紅白歌合戦2017の出演者&司会者を徹底予想してみた!

LINEで送る
Pocket


年末恒例行事の「NHK紅白歌合戦」の出演者が気になる時期になってきました。

毎年出演する常連アーティストから満を持しての初出場アーティスト、さらには新人アーティストなど出場歌手の発表に期待が高まります。

今回は、紅白歌合戦2017の出演者と司会者の予想をしていきます。

スポンサードリンク

第68回NKH紅白歌合戦2017年 出演者アーティストの予想!

まずは、第67回NKH紅白歌合戦2016年の出演者のおさらいをしていきましょう!
※()内は出場回数

【紅組】
PUFFY (初)
E-girls (4)
欅坂46 (初)
miwa (4)
天童よしみ (21)
市川由紀乃 (初)
香西かおり (19)
椎名林檎 (4)
絢香 (8)
水森かおり (14)
いきものがかり (9)
乃木坂46 (2)
島津亜矢 (3)
西野カナ (7)
AI (2)
AKB48 (9)
Perfume (9)
大竹しのぶ (初)
坂本冬美 (28)
松田聖子 (20)
髙橋真梨子 (4)
宇多田ヒカル (初)
石川さゆり (39)

【白組】
関ジャニ∞ (5)
AAA (7)
三山ひろし (2)
山内惠介 (2)
Sexy Zone (4)
SEKAI NO OWARI (3)
三代目 J Soul Brothers (5)
福田こうへい (3)
郷ひろみ (29)
V6 (3)
ゆず (7)
RADWIMPS (初)
福山雅治 (9)
RADIO FISH (初)
桐谷健太 (初)
五木ひろし (46)
KinKi Kids (初)
星野源 (2)
TOKIO (23)
X JAPAN (7)
THE YELLOW MONKEY (初)
氷川きよし (17)
嵐 (8)

2016年は、RADIO FISH、桐谷健太といったその年に話題になった方の出演が話題となりました。
出演者として名を連ねてませんが、「PPAP」で大ブレイクしたピコ太郎も特別企画枠として出演しています。

また、「君の名は。」の主題歌を歌ったロックバンド「RADWIMPS」の初出場も目玉として注目されましたね。
新人としてではなく、PUFFY、KinKi Kids、宇多田ヒカル、THE YELLOW MONKEYといった多くのビッグアーティストが、満を持しての初出場を果たしたのも特徴的な年でした。

常連アーティスト

紅白歌合戦は、毎年番組を盛り上げてくれる常連アーティストの存在もかかすことができません。
過去の出場回数を見て、以下の出演者が常連として2017年も出演が濃厚です。

【紅組】
天童よしみ (21)
香西かおり (19)
絢香 (8)
水森かおり (14)
乃木坂46 (2)
西野カナ (7)
AKB48 (9)
Perfume (9)
坂本冬美 (28)
松田聖子 (20)
石川さゆり (39)

【白組】
AAA (7)
三代目 J Soul Brothers (5)
郷ひろみ (29)
ゆず (7)
福山雅治 (9)
五木ひろし (46)
TOKIO (23)
X JAPAN (7)
氷川きよし (17)
嵐 (8)

X JAPANは、今年YOSHIKIの頚椎人工椎間板置換手術から復帰で、出場する可能性はあると思います。

スポンサードリンク

2017年期待される出演者

桑田佳祐

2017年最も期待される出演者といえばこの人ではないでしょうか?
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を担当したことで、有力視されています。

ただ、NHK上田良一会長が「ひよっこ」の歌詞を意味不明と発言したことから、微妙な雰囲気が流れてしまったのがマイナスポイントではあります。

桑田佳祐は、ソロ30周年の節目ということもありますし、2017年10月からは全国ツアーが開催されます。

また、桑田佳祐の所属する事務所「アミューズ」は、俳優の小出恵介さんのスキャンダルによって、億単位の損失を計上したとされています。
この損失を埋めるために、さらには小出恵介さんが出演予定だったNHKドラマがお蔵入りとなったためのお詫びとしても、同じ事務所のアーティスト達が動くと言われています。

