【ライブレポ】ゆずイロハ 2017/5/20,21 東京ドームに行ってきた感想

LINEで送る
Pocket


芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

ゆずが20周年を迎えました!
それを記念した彼らの初のドームツアーである「YUZU 20th Anniversary TOUR 2017 ゆずイロハ」。
こちらの5月20日、21日に行われた東京ドーム公演に行ってきました!
レポするのはゆずっこ歴8年目のみきです(女性、20代前半)。
よろしくお願いします!
※このページはネタバレを含みます。

スポンサーリンク

【ライブレポ】ゆずイロハ 2017/5/20,21 東京ドーム ※ネタバレ

タイトル:YUZU 20th Anniversary TOUR 2017 ゆずイロハ
開催日 :2017/5/20,21
会場  :東京ドーム
※セットリストは記事の最後に記載しています。

ゆずイロハ ライブ DOME TOUR 2017 セトリ&レポまとめはこちら

コンサートグッズを購入!

私は1日目に会場前の物販にて、コンサートグッズを購入しました。
今回のグッズは以下の通りです。

*ゆず太郎Tシャツ(ホワイト、ブラック)…各3200円
*ゆずイロハパーカー…5800円
*タオル…1600円
*トートバック…1500円
*ワッペンセット…1500円
*ポーチ…2000円
*ゆず太郎ぬいぐるみ…2500円
*スマートフォンケース…3500円
*ゆずフェイスパック…1500円
*ゆずキャンディー(ゆず味、ピーチ味)…各600円
*タッタンバリン…800円
*ゆずガチャ(全26種)…各400円
*[会場限定]こぼれゆず太郎Tシャツ…3500円
*[各会場限定]ご当地ゆず太郎ハンドタオル…各1000円

ちなみに会場限定の「こぼれゆず太郎Tシャツ」は物販開始4時間前(物販開始が10時からでしたので6時前後)くらいから列が出来ていたそうで、物販開始1時間後の11時くらいには完売という状況だったみたいです…。
私は購入しませんでしたが、購入を考えている方は早めに行った方がいいですね。

さて、私の購入品はこちらになります!

ゆずイロハ
※アップでの撮影なので見づらくてすみません。

タオルとタッタンバリンです!
今回のライブではタッタンバリンはライブ参加グッズとなっており、のちに紹介する「タッタ」という曲中で使用しました。
会場の9割の人が持っていたので、購入して正解でした。

また、ゆずのライブではタオルもライブ参加グッズと言っていいほど使用する確率が高いので購入しました。
黄色の部分にはゆずの北川悠仁さんが描いたキャラクター、ゆず太郎が描かれており、緑の部分には英語で“Yuzutaro is always thinking and singing about you and me…”と書かれていました。

会場内へ!

今回、会場内の座席はファーストシート(アリーナ席、着席指定席)、一般指定席、一般着席指定席、親子席の5種類ありました。
私は1日目の20日は一般着席指定席、2日目の21日は一般指定席での参戦でした。
ゆずのライブでは、開演前と閉演後の会場内の写真撮影が許可されているので、開演前の写真を載せたいと思います。

1日目:一般着席指定席

ゆずイロハ

こちらが1日目の一般着席指定席。
チケットには“バルコニー席”と書かれていました。

距離的にはやはり遠く、音がやまびこの様に聞こえてきました。
また後ろに通路があるのですが、通路の電気がつけっぱなしになっているので、暗い演出時などでも明るいという不思議な感じでした。

しかし、この席用のグッズ販売所があったり、専用のトイレ(男性用が女性用に変わっており、ライブ中もあまり並ばずに行くことが出来ました)があったりと比較的快適に参加できたような気がします。

ちなみにこちらの席は、ご年配の方や家族連れの方も多かったのですが、妊婦さんが特に多かった印象があります。

2日目:一般指定席

ゆずイロハ

そしてこちらが2日目の一般指定席です。
私の席はメインステージのほぼ真反対側になりましたが、たまたま目の前が大きな通路になっており、ジャンプや踊るのにはうってつけの席でした。
着席指定席と比べると、私的にはやはり一般指定席の方がよかったかなと思います。

会場内では、ゆずの色んな曲(主にシングル曲)がずっとかかっていました。
時々スクリーンにゆずイロハのCMが流れ、Youtubeに載っている「タッタ」のダンス講座が流れました。
このダンス講座の映像が流れると、会場内にいる人みんなでダンスの練習タイムになっていました。
タッタンバリンの音があちらこちらでシャンシャンと…。

ライブスタート!

