川谷絵音の元カノにaikoやダンスアイドルら有名人の名前が浮上!!

LINEで送る
Pocket

ベッキーとの不倫スキャンダルで
ラジオ放送休止などの対応に
追われているゲス川谷絵音さん

実は、彼はバンドを始めた頃から
モテ始め、これまでにも複数の
女性と交際していたことが
報じられているようです。

その中にはなんと
シンガーソングライターの
aikoさんも含まれているという
噂もあるため、リポートしていきます。

スポンサーリンク

川谷絵音の元カノは誰?

川谷絵音

出典:https://twitter.com/indigolaEnd/status/645150846863302656

ゲスの極み乙女の川谷は
業界では女たらしということで
有名なんだそうです。

彼は、女性が苦手みたいな態度を
とりつつ、相手の女性を信頼させるのが
いつもの手口だと
デイリーニュースオンラインが
報じているんですね。

これまでに川谷と熱愛に至ったのは
実力派シンガーソングライターと
ダンスユニットのメンバー
ということらしいのですが・・・

【悲報】ゲスの不倫に嫌気か?ドラムほないこかが脱退へ

aiko、川本真琴らシンガーソングライター

デイリーニュースオンラインでは
川谷の元カノについて、以下のような
ヒントをあげています。

  • 超実力派シンガーソングライター
  • アルバムはミリオンセラー
  • 年齢はアラフォー近い
  • 童顔で男性にも人気がある

これらの特徴を見れば
一番当てはまるのはaikoさんですね(^_^;)

それと、川本真琴さんも当てはまりそうです。

川谷絵音との接点を調べてみると、
川谷はaikoさんの大ファン
であることがわかりました。

まずゲス川谷が、
僕らの音楽に出演時に
憧れのaikoさんから置き手紙を貰った
ことをツイッターで報告してるんですね。
※2014年8月頃

さらについ最近のことですが
aikoさんが40歳の誕生日を迎えた
2015年11月22日の翌日に
おめでとうツイートをしています。

11月といえば、
ゲス川谷がベッキーと出会って
デートをし始める時期なんですね。

さらにずっとファンです。
というのが元カノっぽくない
言い方なので少し微妙です。

川本真琴さんに関しては
彼氏の存在をツイッターで発言
しましたが、後に狩野英孝だった
ことがわかっています。

aikoさんも、元カノという
雰囲気ではないので、
実際は、交際の事実はなく
憧れているというだけだと
私は思うんですけどね(^_^;)

【衝撃】川本真琴の彼氏を自ら告白?元彼は意外なあの人!!

スポンサーリンク

ダンスアイドルユニットのメンバー

デイリーニュースオンラインが
報じていた川谷絵音の元カノには、
もう一人、次のようなヒントがありました。

  • 複数人の実力派ダンスユニットのメンバー
  • 年齢は20代半ば
  • ドーム公演を行ったことがある

これらの特徴から

Perfumeのあーちゃんこと西脇綾香
ももいろクローバーの高城れにさん
でんぱ組.incの最上もがさん

ではないかとの意見が
ネット上では一般的なようです。

そこで、ゲス川谷と彼女らの
接点を追ってみるとPerfumeの
あーちゃんと交流が・・・!

実は同い年で仲良いあーちゃんと。Perfumeかっこよかったなー。

川谷絵音さん(@indigolaend)が投稿した写真 –

どうやら仕事上で
一緒に機会があったようですね。

2人は同い年ということもあり
気があったのかもしれません(*´艸`*)

というわけで
aikoとパフュームのあーちゃん
この2人がゲス川谷の元カノ
最有力候補と言えそうです!

ゲスの極み川谷の結婚相手の嫁って誰?
【驚愕】ベッキーを受け入れた川谷絵音の非常識な親とは?

【編集後記】

びっくりしたのは
まさかのaikoさんでした。

ただ、ゲス川谷の一方的な
憧れっぽいので、デマの可能性もあります。

ツイッターを見る限り、交流があるのは
間違いないでしょうが(^_^;)

aikoさんは、星野源との復縁の
噂も囁かれていますので、間違っても
川谷の不倫に巻き込まれることは
ないと思います。

【悲報】aikoの星野源に対する歌詞が悲しすぎる件・・・

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

この記事の著者

編集部新時代レポ

この著者の最新の記事

関連記事

【新時代レポの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:編集部の見解、意見、感想など

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る