NEWSの映画・ドラマ・アニメ主題歌になった曲を一覧紹介!

LINEで送る
Pocket

映画やドラマの主題歌にも起用されることが多いNEWS。
NEWSというグループ自体に苦難を乗り越えたドラマがあるので、特にメッセージ性が強い曲が多くドラマや映画に向いているのかもしれません。
そんなNEWSのドラマ、映画主題歌に起用された人気の曲をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

目次

NEWSの映画主題歌を紹介!

映画『ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵』主題歌「サヤエンドウ」

放映日:2006年3月4日
収録シングル:「サヤエンドウ/裸足のシンデレラボーイ」

アニメ「ONE PIECE」の映画主題歌に起用されたNEWS初の両A面シングル「サヤエンドウ/裸足のシンデレラボーイ」。
「サヤエンドウ」という突然の野菜タイトルですが、サヤエンドウのサヤが海賊船、豆が海賊に例えられておりまさに「ONE PIECE」のための曲で、またNEWSも一つのグループであるという意味も込められています。

映画「ハッピーフィート」の主題歌「星をめざして」

出演:手越祐也(声優)
放映日:2007年3月17日
収録シングル:「星をめざして」

NEWS.グループとしての活動再開後、約1年ぶりに発売された6枚目のシングル。
なかにし礼さんの作詞で「一度死んで また生き返る」というインパクトのある歌詞で始まるこの曲は、作品の主人公の境遇にも、そして再始動したNEWSにも重なる、強くてたくましい曲です。

映画「クロサギ」の主題歌「太陽のナミダ」

主演:山下智久
放映日:2008年3月8日
収録シングル:「太陽のナミダ」

山下さん主演映画「クロサギ」の主題歌で、NEWS 8枚目のシングル。
山下さん演じる孤独な詐欺師の心情を表すような、熱くてかなしい歌詞の世界観や、メロディが耳に残る曲。
音楽番組披露時には、スタジオに雨が降る中びしょ濡れで歌うNEWSの姿も印象的でした。

NEWSのドラマ主題歌を紹介!

ドラマ「一瞬の風になれ」の主題歌「裸足のシンデレラガール」

出演:内博貴、錦戸亮
放映日:2008年2月15日~2008年2月28日
収録シングル:「サヤエンドウ/裸足のシンデレラガール」

内くん、錦戸くんが出演した4夜連続のスペシャルドラマ「一瞬の風になれ」。
主題歌の「裸足のシンデレラガール」は高校の陸上部を舞台にした青春ドラマにぴったりの「流した涙は無駄にならないよ」というさわやかでメッセージ性のある歌詞や、タイトルの「裸足の」が足を使う陸上にもリンクしているようです。

ドラマ「トラブルマン」の主題歌「BE FUNKY ! 」

主演:加藤シゲアキ
放映日:2010年4月9日~2010年7月9日
収録アルバム:「LIVE」

加藤さん主演の連続ドラマ「トラブルマン」の主題歌だった「BE FUNKY!」はアルバム「LIVE」に収録されています。
次々とトラブルに巻き込まれる主人公の境遇を、吹っ飛ばすような勢いのある曲です。
サビで地面をドタバタ踏みつけるようなフリも、トラブルにもがく主人公のようでライブで一緒にやると、とてもテンションがあがります。

ドラマ「花のズボラ飯」の主題歌「ポコポンペコーリャ」

主演:倉科カナ 出演:加藤シゲアキ
放映日:2012年10月23日~2012年12月25日
収録シングル:「WORLD QUEST/ポコポンペコーリャ」

加藤さん出演の連続ドラマ「花のズボラ飯」は深夜の飯テロドラマということで視聴者のおなかもまさに「ポコポンペコーリャ」。
ヘンテコな歌詞のオンパレードですが「あすは あすの めしが まってる いきてるってさあ」なんてちょっとグッとくるフレーズもあって、ドラマのように心があたたかくなって、ついでにおなかがすくそんな曲です。

