GLAYライブ2016/3/26「Supernova」福岡 セットリストと感想ライブレポ(サンパレス福岡)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2016年のGLAYツアータイトルは「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 Supernova」GLAYファンで毎ツアー参加している私ですが同じくファンの友人と一緒に行ってきました。

2016年3月26日にサンパレス福岡で行われたGLAYのライブレポをお届けします。

スポンサーリンク

GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 Supernova 開催

GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 Supernova 2016年3月26日 サンパレス福岡

53枚目のシングル、Ḡ4・Ⅳをの発売を皮切りに、その翌日から追加公演を含め19箇所30公演と銘打ってスタートさせたGLAYにとって4年ぶりのホールツアー。

1月27日に発売されたシングルは、2月8日付のオリコンウィークリーチャートにて初登場1位を獲得し、21年連続してのTOP10入りを果たしており、長期にわたって人を惹きつけ続けていることを伺わせる。

1月28日大阪オリックス劇場から、4月24日武道館公演までの3ヶ月に渡るロングツアーを現在も彼らは走り続けている。

2016年3月26日 サンパレス福岡 感想ライブレポ

会場に到着した15時頃は、グッズ売り場の人も疎らでスムーズに購入できたが、15時半頃には30分ほどの待機列が出来ていた。

3月26日のサンパレス福岡での公演は、ツアーの終盤に入った23公演目として行われた。

当日の会場周辺は、マリンメッセ福岡で平井堅のコンサートが開かれていたこともあり、人が多くかなりの賑わいを見せていた。

サンパレス福岡の裏には、GLAYのツアートラックが停まっていたこともあり、昼過ぎには周辺にGLAYグッズを身につけた男女が多く集まる。

開場時間の30分ほど前には入口前に入場整列が行われ、当初の予定通り17:30開場、18:00には客席の照明が落とされた。

スポンサーリンク

1曲目に演奏されたのは、最新シングルから「Scoop」開場のボルテージも一気に上昇する。

続いて唯一のインディーズ時代のアルバムである「灰とダイヤモンド」より「千ノナイフガ胸ヲ刺ス」が続く。

ツアー前にも、メンバーの口から「コアなファンも喜ぶセットリスト」と言われていたように、最新曲から古いものまで万遍なく揃えられ、新しいファンも古くからのファンも共に等しく満足のライブだったように思う。

この日、2016年3月26日は北海道新幹線の開通日であり、GLAYはテーマソングを担当している。

ライブ中のMCでもそのことについて言及があり、TERUはそれに喜びの言葉を示すとともに、「俺達は九州にいるなんて!」と会場を沸かせた。またそのMCの中で続く「Supernova Express 2016」を「新幹線の歌」と称している。

開場の中に、朝一番の函館発の新幹線から乗り継いで福岡まで駆けつけたファンがいた事には、大変に驚かされた。

アンコールでは、「春を愛する人」も演奏され、ちょうど桜が咲き始めた頃に、春の訪れを感じさせた。

その後TERUによる「SWINGしようぜ」の掛け声をきっかけにファンクラブの名称にもなっている「HAPPY SWING」で観客席の温度は再び上昇。

本編中にもあった北海道新幹線の話題からTAKUROによる図らいで「北海道新幹線開通祝いMOVIE」を撮影することに。

この際「九州にも遊びに来てね~!」というTERUの言葉は、この日会場に集まったファンのハートを改めてがっしりと掴んだ。

その後、HISASHIのMCから、「ももクロも、ゾンビにしてやろうかー!」という言葉が飛び出せば、彼の作曲ナンバーである「彼女はゾンビ」が演奏される。

この曲では、ツアーを通して全公演で、HISASHIチャレンジと称して、間奏部分をくじ引きで弾いた楽器でHISASHIが演奏するという試みが行われた。

この日引き当てた楽器は、この日から追加となった「コケロミン」楽曲が終わった際にはTERUから「全然出来てない」などとダメ出しが出るという場面もあった。

そして最期に演奏された楽曲は「HICOMMUNICATIONS TOUR」に相応しく、「HICOMMUNICATIONS」会場全体が拳を上げ、腕をクロスさせる振りをする様は圧巻であった。

終演後、僅かな雨に降られるものの、本降りになることはなく、会場前のバス停に向かう者、徒歩で博多駅や天神、福岡市営地下鉄駅、ホテルなど各々の方向に向かう者に分かれたため、大きな混雑もなくスムーズに帰途に辿りつけたのではないだろうか。

サンパレス前バス停には、行列が出来ていたものの、博多駅、天神駅共に徒歩でも行ける範囲内のため、あまり混雑に会う事もなく、スムーズに帰路につくことができた。

(※敬称略)

2016年3月26日 サンパレス福岡 セットリスト

1. Scoop
2. 千ノナイフガ胸ヲ刺ス
-S・MC-
3. 汚れなきSEASON
4. STARLESS NIGHT
5. laotour 〜震える拳が掴むもの〜
-MC-
6. 初恋を唄え
7. 100万回のKISS
-S・MC-
8. More than Love
9. MERMAID
10. Beieve in fate
-MC-
11. SORRY LOVE
12. Will Be King
13. 航海
-MC-
14. 空が青空であるために
15. 百花繚乱
16. TILL KINGDOM COME
17. GREATE VACATION
-MC-
18. Supernova Express 2016

[ENCORE]
19. INNOCENCE
20. 春を愛する人
-S・MC-
21. HAPPY SWING
-MC-
22. 彼女はゾンビ
23. HIGHCOMMUNICATIONS

G4・IV (CD+DVD) [ GLAY ]
価格:2026円(税込、送料無料)

【関連記事】
GLAY新曲デストピアの発売日と歌詞は?クロムクロOPを見た感想
春アニメ「クロムクロ」のオープニング曲として話題のGLAYの新曲「デストピア」すでにアニメを確認したファンは、一部を聴くことができていますが、先日ファイナルを迎えた日本武道館のアンコールでデストピアが...

GLAYライブ2016/4/24「Supernova」日本武道館のセトリと感想まとめ
GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 “Supernova”も4月24日(日)の日本武道館でファイナルとなりました。ニコニコ動画で緊急生中継されたということもあって、多くの人がGLAYを体感できたであろうライブ。どんな...

HISASHIGLAYのHISASHIの素顔とは?気になる帽子と口ピ【すっぴん画像】
TAKUROが、GLAYの音楽の大半を手がける中その音楽性とは正反対の感性を持つのがギターのHISASHIそんな独特の音楽性を持つHISASHIの素顔をリポートしたいと思います・GLAYのHISASHIの素顔【すっぴん画像】GLAYの中...

成城学園GLAYのJIRO脱退を嫁の玲子さんが金沢で説得?子供は成城学園?
GLAYのメンバーでもち肌と童顔なルックスが女性ファンを離さないJIRO実はJIROが過去に脱退を考えたことがありGLAY解散の危機があったそうですが真相はどうなのでしょうか?JIROの子供は成城学園初等学校 出典:ht...

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

【新時代リポートブログの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:私の個人的な意見、見解、感想など

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

編集長 プロフィール


編集長:シニック

子供の頃からのテレビっ子
ネットが登場してからは、テレビだけでは分からなかった裏側の世界に興味を持つようになる。

【好きなジャンル】
芸能、野球、音楽、ドラマ

【尊敬する人】
堀江貴文

【好きな芸術家】
桜井和寿、東野圭吾

【好きな猫】
ノルウェージャンフォレストキャット、 メインクーン、 サイベリアン、 マンチカン
ページ上部へ戻る