DIR EN GREY魅力的な歌詞ランキング!曲に込められた意味とは?

LINEで送る
Pocket


1997年に結成し1999年のメジャーデビュー以降、独自のスタイルを貫き活動するDIR EN GREY(ディル・アン・グレイ)。
彼らの魅力は激しくも世界観のある楽曲や、圧倒的な熱量のライブというイメージを持つ人も多いでしょう。
しかしそれ以上にボーカル京の書く歌詩がDIR EN GREY最大の魅力と感じているファンも数多く存在します。
そんなDIR EN GREYの深みのある歌詩をランキング形式で発表してみたいと思います!

スポンサードリンク

DIR EN GREY魅力的な歌詩ランキング:第10位~第4位

第10位.「Un deux」

発売日:2014年12月10日
収録アルバム:ARCHE(2014年)
作詞:京

大地を蹴り進め
un deux 粉夢で満たす
わずかな命 この瞬間に散らす

9thアルバム「ARCHE」に収録されているライブ定番曲。
DIR EN GREYには珍しい明確に前向きな印象を受ける歌詩になっています。
バンドとファンの未来へ希望を見出していこうとする決意を感じます。


第9位.「dead tree」

発売日:2005年3月9日
収録アルバム:Withering to death.(2005年)
作詞:京

何故?何故?繰り返される 二度と癒えない
何故?何故?繰り返される 枯れた心に…

5thアルバムの核的存在となる曲。
戦争をテーマに書かれた歌詩で、考えさせられる内容になっています。
日本武道館公演で演奏された際には天井の日本国旗が照明で照らされ、歌詩が胸に突き刺さりました。


第8位.「DRAIN AWAY」

発売日:2003年1月22日
収録アルバム:VULGAR(2003年)
作詞:京

押し花懐かしみは思い出にひたる夕空
指折り数えていた 君に会う日を待つあの頃へ

和風で哀愁のある歌詩の14thシングル曲。
ある女性に恋をした男性が彼女を救うことができず、自分の無力さに苦悩しているような印象を受ける歌詩になっています。
秋の夕暮れ時に聴きたい一曲です。


第7位.「蟲-mushi-」

発売日:2002年1月30日
収録アルバム:鬼葬(2002年)
作詞:京

心が閉ざして今にも壊れてゆく
涙を殺して笑う日々よ
心が示した信じる意味の無さを
私を殺した偽善人よ

3rdアルバムに収録されているアコースティックなバラード曲。
全体を通して自虐的な内容の歌詩になっており、胸が締め付けられます。


第6位.「孤独に死す、故に孤独」

発売日:2005年3月9日
収録アルバム:Withering to death.(2005年)
作詞:京

違うと願うのは後ろ向きの唯一の救いであり…

5thアルバムに収録されているライブでも人気の高い曲。
自身の孤独を歌った痛々しい内容の歌詩になっています。
ライブでは京(ボーカル)が感情剥き出しで歌うので歌詩が胸に突き刺さります。

スポンサードリンク

第5位.「我、闇とて…」

発売日:2008年11月12日
収録アルバム:UROBOROS(2008年)
作詞:京

傍に君が居ると何故だか悲しい
一つになれないのは何故?

7thアルバムに収録されているアコースティックギターをフィーチャーしたミディアムバラード曲。
この曲の歌詩はライブを見ているファンに向けたものになっており、京(ボーカル)がライブで毎回ファンに向けて叫ぶ「一つになれるか?」と通じたものを感じます。


第4位.「悲劇は目蓋を下した優しき鬱」

発売日:2005年3月9日
収録アルバム:Withering to death.(2005年)
作詞:京

-紺碧の海に 浮かんだ君に-
生きてる事から 目蓋を閉じる
ゆっくりと吐いた 命は白い
凍てつく心に 誰も触れない

5thアルバムに収録されているDIR EN GREYの数少ないスローバラード曲。
この曲の歌詩はあるファンから届いた手紙のエピソードが元になっており、レクイエムにもなっています。
優しい印象を受け、聴いていると心が浄化されるような感覚になります。


さて、DIR EN GREYの好きな歌詩ランキングはついにここからトップ3です!
どんな歌詩がランクインしているのでしょうか?

ページ:

1

2

>>聴き放題のおすすめ音楽配信サービス7選はこちら<<

LINEで送る
Pocket



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

2017年セトリ

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る