ドラマ「傘をもたない蟻たちは」の主題歌「ヒカリノシズク」

主演:桐山漣 出演:加藤シゲアキ
放映日:2016年1月9日~2016年1月30日
収録シングル:「ヒカリノシズク/Touch」

「傘をもたない蟻たちは」は加藤さんが2015年に発売した短編集の中の同名小説を映像化した連続ドラマ。
加藤さんは、原作の執筆、ドラマ出演、そして主題歌と、ドラマに関して実に三役をつとめました。
歌詞の中にも「傘」が使われており、どこか湿度を感じる独特の雰囲気がある曲でした。
原作、ドラマ、そして曲すべてに同じ人が関わっていることでつながりもでき、相乗効果でそれぞれの魅力がより高まったように感じました。

ドラマ「時をかける少女」のエンディングテーマ「恋を知らない君へ」

主演:黒島結菜 出演:加藤シゲアキ
放映日:2016年7月9日~2016年8月6日
収録シングル:「恋を知らない君へ」

Sexy Zoneの菊池風磨くんも出演していた「時をかける系」のはじまりともいえる「時をかける少女」のリバイバル作品。
曲の内容がかなりドラマとリンクしていて、ドラマをみると曲の意味が理解できるようで、毎週曲の印象が変わっていくのがおもしろい体験でした。
ドラマのエンディングのクライマックスシーンでスッと流れてくる「嗚呼 あなただけは消えないで」という曲の始まりのフレーズがせつない気持ちをもっと盛り上げてくれました。

ドラマ「嫌われる勇気」の主題歌「EMMA」

主演:香里奈 出演:加藤シゲアキ
放映日:2017年12日~2017年3月16日
収録シングル:「EMMA」

またまた加藤さんの出演作の主題歌。
「EMMA EMMA EMMA」というサビのくりかえしが頭に残るフレーズで、NEWSや曲を知らない人でもあのドラマの曲として認識している人も多いのではないでしょうか。

心理学の要素が入っていたりと普通の刑事ドラマとはちがった「嫌われる勇気」の独特の雰囲気に、アダルトな男女の物語ソングがなぜかフィットしていて、まさに「大人だけの楽しみ」といったような組み合わせでした。
タイトルバックの出演者たちのマネキンチャレンジもおしゃれでかっこよかったですね。

NEWSのアニメ主題歌を紹介!

アニメ「金田一少年の事件簿R」のオープニングテーマ「四銃士」

放映日:2015年10月3日~12月9日
収録シングル:「四銃士」

タイトルがまさにNEWSの4人にかけた「四銃士」。
世界的な指揮者、西本智美さんが率いたオーケストラをバックに歌い、踊るNEWSの荘厳なPVも印象的でした。
不穏な音で入る曲の始まりが、アニメのこれから起こるかなしい事件を連想させ、とてもあっていました。

スポンサーリンク

番外編(スポーツ大会イメージソング)

NEWSといえば、世界バレーボール関連でデビューしたデビュー組のひとつです。
世界バレーや春高バレーなどのイメージソングを約3年務めました。
また最近では、サッカー好きで知られる手越さんのお仕事に関連して、サッカーの大会イメージソングなどスポーツに関連した起用が目立ちます。
そこで、NEWSのスポーツの大会ソングを番外編としてご紹介します。

フジテレビ系『バレーボールワールドカップ2003』イメージソング「NEWSニッポン」

放映日:2003年11月
収録シングル:「NEWSニッポン」

NEWSにとっても記念となるデビュー曲らしく勢いのある若さあふれる楽曲になっています。
「独りじゃないよ 近くにいるよ」「奇跡起こせ」「勝利を目指そう」などスポーツにも通じる歌詞もあり勇気がわいてくる曲だと思います。

フジテレビ・TBS系『アテネ五輪バレーボール世界最終予選』イメージソング「希望〜Yell〜」

放映日:2004年5月
収録シングル:「希望~Yell~」

イメージキャラクターもNEWSが務めた大会のイメージソング。
「Hooray ! Hooray !」から始まるこの曲はまさに応援にぴったりの曲で、スポーツ関連の番組や運動会などでもよく耳にしました。

フジテレビ系『第35回春の高校バレー』イメージソング&フジテレビ系『バレーボールワールドカップ2003』タイムアウト中BGM 「Stand Up」

放映日:2004年
収録シングル:「希望~Yell~」

「Stand up for the Champion」という掛け声がキャッチーな応援ソング。
「チャンピオンを目指して立ち上がれ!」とシンプルなメッセージが小学生から大人でもスッと入りやすく覚えやすくその場で聴いてもすぐ覚えて取り入れられそうなところも大会にぴったりの曲だと思います。

