【ライブレポ】ポールマッカートニー 2017/4/30 感想&セトリ @東京ドーム

LINEで送る
Pocket


ロック界の生きる伝説。
ポールマッカートニーの2年ぶりの来日公演へと足を伸ばして参りました。
今回、レポートを担当致しますのはまだまだ若者ロックファンのShunzo(男性,20代)です。

若者視点から見るポールの魅力に重きを置きつつ、レポートを進めていきたいと思います!
どうぞよろしく御願いします!

(撮影可能な公演のため、適宜ライブ中の写真が出てきます。
予めご了承ください。)

スポンサードリンク

【ライブレポ】ポールマッカートニー 2017/4/30 東京ドーム ※ネタバレ

ポールマッカートニー 2017年4月30日 東京ドーム

タイトル:Paul McCartney ONE ON ONE JAPAN TOUR 2017
開催日 :2017年4月30日
会場  :東京ドーム
※セットリストは記事の最後に記載しています。

【関連ライブ】
Paul McCartney ONE ON ONE JAPAN TOUR 2017 日本武道館 セトリ&レポはこちら
Paul McCartney ONE ON ONE JAPAN TOUR 2017 東京ドーム セトリ&レポはこちら

行くことが決まったのは当日

今回のポールの来日公演はツアーと題してはいるものの、公演は東京の日本武道館、東京ドーム3days公演のみ。
全国から筋金入りのポールファンが東京に集結。

30日のみ予定に空きがあったので、「チケットは完売しているけど、音漏れだけでも聞きに行こう。」
と東京ドームへ向かったところ、なんと途中で当日券発売の知らせが!
会場に到着すると、既に長蛇の列が出来ていましたが、無事にチケットを購入し中へ入場することが出来ました。

ポールマッカートニー 2017年4月30日 東京ドーム

ポールをこの目で観るときが訪れるなんて、この日の朝には思っていなかったため、とてもラッキーでした。

会場は熱気に溢れていた

会場外にはビートルズの名盤
「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」
の衣装でコスプレをしているファンの方から、
私たちのような若者も含めいろいろな人がいて、音楽は時間を超えるのだろうとしみじみとなりました。

ポールマッカートニー 2017年4月30日 東京ドーム

また、JAPAN TOUR公演最終日ということもあって私たちのような当日券組のファンも含め、東京ドームは写真のようにステージサイドまでびっしり埋まっていました。
今も昔も、東京ドームをパンパンにするアーティストは中々いないので、この時点でポールのすさまじい人気を身にしみて実感しました。

衰え知らずのライブ

「コンバンワ、トーキョー!!!」

いよいよ、JAPAN TOURラスト公演が幕を開けました。
1曲目「A Hard Days Night」のイントロから会場は総立ちになりました。
ずっとクラップが鳴り止まないライブ。
観客の声援に応えるかのように、ポールも熱いパフォーマンスを繰り返します。

彼の何がすごいかというと
1曲1曲の間に間が少なく、すぐ次の曲を披露することです。

いろいろなアーティストがいますが、緩急無く曲を立て続けに披露するというのは、パンクバンドでも無い限り珍しいことではないでしょうか。
それを70過ぎている人がやっているというのだから驚きが隠せません。
しかも、ピアノを弾くとき以外は一回も座っていません。
更に、ギター、ベース、ウクレレ、キーボードと様々に楽器を変えながら演奏するマルチプレイには度肝を抜かされました。

楽しむ要素は楽曲だけではない

19回目の来日公演ということもあって、ファンサービスもたくさんありました。
MCは殆どを日本語で披露してくれました。

メンバーが映るビジョンには、同時翻訳で日本語が映し出されていたのですが、
もはや、その必要性はないのではないのかと思うくらい日本語で話していました。

「コンカイモ、ニホンゴ、ガンバリマス。オス!!!」

70過ぎて、ここまでお茶目なことを言えるアーティストも中々いません。
その後もライブは淡々とビートルズ時代の楽曲、ウィングス時代の楽曲を織り交ぜながら進みます。

ジョンレノンもジョージハリスンもこの世にはもういませんが、
ポールが歌い続けることによって
「Love Me Do」「Lady Madonna」
といったビートルズ時代の楽曲は、全く色褪せることなく輝きを放っているのではないかと感じました。