カウントダウンコンサートを開催することが多い桑田さんですので、もしかしたら2014年の出場のようにライブ会場からの中継という可能性もあるでしょう。

桑田佳祐 注目記事まとめはこちら

BABYMETAL

2010年に結成された3人組メタルダンス・ユニットです。
海外でも活躍する彼女らは、年々活躍の場を増やし夏フェスでのパフォーマンスも大絶賛されています。

BABYMETALは小出恵介さんと同じ事務所「アミューズ」なため、オファーがあれば出演する可能性があるのではないかと思います。

ディーンフジオカ

俳優業に留まらず、2016年からは歌手としての活動も目立つディーンフジオカ。
今年もライブ活動やMステの出演などで、独自の世界観を披露しています。

こちらもアミューズ所属ということで、出演される可能性があるかもしれません。

ディーンフジオカ 注目記事まとめはこちら

ONE OK ROCK

ロックバンド枠で、密かに噂されているのが世界的に活動しているONE OK ROCK。
テレビ出演はほぼありませんが、同様にテレビ出演を控えていたBUMP OF CHICKENが2016年にサプライズ出演したことで、次はワンオクか?と期待されています。
2016年もワンオクにオファーはあったとされていますが、世界での活動を理由に辞退しています。

小出恵介さんと同じ事務所ということで、今度は断れないかもしれません。
もし出場となれば、ファンから「小出恵介さんありがとう」という声が聞こえてきそうです。

ONE OK ROCK 注目記事まとめはこちら

アミューズ枠について

立て続けにアミューズ所属アーティストを取り上げましたが、ここで問題になるのがアミューズの出場枠です。
2016年はPerfume、SEKAI NO OWARI、福山雅治、星野源の4アーティストだけです。

ですので、2017年に桑田佳祐、もしワンオクまでもが加われば激戦となります。
今が旬の星野源は確定といえますので、福山雅治が落選するとの噂も出るほどです。

SEKAI NO OWARIが小沢健二とのコラボ「フクロウの声が聞こえる」での出場となればアミューズ枠から外れる可能性もありますので、このあたりにも注目です。

安室奈美恵

2017年9月16日に、デビュー25周年を迎えた安室奈美恵さん。
これだけでも紅白出場が期待される彼女ですが、2018年9月16日をもって引退することを自信のホームページで発表しました。
これに対して、メディアでは早くも大トリ確実とも言われています。

現在も毎年のように、多数のライブツアーを圧倒的なパフォーマンスで魅せてくれる安室奈美恵さんですが、まさに引き際の美学を感じます。
おそらく出場は確実かと思われますが、出場となれば今後も語り継がれる伝説の引退ステージとなることでしょう。

安室奈美恵 注目記事まとめはこちら

MAX

沖縄アクターズスクール発の4人組ダンスグループ。
安室奈美恵と共に、1992年にSUPER MONKEY’Sとしてメジャーデビューした盟友です。

育児で活動休止していたREINAが2017年に復帰したため、安室奈美恵と最後の共演があれば話題沸騰は必至です。

スポンサードリンク

2017年に話題になった芸能人

どうぶつビスケッツ×PPP

アニメ「けものフレンズ」の主題歌「ようこそジャパリパークへ」のヒットで話題になりました。
アニメ枠として今年最も有力ではないかと思います。

はなわ

2016年3月に、はなわが妻の誕生日プレゼントとして作った「お義父さん」。
実際の義理の父に宛てたメッセージソングは口コミで徐々に広がり、ついにシングルとしても発売されました。
そしてこの歌がきっかけとなり、音信不通だった義父と初めて対面することにもなりました。

涙腺崩壊!と涙なしでは聞けない曲、家族で一緒に見ると温かい気持ちになることでしょう。

ブルゾンちえみ with B

2017年、24時間チャリティーマラソンにも出場したことでも話題になった今年最もブレイクした芸人です。

ブルゾンちえみ & オースティン・マホーンとして、「Dirty Work Blouson Chiemi Remix」のリリースをしています。

ブルゾンちえみは、出演者というよりも2016年のピコ太郎のようにハーフタイムの企画としての出場が濃厚ではないかと思われます。

菅田将暉

グリーンボーイズのメンバーとして、2017年にデビューした俳優の菅田将暉。
もともとGReeeeNのデビュー10周年に合わせて作成された映画「キセキ -あの日のソビト-」のHIDE(ヒデ)役として始まりましたが、6月には「見たこともない景色」でまさかのソロデビューまで果たしています。

