前のスクリーンに、加藤隆さんのイラスト映像が映し出されました。
本ツアー用に加筆されており、曲や構成以外にも演出にも力を注いでいるのがわかりました。

スポンサーリンク

MC

冬より夏が好きな米津さん。寒いから「冬眠したい」と何度も繰り返していました。
歌ってる時とは違い、MCになるとまるでおじいちゃんみたいなトーンでのらりくらり話すのが面白いです。
主にギターの中ちゃんと会話を進めていくのですが、不定期で配信されるツイキャスでのトークのような、ゆるさとゆったり感があってほんわかします。

アンコールのMCでは突然「急なんだけど、発表があります」と米津さん。
「TBSドラマの主題歌をやらせていただくことになりました」との嬉しい告知が!
これには会場から大歓声と拍手が起こりました。

話の流れ的に会場は「まさかここで披露してくれるのでは?!」となりましたが、今はまだ「絶賛製作中」だそうです。
2018年1月12日スタートということで、もしかしたらその直前の武道館公演で披露されるかもと、期待大です!

「ツアー中の空いた時間に何してるか?」という会話の「ポケモンGO」という中ちゃんの返事に対し「どうぶつの森は?」と更に聞く米津さん。
福岡公演終了後、どうぶつの森の自分のキャラの画像をツイッターで公開し、ファンの中でも米津さんのキャラと同じ格好を揃える人も多くいます。
「レベルが40を越えた頃から新しい動物が出てこなくて、今、新しい動物待ちしてる」とのこと。
中ちゃん曰く「ツアー中だけど曲作ったりして忙しい」米津さんだそうですが、適宜に息抜きもされているようです。

「え~…」と数回言って黙る米津さん。
周りも客席も「?」となってる中、「このまま5分くらいしゃべらなかったらどうなんのかな?って邪な想いがさっきから頭をよぎるんだよね(笑)」と。
それには客席からも笑い声が聞こえました。

その後も「え~…」と沈黙を繰り返すと、今度は客席から「(ツアーで色んな場所に行ったが)ご飯はどこのが美味しかった?」などの質問が飛び交いました。

また、女性ファンたちの「かわいい~」の声には「知ってる」と答え、会場は暖かい笑いに包まれました。

ライブを終えて

観客はもちろんですが、米津さんが終始楽しそうでした。
以前は「ライブは好きじゃない」と言っていましたが、最近のインタビューで「だんだん楽しめるようになってきた」と言っていたように、良い意味でライブ慣れして楽しめるようになったのかもしれません。

また、RESCUEの時よりもお客さんと繋がろう、楽しもうと言う空気感がとても感じられました。
もちろんRESCUEでそれがなかったわけではありませんが、MCや煽り方など含めて「一緒に楽しもうぜ」感がとても感じられ暖かい空間だなと思いました。

アンコール後の挨拶で、「どうも米津玄師でした!よろしく…よろしくじゃねえや、ありがとうございました!」と言ってしまい、最後の最後にも笑わせてくれましたが、そんなところも楽しむ余裕ができたからなのかな、と思います。

来年1月9日、10日と武道館で本ツアーの追加公演を行う米津さん。
「個人的には武道館に思い入れがない」とは言っていましたが、また一つ大きな前進に繋がるんだろうなと思って期待しています。

スポンサーリンク

【セットリスト】米津玄師 2017 TOUR / Fogbound パシフィコ横浜 国立大ホール 2017年12月14日(曲順)

01.fogbound
02.砂の惑星
03.ナンバーナイン
04.飛燕
05.春雷
06.かいじゅうのマーチ
07.アイネクライネ
08.orion
09.LOSER
10.ゴーゴー幽霊船
11.爱丽丝
12.ドーナツホール
13.ピースサイン
14.Nighthawks
15.love
16.打上花火
17.Moonlight
18.灰色と青

-アンコール-
19.ゆめくいしょうじょ
20.Neighbourhood

【米津玄師 人気記事】
ニコニコ出身の異色アーティスト!米津玄師って何者?
米津玄師の人気曲ランキング!ファン厳選のおすすめトップ10はコレだ!
米津玄師の人気アルバムCDランキング!ファンが選ぶおすすめベスト5!
米津玄師の心に響く歌詞ランキングトップ10!
結婚式におすすめの米津玄師の楽曲紹介!

【新曲 発売情報】

【セトリ】2018年ライブ日程へ戻る


スポンサードリンク

関連記事

このレポが気に入ったら「いいね」ボタンをお願いします!
LINEで送る
Pocket



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

2018年 ライブ・コンサート

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る