安室奈美恵の実母の交通事故後、マスコミニュースとHEYHEYHEY生出演まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

90年代からずっとトップを
走り続ける安室奈美恵さん

実は過去に、とても悲しいことが
あったのをご存知でしょうか?

当時は大々的にマスコミに取り上げられ
大きくニュースで報じられました。

スポンサーリンク

プロフィール


出典:amazon.co.jp

【プロフィール】
生年月日:1977年9月20日
出身地:沖縄県那覇市
身長:158cm
体重:40kg
血液型:O型
所属:Dimension Point

祖父がイタリア系アメリカ人であり
その子供である母親は日本人のハーフです。

そのため、安室奈美恵はハーフではなく
イタリア系アメリカのクオーターとなります。

安室奈美恵の実母の交通事故

安室奈美恵さんが
1999年3月17日にニューシングル「RESPECT the POWER OF LOVE」を
発売した同日に実の母親が交通事故で
亡くなる事件が起きました。

被害者の母親の恵美子さん(当時48歳)は
なんと義理の弟(謙二さん)の乗る車で
ひかれてしまったのです。

その日新曲のプロモーションに
参加していた安室さんは、非常に動揺され
イベントを中止して、すぐに沖縄へと
向かいました。

警察署で全ての事実を聞かされた
安室さんは終始無言だったそうです。

義理の弟(謙二さん)は
安室さんの母親の再婚相手の弟なので
血縁関係はありませんでした。

その義理の弟は、事件から数時間後
5km離れた山道で既に意識不明の状態で
発見されます。(自殺と断定)

当時、安室奈美恵といえば
人気絶頂期であり、アムラーや細まゆなど
若い女性のカリスマ的存在でした。

そのため、当時のこの事件は
とても大きく注目されていました。

安室さんをマスコミの取材が
追いかけ、大々的にニュースで
取り上げられていたのを私は今も覚えています。

当時も言われていましたが
沖縄へ向かう途中の羽田空港にて
大粒の涙を見せる安室さんの表情を
カメラで撮ったり、マスコミの行動にも
疑問の声が出ていましたね。

あまり当時のことを語らない安室さんですが
マスコミ嫌いになりそうでしたと
発言もされていました。

事件の詳細はコチラ
http://ja.wikipedia.org/wiki/

マスコミのニュース報道

当時のニュースでは
安室さんが、羽田空港に到着したところや
飛行機に搭乗したところにもカメラが入り
テレビニュースで報道されていました。

当然、当時夫であったSAMは
安室の涙の表情を至近距離で撮影しようとする
カメラやマスコミを払いのけようとします。

いろんな人たちにもみくちゃになり
安室さんが転んでしまったり
SAMに支えられるようにして
沖縄に変える様子がテレビ放送されたのです。

カリスマ歌手の親族間事件として
親族間のトラブルや動機について
大々的に取り上げました。

そのためか騒ぎが大きくなりすぎたため
安室さんの歌手活動は一時的に休止
となってしまうのです。

事件の動機は以下です。

スポンサーリンク

・安室の母親(恵美子さん)に借金があった
 消費者金融からも借りていたもよう
・義理の弟(謙二さん)の結婚を反対していた

といったことが言われています。

告別式までは
その様子が大きく取り上げられたものの
事件の犯人がもうこの世にいないことと
安室さんに配慮してか
その後は一気に報道が減りました。

現在安室奈美恵の腕にあるタトゥーは
亡き母を想う言葉が刻まれています。

その内容は
「JUN.30 in 1950
my mothers love live with me
Eternally in my heart
R.I.P
MAR.17 in 1999」

和訳
「1950年6月30日から
母は永遠に私の中に生き続ける
rest in peace(安らかに)
1999年3月17日」

安室奈美恵の母親からの約束

実は、安室の母親(恵美子さん)は
亡くなる半年前の1998年9月に
エッセイ本を出版されています。

ここには
母親が娘に対して語った初めての想いが

「東京で三年間だけやらせて」と
泣きながら家を飛び出し、見事音楽業界の
トップアーティストととして輝くまで
母が見てきた安室さんが書かれています。

おそらく家を飛び出してから
結婚後も、仕事で忙しかった安室と母は
あまり会う時間がなかったと思われます。

そんな母の亡くなる
最後の言葉が書かれているようですね。

ハーフだった母恵美子さんの
幼少期の頃の苦悩から、安室奈美恵を産んでから
休みなしで働いてきたことなど

安室奈美恵さんが東京で成功し
結婚してから、これから家族でゆっくり
穏やかに暮らせると思った矢先の
出来事でした。

HEYHEYHEY出演で仕事復帰

20150131_2-1
出典:HEY!HEY!HEY! 1999年3月29日

活動を1時休止していた安室奈美恵は
母親の事件から12日後の3月29日に
HEY!HEY!HEY!の生放送に出演します。

この日のトークは
ダウンタウンがかなり気を使っている印象でした。

事件直後で絡みにくいわぁ~

と松本一志が言っていましたが
彼なりの思いやりが感じられて
安室さんも笑顔になっていましたね。

曲は、事件の3月17日同日に発売された
RESPECT the POWER OF LOVE

【当時の生放送を見ての感想】

まだ、事件から12日後だったので
テレビどころか歌も歌える精神状態では
なかったと思います。

しかしテレビでは堂々と最後まで歌い
涙を流さなかった姿は、高いプロ意識を感じて
感動しました。

安室奈美恵は現在も事件のことは語らず
マスコミに対して嫌いな態度をとるとか
辛い体験をこぼし、同情を誘うようなことも
することはありません。

ファンの前では
常に最高の歌とダンスパフォーマンスを
することは良く知られています。

母親から泣きじゃくりながら東京に飛び出し
成功した歌を歌い続けることが
母親との約束を守ることだと
強い信念があるのかもしれません。

私は、これからも応援し続けたい
アーティストの一人です。

安室奈美恵の息子の学校、アメリカンスクールから現在は木更津高校へ!

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

【新時代リポートブログの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:私の個人的な意見、見解、感想など

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

編集長 プロフィール


編集長:シニック

子供の頃からのテレビっ子
ネットが登場してからは、テレビだけでは分からなかった裏側の世界に興味を持つようになる。

【好きなジャンル】
芸能、野球、音楽、ドラマ

【尊敬する人】
堀江貴文

【好きな芸術家】
桜井和寿、東野圭吾

【好きな猫】
ノルウェージャンフォレストキャット、 メインクーン、 サイベリアン、 マンチカン
ページ上部へ戻る