菅田将暉は2017年に最もブレイクした俳優といっても過言ではないかもしれません。
それだけ人気上昇中の彼の出場はあり得ると思います。

ジャニーズ

常連だったSMAPが出場しない分、ジャニーズの出演にも注目です。

亀と山P

大ヒット曲「青春アミーゴ」から12年ぶりとなる亀梨和也と山下智久のスペシャルユニットです。
「亀と山P」名義で、ドラマ「ボク、運命の人です。」の主題歌「背中越しのチャンス」をリリースしました。

Hey! Say! JUMP

10周年の節目を迎えたHey! Say! JUMPは、「10th Anniversary Tour 2017」を開催しており、年末には3大ドームツアーも決定しています。
2017年12月29日、30日、2018年1月1日に東京ドームでライブの予定ですが、12月31日だけなぜかスケジュールが空いているのです。

ジャニーズでは、20周年記念のKinKi Kidsが初出場を果たし、Sexy Zoneや関ジャニ∞も常連になりつつあります。
2017年あたりHey! Say! JUMPが出場してもおかしくはないでしょう。

Hey! Say! JUMP 注目記事まとめはこちら

Kis-My-Ft2

Sexy Zoneが出場しているのに、実績も人気も同等もしくは上なはずなのに落選しているのがキスマイです。
キスマイはバラエティ出演もしていて認知度がありますが、逆に限りあるジャニーズ枠を、Sexy Zoneに譲っているとも考えられます。
いつ出場してもおかしくない彼らですが、SMAPが出場しない今年はどうなるでしょうか?

Kis-My-Ft2 注目記事まとめはこちら

スポンサードリンク

第68回NKH紅白歌合戦2017年 司会者の予想!

続いて、司会者の予想をしてみたいと思います。

白組司会

過去の白組司会者は次の通りです。

2010~2014年:嵐
2015年:井ノ原快彦 (V6)
2016年:相葉雅紀 (嵐)

過去数年はジャニーズ勢(ほぼ嵐)が司会を担当しています。
この流れでいくと、相葉雅紀以外の嵐のメンバー・二宮和也、櫻井翔、大野智あたりになるのではないでしょうか。

紅組司会

過去の紅組司会者は次の通りです。

2010年:松下奈緒 (※朝ドラ「ゲゲゲの女房」主演)
2011年:井上真央 (※朝ドラ「おひさま」主演」
2012年:堀北真希 (※朝ドラ「梅ちゃん先生」主演)
2013年:綾瀬はるか (※大河ドラマ「八重の桜」主演)
2014年:吉高由里子 (※朝ドラ「花子とアン」主演)
2015年:綾瀬はるか (※大河ファンタジー「精霊の守り人」主演)
2016年:有村架純 (※朝ドラ「ひよっこ」主演)

このように、直近の朝ドラか大河ドラマで主演を務めた女優が、司会に抜擢されていることがわかります。

すると、2016年の大河ドラマ「おんな城主直虎」の主演を務めた「柴咲コウ」
ひよっこの次の朝ドラ「わろてんか」の主演が決定している「葵わかな」
この2人が候補として挙げられますが、知名度を考えると「柴咲コウ」さん、もしくは2017年に活躍した波留さんも可能性があるのではないかと思います。

総合司会

過去の総合司会者は次の通りです。

2010年:阿部渉
2011年:阿部渉
2012年:有働由美子
2013年:有働由美子
2014年:有働由美子
2015年:黒柳徹子、有働由美子
2016年:武田真一

過去の総合司会者は数年間に渡ってNHKアナウンサーが司会を務めていますので、2017年も引き続き「武田真一」アナが務める可能性が高いと思います。

2016年は、司会者が11月12日に発表され、出場者が11月24日に発表となりました。
2017年も同じ時期に発表となることが予想されます。

【人気投票】紅白歌合戦に出場して欲しいアーティストは?

  • 選択肢を追加

※3票まで選択可・アーティストは追加できます。

LINEで送る
Pocket




芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

コメント

    • ちず子
    • 2017年 10月 12日

    純烈

    • 米津玄師
    • 2017年 10月 16日

    米津玄師さん、是非、紅白に出場してほしいです!

    • ゆうじ愛媛
    • 2017年 10月 18日

    C&K

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る