【ライブレポ】L’Arc~en~Ciel 25th L’Anniversary ラニバ参戦の感想&セトリ

LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

ファン待望のアニーバーサリーライブへ行って参りました!
ライブがどのように盛り上がったかに重きをおきつつ奇跡の公演についてレポートを行ってきたいと思います。
今回レポートを担当するのはドL歴丁度10年目のShunzoです!(男性,20代前半)どうぞよろしく御願いします!

スポンサーリンク

【ライブレポ】L’Arc~en~Ciel 25th L’Anniversary LIVE 2017.04.08 初日 ※ネタバレ

L'Arc~en~Ciel 25th L'Anniversary LIVE

タイトル:L’Arc~en~Ciel 25th L’Anniversary LIVE
開催日 :2017.04.08
会場  :東京ドーム
※セットリストは記事の最後に記載しています。

関連ライブ⇒L’Arc~en~Ciel 25th L’Anniversary LIVE 東京ドーム セトリ・感想レポ・グッズ画像まとめ

近年は年に1枚シングルを出す程度の活動規模であったラルク1年半ぶりのライブの場所は東京ドーム。
ライブ中のMCでもベースのtetsuyaさんが「久々に屋根があるよ〜!」と仰っていたように、ここ数年のライブは野外会場が多かった彼ら。
屋内会場は雨の心配がないのが一番良いところであると思います。

彼らが東京ドームでライブを行うのは2008年に開催された
「TOUR 2008 L’7 ~Trans ASIA via PARIS~」以来9年ぶりです。
私事ですが、ラルクのライブを初参加が9年前ということもあり、思い出の場所でまた彼らのライブを観ることが出来たのはとても嬉しかったです。

そして、東京ドームに到着し、まず気づいたのはライブロゴがLED表示化されているということでした。

L'Arc~en~Ciel 25th L'Anniversary LIVE

上の画像は9年前に訪れた際のライブロゴです。
看板からデジタルへ。この時はまだガラケーが主流で画像のサイズが小さいのも時代を感じるところです。
私は看板の方が、その時だけという特別感があると思っていたので、少し寂しい感じもします。

会場がお祭り騒ぎ

さて、開演前からファンの熱気もさることながら、ドームを囲うように設置されている柱にもの凄い装飾がされていました。

L'Arc~en~Ciel 25th L'Anniversary LIVE
L'Arc~en~Ciel 25th L'Anniversary LIVE

普段は巨人の選手の写真が掲げられている柱もラルク仕様に衣装チェンジ。
こういう細かいところでも楽しませてくれるのがラルクの良さの内の一つかなと思います。

いざ、ドーム場内へ出陣!

今回はファンクラブ先行チケットが運良く当たったため、座席は1階の1塁側スタンド席から観ることが出来ました。

メインステージには遠いものの、なんとアリーナ席の最後方にサブステージがありました!
会場に入れるだけでも嬉しいことであるのに、メンバーが更に近くに来てくれるというのはファンとしては堪らないです。

さあいよいよライブです!

客電が落ち、会場内に怒号のような歓声が響き渡ります。

オープニング映像はEllie Crancという未来人が、L’Arc~en~Cielという伝説のバンドを調べていた際に25周年ライブが行われた日の史実が残っていない為、未来からやってきてライブ当日のピースを集めに来たという設定からスタートしました。このストーリーはライブ後半で驚きの結末を迎えます。

そして、メンバーがステージに現れると会場内は更に歓声で揺れます。
聴き慣れたイントロが演奏され初め、そう1曲目は「虹」
全く衰えを知らないhydeさんの歌声に会場が酔いしれます。

1曲目のアウトロから繋がるように「Caress of Venus」「the Fourth Avenue Café」が披露され、1996年の大ヒットアルバム「True」からの人気ナンバーが続き会場は更なる熱狂の渦へ。

「25th L’Anniversary Liveへようこそ!L’Arc~en~Ciel、25歳になりました!」

MCにおいて改めてライブが始まったのだなあと体感した瞬間。

メンバーにカメラがアップされるたびに会場には悲鳴が上がります。
アラブの王子のような衣装で美しいhydeさん、
いつも通りワイルドな髭を生やしダンディーなkenさん、
派手さとエレガントさを兼ね備えたおしゃれなtetsuyaさん、
髪が伸びて編み込みポニーテールで中性的なyukihiroさん、
と、今回も4者4様の衣装で彼らの個性が改めて際立っているなと思いました。

引き込まれる彼らの世界観

「HONEY」「READY STEADY GO」といった
キャッチーなポップナンバーも多数持つ彼らですが、彼らのもう一つの側面であるダーティーな楽曲には作り込まれた「静」と「動」の二つの世界観があります。

中盤で披露された「forbidden lover」
hydeさんの持つ妖艶なボーカルと、yukihiroさんが叩くスネアドラムのビートがゾクゾク感は、まさに彼らにしか体現できない「静」の世界観と言えます。

また、特効が炸裂し会場が揺れた「Shout at the Devil」では、tetsuyaさんのうねりまくるベースプレイに呼応するように、激しくギターをかき鳴らすkenさん。
まるで炎の中に包まれているような圧倒的な迫力は、「動」の世界観と言えます。

何よりも25周年のお祝いライブだからといってヒットナンバーだけを散りばめるのではなく、世界観を表現しようとするところに、若手バンドのチャレンジャー精神というものを私は強く感じました。