フジテレビ系『女子バレーボール ワールドグランプリ 2004』イメージソング「紅く燃ゆる太陽」

放映日:2004年
収録シングル:「紅く燃ゆる太陽」

情熱的なタイトルが、世界大会にかける選手の気持ちを象徴するような一曲。
日の丸も連想させる「紅く燃ゆる太陽」というフレーズや、「遥か地平線の果て目指し」という部分も世界という果てしない壁に立ち向かう選手をあらわしているようで聴いているこちらも胸が熱くなる曲でした。

フジテレビ系『第36回春の高校バレー』イメージソング「きらめきの彼方へ」

放映日:2005年
収録アルバム:「Touch」

高校生のスポーツの大会にぴったりのとにかくさわやかな一曲。
サビの「風を切ってゆこう 光り輝く場所へ 道標は 君の勇気」にはじめ、「迷いの中で 君は君になるのさ」「ブレーキはいらない 遠く高く高く」など大会に向けて悩みながら練習を乗り越えてきた選手の気持ちを汲んで奮い立たせるような歌詞が勇気をくれるすてきな曲です。

フジテレビ系『女子バレーボール ワールドグランプリ2005』イメージソング「TEPPEN」

放映日:2005年
収録シングル:「TEPPEN」

「TEPPEN」というストレートなタイトルが清々しい女子バレー世界大会のイメージソング。
「舞い上がれ 空高く」「地面蹴りつけろ」「宙を舞う」などバレーボールにつながるフレーズもさりげなくちりばめられ「TEPPENめざせ!」というまっすぐなメッセージが込められた応援ソングです。

フジテレビ系『女子バレーボール ワールドグランプリ2005』エンディングテーマ「夢の数だけ愛が生まれる」

放映日: 2005年
収録シングル:「TEPPEN」

スポーツの大会ソングですがエンディングテーマなのでバラードのしっとりした曲調の一曲。
勝つこともあれば、負けることもあるのがスポーツの大会ですが「夢の数だけ愛が生まれる」というサビや「運命のいたずらも はねのけて進むんだ 夜明けとともに」など時には敗れてしまった選手の心に寄り添うような歌詞がとてもやさしいエンディングにふさわしい曲です。

『FIFAクラブワールドカップジャパン 2012』オフィシャルソング「WORLD QUEST」

放映日:2012年
収録シングル:「WORLD QUEST」

競技にむかう前の鼓動のような緊張感のある音色のイントロから始まるサッカーのクラブワールドカップのオフィシャルソング。
「あの日泣いた自分に けりつけろ」や「意志あるパスをつなげ」などサッカーを連想させる歌詞もありながら、選手の気持ちを奮い立たせてくれるような力強い一曲。
「スタジアムから 膨れ上がってく 歓喜ウェーブを夢見て」というフィールドの外の風景まで見えるような歌詞も客席も含めてひとつの大会だというメッセージのようで選手はもちろん観客も聴いていてテンションがあがるようなオフィシャルソングでした。

日本テレビ系『FIFAワールドカップ ブラジル2014』テーマソング「ONE -for the win-」

放映日:2014年
収録シングル:「ONE -for the win-」

あのサッカーの世界的大会ワールドカップのテーマソングです。
とうとうワールドカップのテーマソングまで担うなんて当時はファンとして誇らしかったです。
会場の熱気のようなざわざわしたイントロも印象的で、またサビの詞には大会の出場国32か国の名前が入っているなど、まさにこのブラジル大会のための一曲となっています。

日本テレビ系『TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ モロッコ』テーマソング「SEVEN COLORS」

放映日:2014年
収録シングル:「ONE -for the win-」

「ONE -for the win-」のカップリングで収録されている「SEVEN COLORS」もサッカーのテーマソングに起用されており、このシングルはサッカー色の強い1枚でした。
「SEVEN COLORS」というタイトル通り、クラブワールドカップの大会のカラーになっている7つの色が歌詞にちりばめられておりパワフルで色あざやかな曲です。

日本テレビ系『TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ 2015』テーマソング「ANTHEM」

放映日:2015年
収録シングル:「四銃士」

国家という意味の「ANTHEM」という曲のタイトルが示すように、まさに国を背負って戦いにのぞむ選手のための応援ソング。
「Woo o o o 」という雄叫びのような部分が上下に身体を揺らしながら試合中ずっと声を出す応援席の雰囲気を思わせ、曲や歌詞を知らなくても一緒に歌えそうなところも大会ソングとして魅力だなと思いました。

まとめ

NEWSの映画・ドラマ・アニメ主題歌の紹介でした!