開演時間5分前くらいに最後の公演中の注意事項のアナウンスが流れ、突然ラジオ体操の音楽が…。
いよいよライブがスタートしました!

ゆずのライブでは本人たちが出て来る前に、全員でラジオ体操をするところから始まります。
ラジオ体操が終わると、突如「夏色」のイントロが流れ、同時にどこからともなくエンジン音が…。

突然ステージ両サイドの布が開き、そこから原付に乗った2人が登場しました!
まさかのアリーナ席の座席の間を通り、時にはファンと手を触れながらステージへと向かいます。

始めに来たのは、会場内の真ん中寄り後ろ寄りのステージ(先ほどの2枚目の写真の左下のあたりに写っている四角いのがそうです)。
ここで弾き語りコーナーがスタートします。

路上時代を思わせる弾き語りコーナー

2人がステージに到着すると、弾き語りコーナーがスタート!

北川「東京ドーム!」
客席「イェーイ!」
北川「20周年ということで、まずは来てくれたみんなにこの曲をお届けしたいと思います。」

そうして始まったのは、「贈る唄」
続いて「サヨナラバス」
どちらもみんなで大合唱です。

曲が終わると突然北川さんが話し始め…。
北川「まぁ20年もやってますとね、ステージが回転するようになるんですよ。ステージ、回転!」
(ステージが90度回転)
客席「おぉー!」
こうして、一曲終わる度に北川さんの「ステージ、回転!」というかけ声とともに、90度ずつ回転していきます。

一曲一曲に思いを話し、そして歌う2人の姿に聞き惚れたり、みんなで歌ったりと大盛り上がりの弾き語りコーナーでした。

ちなみにこのMC中にお話しされていたのですが、登場の際に乗っていた原付は路上時代に実際に乗っていたものだそうで、各自の倉庫から掘り出して今回使用されたそうです。
ナンバーは2人の誕生日になっていました。

こうして弾き語りのコーナーの最後には、きちんとヘルメットを被った2人が原付に乗ってメインステージへと帰って行くのでした。
メインステージ横の幕の中へと入って行ったのですが、その上には“岡村町”という看板が…。

路上時代の映像

突如会場内が暗くなり、路上時代にファンが撮影した映像が流れ始めました。
とても感慨深く、しみじみとした会場内。

そして場面が変わり、ギターを弾きながら歌っている2人が。
そのギターを弾くたび、手元からはゆず太郎が溢れて行くのです。

その他にも音楽を聴いている女の子のヘッドフォンの中や、スマホで音楽を流している男の子のスマホからゆず太郎が溢れて来るのです。
そうして溢れたゆず太郎が集まって、ステージ中央の巨大なゆず太郎が点灯します。

4種類のゆず太郎に合わせて曲を演奏!

映像が終わって突然ステージが明るくなり、演奏された曲は「ヒカレ」
曲の歌詞と路上から成長して来た2人の姿が重なり、とても感動しました。

続いて「イロトリドリ」へと続きます。
ここでは、ステージ横の映像に踊っているゆず太郎が映し出されており、とても可愛かったです。

そして、名和晃平さんがデザインした黄色まみれのゆず太郎が照らされ、「表裏一体」が演奏されます。
続いて東信さんが手がけた緑のゆず太郎が照らされ、「桜会」を、村上隆さんがてがけたゆず太郎が照らされると「アゲイン2」が演奏されます。

そして再び巨大なゆず太郎が照らされ、「虹」が演奏され、会場のボルテージが一気に上がるのでした。

90歳のゆず!?