ど派手な演出に酔いしれる

中盤、若干のインターバルを終えメンバーの衣装チェンジが終わると、
ファンのボルテージを上げる鉄板曲の「REVELATION」のリズムに合わせ、事前に観客に配布されていたL’edバンドが点灯。
55,000人のLEDが一斉に点灯する景色はスタンド席から見ると圧巻でした。
更にメンバーはムービングステージに乗りなんとアリーナを横断。
スタンド席の観客は距離が近くなる上に、ステージが見づらいアリーナ後方の観客にもメンバーが近くに来るということで会場は大盛り上がり。

サブステージに着き
「25周年なのでラルクの原点みたいな楽曲を選びました。」
というhydeさんの一言共にインディーズ時代の名曲「Voice」を披露。

15周年の時も20周年の時も披露された同楽曲が25周年でも披露されるというのは、バンドにとって大きなポイントを占めているかがよくわかります。

ヒットナンバー連発に会場は熱狂の渦へ

再びメインステージに戻り披露されたのは「花葬」「浸食」「HONEY」という大ヒットナンバー怒濤の三連発。
年齢を重ねて曲が更に重みを持った分、ダークさがよりフィーチャーされているなと実感しました。

そして続いて披露されたのは会場が大合唱になる「MY HEART DRAWS A DREAM」
私がラルクで初めて買ったCDがこの曲。

「夢を描くよ」
という印象的な歌詞が特徴的な同楽曲。
何よりもう10年経ったということ、今まで参加したライブのことを思い出しながら、歌詞に改めて共感して少し感涙してしまいました。

そして、「NEO UNIVERSE」では車をモチーフにした飛行船がドーム内を駆け巡り、ドーム内は近未来の世界へとググッと引き込まれました。

更に、車が大活躍するといえば、MVでも車に乗りながら、メンバーが大暴れする「Driver’s High」
レーザー演出もさることながら、L’edバンドがキラキラと会場を埋め尽くします。
盛り上がりは、「READY STEADY GO」で最高潮を迎え、本編は幕を閉じました。

Ellie Crancとは一体何だったのか?

冒頭に登場した未来人 Ellie Crancという人物が伝えたかったこと

「楽曲が披露されるごとに25周年ライブのピースが一つずつ集まっていき
25周年ライブの史実が完成した。あなたにとって大事なものは何ですか?
いつもそばにある。L’Arc~en~Ciel。だから恐れないで。」

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、Ellie Crancは文字を入れ替えるとL’Arc~en~Cielになるというお遊びが隠されていたのです。
こういう全体を通したギミックが、ラルクのライブでの楽しい演出の一つだと思います。
だから、恐れないでというフリで始まったのは新曲「Don’t be afraid」
未来へのメッセージが、曲まで繋がっているのはとても感動しました。

「みんなL’edバンド付けていますか?
そのひとつひとつのピースの輝きには、君たちの想いが溢れていました。
だから、ここから見る光景は、その輝き以上に美しかったです。」

hydeさんのラストのMCと共に披露されたのは「あなた」

ラルクはいつもそばにいるというメッセージを伝え続けた、今回の25周年ライブ。
周りにいた方も感涙している人、ノリまくっている人、様々な人がいろんな楽しみ方をしつつ、一体となるときはメンバー含め全員で拳を上げたり、叫んだり出来るというのは、このようなライブの場であるからこそと私は思います。

近年、表だった活動は少ないですが、これからもライブは続けていって欲しいと思いますし、
何よりも唯一無二のエンターテイメントを発信し続けていって欲しいと改めて思ったライブでした。

以上、L’Arc~en~Cielの25周年ライブリポートでした。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

【セットリスト】L’Arc~en~Ciel 25th L’Anniversary LIVE(曲順)

01. 虹
02. Caress of Venus
MC
03. the Fourth Avenue Cafe
04. flower
05. Lies and Truth
06. fate
07. forbidden lover
08. Shout at the Devil
09. REVELATION
MC
10. Voice
11. X X X
12. 花葬
13. 浸食 -lose control-
14. HONEY
15. MY HEART DRAWS A DREAM
16. NEO UNIVERSE
17. STAY AWAY
18. Driver’s High
19. READY STEADY GO

[ENCORE] 01. Don’t be Afraid
MC
02. Blurry Eyes
03. Link
MC
04. あなた

【関連記事】
L’Arc~en~Ciel 25th L’Anniversary LIVE 東京ドーム セトリ・感想レポ・グッズ画像まとめ
25th L'Anniversary LIVE 東京ドーム セトリ・感想レポ・グッズ情報
【名曲選】L'Arc~en~Ciel ファン厳選のおすすめ曲ランキングはこちら
【ランキング】L'Arc~en~Ciel 人気アルバムCDランキング!

【発売情報】

【人気投票】L'Anniversary LIVE 2017 良かった曲は?

  • 選択肢を追加

※1人3票まで、投票したい曲目がない場合は自由に追加してください。

プレミアムチケットも定価以下でゲットできる裏ワザはこちら!

スポンサーリンク
このレポが気に入ったら「いいね」ボタンをお願いします!
LINEで送る
Pocket




芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

スポンサーリンク

更新状況をチェック

【アンケート実施中】

【人気投票】2017年上半期部門、最も心に残ったベストソングは?

  • 選択肢を追加

※1人3票まで、投票したい曲目がない場合は自由に追加してください。

ページ上部へ戻る