これが残された者の使命なのかもしれませんが、現にポールが演奏をしている景色が目の前に広がっているからこそ、我々の世代もCDの音源だけではなく、ライブの生の音として堪能できているのではないかと思います。
それはとても幸せなことではないでしょうか。

怒濤の後半戦

「サージェントペパーズから50年。信じられないよ!」

こんなMCができるのも彼くらいです。

ウクレレに持ち替え、
「ジョージに捧げるよ!」と言って「Something」
を披露。

後半戦も全く衰えることなく、ライブを続けるポール。
多彩に楽器を操る姿に目を見張らざるを得ません。
もちろん、1曲目からファンも総立ちのままです。
途中疲れて座ってしまうみたいなタイミングはまるでありませんでした。

「イッショニウタオウヨ!!!」

というかけ声から始まった「Ob-La-Di, Ob-La-Da」「BACK IN THE U.S.S.R」「Let it Be」と後半戦は人気楽曲がなだれ込み、
これでもかとたたみかける「Live And Let Die」では爆音と共に火炎放射器が大暴れ。
会場が更に熱くなったところで本編ラストは名曲「Hey Jude」で大合唱。

ポールマッカートニー 2017年4月30日 東京ドーム

会場は事前配布されていたブルーのサイリウムで埋め尽くされ、まるで海が広がっているようでした。

終わらない”ONE ON ONE”

演奏が終わり一旦はけた後もアンコールが鳴り止みません。
声援に応えて再び登場して披露したのは「Yesterday」
アンコールにも名曲を披露できるのはポールならでは。

更に今回のツアーでは初披露の「Get Back」まで披露され、
アンコールではなく、本編なのではないかと思わされる名曲群の応酬に再びドームは酔いしれます。

そして、大熱狂のJAPAN TOUR最終楽曲は「The End」
出し惜しみしない名曲群、最初から最後まで全く疲れた素振りを見せない、圧倒的なポールのパフォーマンス。
まさに、大団円を迎えた瞬間でした。

また、日本らしい粋な演出もありました。
ポールマッカートニー 2017年4月30日 東京ドーム

「ARIGATO PAUL」

まさに会場にいた人、全員の気持ちといっても過言では無いと思います。

生きる伝説、ポールマッカートニー。

伝説伝説という前評判はおこがましいもがありますが、実際にその場体感した圧倒的な歌唱力と、衰えを知らない約40曲にも及ぶライブパフォーマンス。
まるで、若いバンドを観ているかのように自然とノリに乗ってしまうのは、彼のカリスマ性と本気でライブに向き合う真摯さの表れではないでしょうか。

もう一度観られるならその場に戻りたいと思わされる公演内容でした。

スポンサードリンク

【セットリスト】ポールマッカートニー 2017/4/30 東京ドーム(曲順)

01.A Hard Days Night
02.Junior’s Farm
03.Can’t Buy Me Love
04.Jet
05.Temporary Secretary
06.Let Me Roll It
07.I’ve Got o Feeling
08.My Valentine
09.1985
10.Maybe I’m Amazed
11.We Can Work It Out
12.In Spite of All the Danger
13.You Won’t See Me
14.Love Me Do
15.And I Love Her
16.Blackbird
17.Here Today
18.Queenie eye
19.New
20.The Fool on the Hill
21.Lady Madonna
22.FourFiveSeconds
23.Eleanor Rigby
24.I Wanna Be Your Man
25.Being for the Benefit of Mr. Kite!
26.Something
27.Ob-La-Di, Ob-La-Da
28.Band on the Run
29.Back in the U.S.S.R
30.Let It Be
31.Live And Let Die
32.Hey Jude

-アンコール-
01.Yesterday
02.Sgt.Pepper’s Lonely Heart’s Club Band (Reprise)
03.Get Back
04.Hi,Hi,Hi
05.Golden Slumbers
06.Carry That Weight
07.The End

【ポールマッカートニー 関連記事】
ポールマッカートニーの注目記事まとめはこちら
ビートルズの注目記事まとめはこちら

【人気投票】ポール・マッカートニー ワンオンワン 2017 良かった曲は?

  • 選択肢を追加

※3票まで選択可。投票したい曲目がない場合は自由に追加してください。

>>【期間限定】4000万曲以上を無料で聴き放題できる方法はこちら<<

このレポが気に入ったら「いいね」ボタンをお願いします!
LINEで送る
Pocket




芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら

更新状況をチェック

ページ上部へ戻る