虹が終わると、突如映し出されたのは50年後の2067年のゆずのお二人でした。
なんと、90歳と言う設定で特殊メイクまでして、縁側に仲良く腰掛けていました。

会話をする2人ですが、岩沢さんは耳が遠くて遠くて…。
どうやら、今までのゆずを振り返っているようでした。

※会話の順番がわからなくなってしまったので、ここからは何をしたのかだけ紹介します。すみません。
・30周年はエベレスト山頂でライブを行い、凍えながら夏色を演奏。
・ゆず太郎のテーマパークを35億円かけて開業し、さらにゆず郎の大冒険という映画を35億円かけて制作。
ゆず太郎テーマパークには35億人が来場したそうです。
・ゆずの2人が初代大統領に。(トランプ氏の格好を真似ていました)

北川「久し振りに夏色演奏してみるか。」
岩沢「そうだな。」
北川「夏色!」(岩沢;聞こえてない)
  「夏色—!」(岩沢;聞こえてない)
  (北川さんがおもむろにスリッパを取り出し、岩沢さんを思いっ切り叩く)
岩沢(ギターを引き出す)
北川「1、2、1、2…あっ…(腰を痛める)」
岩沢「今日はやめておこう。。。」

ゆずイロハメドレーがスタート!

映像が終わると画面には、“20周年にちなんで、20曲SPメドレーをします”というような文字が…!
このメドレーが一番盛り上がりました!

ゆずイロハに収録されている曲を中心に演奏されたメドレーは、本当に素晴らしかったです。
※内容は書き切れないと判断しましたので、セットリストに書いておきます。

そしてメドレーが終わると「タッタ」「夏色」と曲は続いて行きます。
ここでは両方ともタッタンバリンを使用し、大盛り上がりのステージとなりました。

もちろん、夏色恒例の銀テープもあり今回はゆずイロハにちなんで4色のテープがあったようです。(私は取れませんでした)

アンコール

アンコールでは、新曲の「カナリア」が演奏されました。
続いて「少年」、最後に「栄光の架橋」を全員で大合唱しました。

最後に栄光の架橋をもってきたのは、20周年の歩みを振り返るのとともに、これから歩んで行くゆずのことについて考えて行く時間を作ってくれたような気がしました。

スポンサーリンク

【セットリスト】ゆずイロハ 2017/5/20,21 東京ドーム(曲順)

いかがだったでしょうか。
とにかく20周年のお祝いのツアーだったので、20年を振り返るとともに、ゆずのこれからも見えて来るようなライブになっていました。

満足度は5段階評価で、もちろん5と言っていいほど、素晴らしいライブでした!
いつも通り大盛り上がりで終了した東京ドームでのライブでしたが、また今後のライブにも期待して行きたいと思います。

以上、ライブレポートでした!閲覧ありがとうございました!

01.贈る唄
02.サヨナラバス
03.からっぽ(春風)
04.いつか
05.月曜日の週末
06.嗚呼、青春の日々(青)
07.ヒカレ
08.イロトリドリ
09.表裏一体
10.桜会
11.アゲイン2
12.虹
13.ゆずイロハメドレー
 ~いくつもの 日々を超えたよ 20年~
  with you
  終わらない歌
  飛べない鳥
  友—旅立ちの時—
  よろこびのうた
  REASON
  超特急
  うまく言えない
 ~路上から 思えば 遠くまできたもんだ~
  OLA!!
  シシカバブー
  センチメンタル
  逢いたい
  いちご
  Yesterday and Tomorrow
  Hey和
 ~ハモります いつでも君は 1人じゃない~
  スマイル
  恋の歌謡日<北見川潤子、小岩沢ムーチョ衣装で登場!>
  LOVE&PEACH
  友達の唄
  雨のち晴レルヤ
14.タッタ
15.夏色

-アンコール-
16.カナリア
17.少年
18.栄光の架橋

※()内は2日目変更曲

【ゆず 人気記事】
【レポ】ゆず 夏フェスツアー2017 全日程セトリ・感想レポ情報
【最新ライブ】ゆず Hall Tour 2017 謳おう 日程・チケット倍率を予想してみた!
初めてのゆずライブでやってはいけないマナーとは?
ゆずの曲で結婚式や余興におすすめのBGMは?

【発売情報】

>>【期間限定】4000万曲以上を無料で聴き放題できる方法はこちら<<

スポンサーリンク
このレポが気に入ったら「いいね」ボタンをお願いします!
LINEで送る
Pocket




芸能・音楽ニュース ブログランキングを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以下の関連記事も合わせて御覧ください。

スポンサーリンク

【イチオシ】音楽聞き放題

更新状況をチェック

【アンケート実施中】

【人気投票】2017年上半期部門、最も心に残ったベストソングは?

  • 選択肢を追加

※1人3票まで、投票したい曲目がない場合は自由に追加してください。

ページ上部へ戻る