【映画】
映画「ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵」主題歌「サヤエンドウ」
映画「ハッピーフィート」の主題歌「星をめざして」
映画「クロサギ」の主題歌「太陽のナミダ」

【ドラマ】
ドラマ「一瞬の風になれ」の主題歌「裸足のシンデレラガール」
ドラマ「トラブルマン」の主題歌「BE FUNKY ! 」
ドラマ「花のズボラ飯」の主題歌「ポコポンペコーリャ」
ドラマ「傘をもたない蟻たちは」の主題歌「ヒカリノシズク」
ドラマ「時をかける少女」のエンディングテーマ「恋を知らない君へ」
ドラマ「嫌われる勇気」の主題歌「EMMA」

【アニメ】
アニメ「金田一少年の事件簿R」のオープニングテーマ「四銃士」

【番外編(スポーツ大会イメージソング)】
フジテレビ系『バレーボールワールドカップ2003』イメージソング「NEWSニッポン」
フジテレビ・TBS系『アテネ五輪バレーボール世界最終予選』イメージソング「希望〜Yell〜」
フジテレビ系『第35回春の高校バレー』イメージソング 
フジテレビ系『バレーボールワールドカップ2003』タイムアウト中BGM「Stand Up」
フジテレビ系『女子バレーボール ワールドグランプリ 2004』イメージソング「紅く燃ゆる太陽」
フジテレビ系『第36回春の高校バレー』イメージソング「きらめきの彼方へ」
フジテレビ系『女子バレーボール ワールドグランプリ2005』イメージソング「TEPPEN」
フジテレビ系『女子バレーボール ワールドグランプリ2005』エンディングテーマ「夢の数だけ愛が生まれる」
『FIFAクラブワールドカップジャパン 2012』オフィシャルソング「WORLD QUEST」
日本テレビ系『FIFAワールドカップ ブラジル2014』テーマソング「ONE -for the win-」
日本テレビ系『TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ モロッコ』テーマソング「SEVEN COLORS」
日本テレビ系『TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ 2015』テーマソング「ANTHEM」

NEWSの曲はさわやかさやキャッチーなフレーズが印象的ですが、メンバーたちが実際に乗り越えてきた壁を思わせる熱い歌詞が様々な場面にとてもしっくりくるので、映画やドラマ、アニメだけでなくスポーツなどこれからも多くの主題歌やテーマソングに起用されていくのではないでしょうか。

【関連記事】
【最新ライブ】NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND セトリ・感想レポ・グッズ画像まとめ
【人気投票実施中】NEWSのメンバー人気ランキング!意外な性格や仲を一挙紹介!
NEWSの人気曲・名曲ランキング!ファンが選ぶおすすめベスト10の結果!
NEWS 4人~6人時代別の人気アルバムを一挙ランキング!
NEWS 4人~6人時代別の人気ライブDVDランキング8選!
NEWSのCMソングのタイアップ集!曲や出演者など一挙紹介!
NEWSのキュンとする歌詞の意味とは?心に響く歌詞ランキングトップ9!
NEWS定番の人気結婚式ソングは?余興で使いたいおすすめBGM特集

【人気投票】あなたの好きなNEWSの曲は?
  • 選択肢を追加

【高額買取】ジャニーズグッズを高額で売るならこちら

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

【新時代レポの読み方】
記事中の「赤文字」:強調で重要な部分
記事中の「青文字」:ネット上のコメントや発言、データ、エピソードなどの転載
記事中の「黄マーカー」:編集部の見解、意見、感想など

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

関連記事

スポンサーリンク

【アンケート実施中】

【人気投票・アンケート】東京オリンピック2020 出演希望アーティストは?詳細はこちら
ページ上部へ戻る